FC2ブログ

 湯沢(秋田県)の若者よ立ち上がれ


こんな素晴らしい春が味わえる

ふきのとう-1

雪国ならではですね。 本来、雪の下から顔を出すふきのとうで春を感じる。なんてロマンティックな。
それが、今シーズンはまるで嘘のような冬だったようです。 雪下ろしが無かったというから異常気象もここまで来ると怖いですね。
それでも植物は季節を先取りして行動を起こします。

本当は雪の下から顔を覗かせるふきのとうでまるで目が覚めたように春を肌で感じられるのが雪国の素晴らしいところです。
今年は、関東地方などこのままゆくと3月まもなく桜の開花宣言がありそうですよ。

話しを戻しましょう。 私はご縁を頂いて湯沢を故郷に持つ波島陽子先生(日本舞踊家)と故郷創生に腰を上げました。
ご存知かも知れませんが、今年1月に突然湯沢市より「湯沢市ふるさと応援大使」を拝命し、どうしたらふるさと湯沢の応援が出来るだろう・・・・と波島陽子は頭を悩ませていました。

波島をプロデュースしながら、今回は波島が芸能生活35周年でしたのでご縁を頂いた「湯沢湯乃華芸妓」さんと今年の10月に合同で舞踊の舞台公演をやることになりました。
何度も何度も打合せに通う中で、不思議と湯沢の良さがふつふつと沸き上がってくるのがとても強く感じられました。

遠く離れているのか湯沢は素晴らしい湯沢は素晴らしいと波島。

雪解けとともに顔を見せる植物から元気をもらえる・・・・。本当にそうなんですね。特に雪国の春は比べようもない心の故郷と化します。

夏ー2

これが湯沢の夏の風景です。
縁側にいるとトンボや蝉・・・、そしてこうした光景。 私の大好きなまさに妖精の世界です。スマホやネットに目をやっている場合じゃないですよね。

こんな素晴らしい故郷湯沢に何か日本中が注目するような楽しい企画はないだろうか・・・・と真剣に考えたのが昨年9月。私は湯乃華の芸妓さんについつい口を開きました。「私が湯沢の唄を作るよ・・・・」と。
私には目算がありました。春夏秋冬、それぞれに温かい湯沢、その温もりを感じられる素材がゴロゴロしている。きっと町中がびっくりする唄が出来る。そう確信していました。
子供たちに関連したイベントを20数年やっていてあの子供たちがどうしたら笑顔になるか、楽しいかを考え続けていたんですからね。

私の構想は人気アニメの盆踊り版です。 あの曲調なら町中が動く、町中に笑顔を振りまける・・・・。
そう思ったら居ても立ってもおられずにすぐにシンガーソングライターに私の想いの丈をぶつけました。
歌詞は湯沢の名物や自然で十分行ける・・・・。それをありったけ可愛らしく仕上げたい・・・・。子供の笑顔は家族を動かすはずだ・・・・。それと、流行り歌になれば故郷を離れた人たちを集めることが出来る。本気でそう感じ取れました。

方言は波島に聞きました。 もしこの作品が完成したらみんなで踊ろう・・・・♬ それは音頭調にとこだわっていたので即踊れると感じたからです。どんな踊りになるかは波島次第だ。

夏ー3

例えば、絵灯ろうの周りで踊る、犬っこ祭りの会場で、学園祭で学生が踊ってもいい。湯沢駅の構内でその曲が流れる・・・。そんな楽しい楽曲を待っていた。

2月もバレンタインが過ぎた頃、「岡部さん聴いてください出来ました・・・・」と一本の電話。
「今から音源をメールで送ります・・・・」と作詞作曲を手掛けたAki詩音さんから。 歌も「私が歌いました・・・・」と。詩音さんはジャズシンガーなので全くイメージが湧かなかった。

とんでもない! 聴いた途端涙がこぼれました。早速波島先生を呼んで聴かせました。みるみる内に溢れる涙でいっぱいでした。こんなに人の心を動かす楽曲に暫らく出会ったことがない。
まず詩が可愛い! そこには湯沢の魅力でいっぱいでした。郷愁は勿論のこと、心が弾むのは最高の出来でしょう。全国を探してもこんな楽しい温度にはお目にかかれないでしょう。私は可愛らしく子供が・・・と注文をつけたのに完成した作品は大人でも楽しい。県外に出ている人に聴かせたらきっと最高のお国自慢として故郷を語ってくれるに違いない。

他の県でもきっと真似をするところが出て来るに違いない!! ゆるキャラなんて言っている場合じゃない大ヒットものです。
このデモ盤は湯乃華芸妓の阿部さんにお渡ししたので是非聴かせて欲しいと湯沢の皆さんは電話してみてください。私がお話しした以上の反響があるに違いありません。

秋ー1

待ちに待った今年の紅葉の季節には湯沢文化会館でこの作品をい踊り(紹介)ますが、その前に、ゴールデンウィークや夏祭りでじゃんじゃん踊って欲しいと思います。現在波島が一生懸命振付をしています。まだ題名は決定ではありませんが、「湯沢ふるさと音頭(仮題)」としておきましょう。聴いたら本当にびっくりしますよ。

私が思うに、町の活性化はここからです。この曲(さくひん)を聴いて心が動かなかったら湯沢市民じゃないですね。いえ、秋田県を代表する作品(うた)と言って良いでしょう。湯沢の若者の皆さん、高校生でも結構です。まずこの歌を聴いてください。「よし、私たちでなんとかこの歌で故郷の応援歌にしよう・・・」と奮い立ってください。それだけの大作です。
生かすも殺すもあなたたち(若者)次第ですよ。

本当に素晴らしい作品が誕生したものです。 人間が本気になると何かやらかす・・・と言いますが本当ですね。豊かな人情、素晴らしいふるさとの風景が楽しく描かれた音頭。 温度だから手拍子です。
昨年のラグビーが「ワンチーム」と言いました。まさに湯沢がひとつになるときです。
人生の諸先輩はどんどん若者を応援し素晴らしい湯沢の発展につなげてください。

冬ー1

確かに今年は雪が少なかったようです。 それでも雪を運んで「犬っこまつり」が開催されたんですね。是非こうした会場でこの音頭を流してください。
温かい冬が約束されるようです。 みんなでこの音楽(おんど)の下ひとつになって故郷を満喫してくださいね。

おそらく近しうちにラジオから流れるはずです。 湯沢市みなさんの唄ですよ。





 江戸は浅草の波島陽子

波島陽子インドでの暴れ打ちが大好評

インド公演

波島作品には粋でいなせな作品がたくさんあります。

外国へ行くときはいつも作品で悩みますが、このインド公演(グジャラート)では祇園小唄や暴れ太鼓の乱れ打ちに拍手喝采でした。

今秋のふるさと湯沢公演ではタイトルも波島らしく「粋」でまとめたいと作品を選定中。今回は地元湯沢に芸舞妓たちが登場ということでVS「粋」となりました。

何が凄いってやはり江戸は浅草で淺香光代先生直伝のかっこよさ。 振付作品(DVD)でお稽古している日本各地の波島作品愛好者のみなさんはなんとか同じように踊りたい・・・とお稽古に励みます。

お芝居でもそうですね。芝居心がある無いでは大きく舞台は変わります。 教室にも多くの役者希望の若者がおりますがこの教室を選んだのは本当に運が良かったと思う。

新春の時代劇がつい先日幕を降ろしましたが波島の指導には脱帽でした。 波島の振りがそこに入っただけで舞台が締るって凄いことだと思います。
まさに日本の伝統を華やかに艶やかに演出するマジシャンのようです。

湯沢文化会館(10/24)まであと1年・・・と思っていたのにもう8ケ月とチョットになりました。湯沢班の艶に対し浅草の粋と絞られると難しい点もありますが、そこが波島陽子の力の見せどころのようです。会場に足を運ぶみなさんはラッキーですね。演出する私が身震いするんだからまず最高の舞台が仕上がりそうです♪

芸能生活35年の凄さ、50年・60年の先輩諸氏から比べたらひよっこのようだと言われるのが芸の世界。しかし、波島の取り組み方の違いは舞台で判るから素晴らしい。
人を敬い、大切にして来た生き方が時にオーラとなって表現できるのはまさに「日本の心を表現できる第一人者」そのものです。

世の中が段々変化する中で、人の心までも味気ない世の中に・・・と嘆く人が少なくありません。徹底した波島の心はいい加減な気持ちで取り組んでいる若者には「はっと・・・・」何かに気づかされることでしょう。 そしてそこで2つに分れるんですね。
つまり、「素晴らしい先生だ・・・・・」と先生を信頼し尊敬しきってお稽古に打ち込む人。勿論そうした生徒さんが一番多いのですが、世の中には「やりたい…」気持ちに勝てない若者も少なくないということです。一般的な言い方をすれば、「やりたい」のと「やれること」は別と言う現実。往々にして挫折する人は「覚悟」の無い人がそこに当てはまります。

しっかりと自分の意志を持つ。
波島の35年という歳月は決して中途半端ではなかった。指導力や多くの舞台で実証されています。

よく厳しい指導・・・と言いますが、波島陽子の指導は「優しい」の一言です。 そして、根気が良すぎます。だから生徒さんにしたら安心して学べるということです。
前にもお話ししたかも知れませんが、それでも時々どっちが先生で生徒か分からなくなることがあります・・・と言いました。 まず波島は怒ることがありません。会社の上司が、或いは社長が。また学校やクラブでの部活動での指導者の怒号や威張り加減は周知の通りです。
私はそばに居て、「なぜだろう・・・・」でした。勿論、数年前に確信を持って言えるようになったのは、つまり「指導力があるから怒らなくて済む」・・・という論理でしょう。

「お稽古は楽しくないと・・・・」、常にそう言ってお稽古に取り組んでいます。踊りを習う前に、そうした心を学べるってなかなかどこにもあるものではありませんね。「波島陽子日本舞踊教室」が、日本舞踊教室のランキングで1位に君臨している現実は他の追随を未だ許さないのも納得です。

「技術があって謙虚」、誰よりも歴史に強い。 だから作品を振付(つくる)ときに不思議な魅力に映るのは全てに根拠があっての創作なんですね。
その波島が、いざ故郷の舞台を踏む・・・となったら楽しみ以外ありませんね。

その心知ってか、お弟子さんの取り組み方は一枚も二枚も違います。 波島の心の奥に潜む「日本の心」を悟り、心を合わせてその晴れ舞台に上がってくれることでしょう。

「粋と艶との花舞台」、夢のような企画ですね。 

是非楽しみにしていてください。



 波島陽子里帰り公演

 
湯沢(秋田県)公演のご案内

ポスター写真

秋の公演のポスターが完成しましたよ。 評判が良くて良かった ♬

今回は波島陽子が生まれ故郷へ里帰りしての舞台。 お弟子さんも大挙して舞台にあがります。地元を愛してやまない波島らしい企画に多くのみなさんから称賛を頂いています。
今回は、湯沢を守る阿部さんの心意気に打たれての舞台。湯乃華芸妓の皆さんとの合同公演に期待は高まるばかり。

舞台にお座敷が再現され、観客の皆さんもお座敷を楽しめるという画期的な舞台になります。
すでに全国から多くの波島フアンが集まってくれるとの情報! このポスターを見てやっと実感が湧いて来たんじゃないでしょうか!

チケットのお申込は勿論波島陽子のホームページからメールで求めることが出来ますのでいつでもご一報ください。

湯乃華の皆さんの踊り。そして波島一門の踊り、それに新舞踊界の歌の女王といわれている「相原ひろ子」さんが友情出演という」豪華版になりました。
錦秋に、そして芸術の秋を彩る花舞台。 私までもがなにかソワソワして来ましたよ。10月なんて本当にあっという間にやって来ます。東京オリンピックが終わったら今度は日本舞踊の祭典ですね。

楽しみにしていてください。



 波島陽子の魅力にふれて


 稀にみる時代劇の最高指導者
花魁指導

波島陽子の名が世の中に飛び出したのは平成19年。 それまでは淺香光代師に師事し「森陽子」として時代劇の舞台を踏んでいました。「森陽子」と聞くと懐かしいそうですが今やすっかり「波島陽子」の名が定着しましたね。

小学校の頃から時代劇が大好きで、この思いは変わることなく20才前半になると上京し淺香事務所へ。
先見の目があったようですね。 今でこそ大衆演劇も多くのみなさんにその華やかさを支持されその影響を受けて日本舞踊を習いたい・・・と波島の門をたたく若者も少なくありません。

しかし、淺香先生の魅力は本当に日本一と言って良いほど色気があり華もありました。おそらく淺香光代を知らないものは居ないと言っても過言ではなかったでしょうね。
そこで波島は舞台のイロハを全て学びました。
先生の作品は長谷川伸先生の作品が多く日本中を驚かせ楽しませたものです。私も「瞼の母」や「一本刀土俵入り」を観た一人ですからね。

先生のその指導は今では考えられないほどの厳しいものであったはずです。波島にはそれが良かったんでしょうね。衣装の名称・衣装の管理・小道具他時代劇の基本。こんなに身近でここまで先生に直接教わったお弟子さんはいないのでは・・・と思えるほど。
自らが飛び込んだ道。諦めることなく日舞にも汗をかき、師範となりとうとう家元まで創流してしまいました。

昨今の時代劇を観てもどこか薄っぺらに感じるのは、全て「基本」がなっていないということでしょう。
中には、例えば「新橋演舞場で花魁をやるのでそのしぐさを教えてください」・・・とやってくる若者等々も毎年少なくありません。聞くとまったく日本舞踊の心得も無い・・・・!!!そうした若者が多いのです。
付け焼刃という言葉がありますがそうして日本の文化や伝統は失われていくのですね。

テレビのCM・時代劇等の指導にときどき呼ばれて指導に行きます。 いつも間近で見ていてそれが当たり前になっていますが、実際に女優たちの指導を施している姿を見ると身震いさえします。「美しい・・・・」と思う瞬間です。
大袈裟ではなく、日本の宝ですね。
こうしたことを文化庁等々は知っているのだろうか・・・ときどきそうも思います。

リハーサル

昨日は本物の時代劇を創りたいという仲間の応援でまもなく始まる時代劇の指導(通し稽古)に波島は出かけました。

指導をして思う事。 それぞれがみな役者志望だけに「やる気」はあるんですね。しかし、その作品の為だけに振付指導を受けてもなかなか仕上がるものではありません。
波島教室へ真剣に日本舞踊を習いに来ている役者さんも少なくありません。でも、彼ら彼女等はラッキーだと思いますね。習いに来た限りは基礎から徹底して指導しますからね。

確かに本物の時代劇は美しい。本物って表現は少し問題がある・・・という人も居るかもしれない。それは問答無用ですね。
波島は、日本の心を表現できる第一人者と言いました。 そうなんです。踊りは心で表現するものです。伝統的な着物での仕草。これは外国人では無理に等しい。それが日本の心です。
思いやりであったり、謙虚さだったり、また優しさであったり思慮深かったり等々、口では表せないほどの日本人の「血」とでも言うのでしょうか!?

波島の名言に、「優しい心・思いやる心・・・・、そうした心に羽織るのが着物です」という下りがあります。
それが証拠には、どうでしょう・・・・・、七五三等で可愛い振袖をまとった女の子がほとんどおすまししているのは何故でしょう。これこそが日本人の血なんでしょうね。

だから、自然と素晴らしい挨拶も身に着く!!魔法のようなものです。
しぐさにはその人の心が写されます。 従って嘘はバレるということでしょうか!? 昭和の時代に時代劇の東映の黄金時代がありました。娯楽大作であってもなにかホッとする・・・・。これが日本の心をみた観衆の反応なのでしょう。

昨日、私も舞台の指導に立ち会いました。まるで魔法のような指導。「ああ!この若者たちが日本舞踊を習っていたら、どんなにか素晴らしい舞台になるだろう・・・・」と。
時代が時代なのか、なかなかある一線を超えた厳しさを放つ訳にいかない現場があります。
「だったら、役者を辞めな・・・」といいたくなることもあります。日本を遺して欲しいからね。

波島は究極を求めて35年。 素人が立つ舞台(発表会)なのに感動を与えている!! 魔法です。
こだわりがあって、信念があって、日本の心を大切にするエネルギーこそ波島を支えているんだと思います。

今年は芸能生活35年を迎えました。 みなさんのお力をお借りしてその記念の舞台をふるさと湯沢(秋田県)で幕を開けることになりました。
一緒に出演するお弟子さんたちは本当に恵まれていますね。素人でありながら、プロの仕掛けた舞台に立てる!!
波島は「一生懸命頑張っている人にはチャンスをあげたい・・・」。常日頃そうつぶやいています。

江戸は浅草で頑張っている一人の湯沢出身者。 県民のみなさんは是非自慢してやってください。
そして、是非一度この素晴らしい波島の舞台を観てやってください。

その日が楽しみですと多くのメールが届きます。  嬉しいかぎりですね。




湯沢市ふるさと 応援大使に

 湯沢市ふるさと応援大使を拝命 
 湯沢市川連町出身
波島陽子


T-1 OK

本日、湯沢市役所(秋田県)から一報を頂いたときはびっくりしました。 「昨日(1/9)付けで令和2年の湯沢市ふるさと応援大使に波島先生を任命いたしました」・・・と。

ずっとずっと故郷を思い、ふるさとを愛し続けてきた波島にとって、だからと言って特別なことができる訳でもありませんが、これを機会にまた特別な思い入れでこの1年を過ごすことでしょう。

波島陽子は女剣劇の師「淺香光代」先生に鍛えられ、今日このように活躍しております。
小学校の頃からお芝居が大好きで、将来は舞台女優になりたい・・・・と思い続けて、一度は地元の会社に勤めてはみたもののどうしてもお芝居をしたいと諦めきれず淺香先生の事務所に飛び込んだそうです。今考えると本当になんてラッキーなと思う点がたくさんあります。

昭和の匂いがしばらく続いていた平成最初の頃まではバブルで本当に多くの仕事(ぶたい)に立てたことです。あの当時の女剣劇とは言いますが時代劇フアンならご存知「長谷川伸先生」の作品が殆ど。 その人気は全国に轟き淺香先生を知らない人は居ないくらいな看板役者でした。
芸の厳しさは言うに及ばず、ここで学んだ財産は波島の宝になりましたね。 淺香先生を選んだ波島は正解です。現在、波島を慕って頑張っている女優のたまごがいますが、少しでも先生のそばにいたい・・・と岐阜から上京した者。また浅草に越して来てまで教えを乞いたいと頑張っている者。どこか、若い頃の波島に似ているような気がします。この行動もまた大正解です。本物の芸を身をもって学ぶ。今ではこんな機会はなかなか無いでしょうからね。
そんなお弟子さんに、若い頃を思い出し本気で指導している姿、最近なかなか見ない光景です。そのお弟子さんこそ幸せですね。

平成の初めの頃の波島のどん欲さが分かります。「覚悟」をもって歩き続けた者にしか経験できないことを語り尽くせないほど波島陽子はもっています。
加えて、芸を学べば学ぶほど日本舞踊の重要性を知るわけです。 人生の分かれ目と言っていいくらいな出来事がここでやって来ます。学ぶ日舞の美しさへの追求です。暇をみては、花柳流に西川流にと日舞のお稽古を欠かさず自分磨きに没頭したようです。

舞台は日本全国津々浦々と言いますが、主要都市の大舞台は勿論、全国の舞台を延々と回ったわけですね。
舟木一夫だったり小林幸子だったりその他数えきれないほどの共演の経験も、淺香先生だったから出来たわけですからね。
先生がお元気だったので海外公演も凄かったようです。 本人の努力も勿論のこと、先生に代わって振付けまで。現在、全国の舞踊家さん(新舞踊愛好者)たちからとてつもなく多くの振付作品を求められるのは誰にでも真似の出来ない不思議な美しさを表現できることです。先生が女剣劇の主役を張っていただけに男物作品は更に見事です。

今回、秋田公演(湯沢)を観る観衆のみなさんは淺香光代譲りの素晴らしい舞台を観ることが出来るわけですね。
かっこいいだけでなく品がいい・・・と大絶賛受ける舞踊家はそう居るものではありません。

いつかは・・・・、いつかは・・・・と故郷の舞台に上がりたいはまだまだ先と思っていました。
ご縁を頂いて湯沢湯乃華芸妓のみなさんとご一緒出来る舞台。 頑張っていたからこそこのチャンスに巡り合えたんですね。波島はその魅力を遺憾なく発揮してくれることでしょう。

私が昨年初めて湯乃華芸妓の舞いを目にしたときの感動は今も忘れません。 芸妓さんの不思議な魅力に出会い、即来年一緒に舞台をやりましょうと意気投合しました。
帰って波島に話すとそれは大喜び。 私は思いましたね。 地元湯沢を離れずふるさとの為に頑張る主宰者阿部さんの心根。どこか波島に似ていました。当の波島は江戸は浅草で花開かせていた‥‥。まるでドラマのような話です。


T-2 OK

秋の公演のタイトルを「粋と艶との花舞台」としました。

生粋の江戸っ子を・・・と弁天小僧をやらせても、女鬼龍院をやらせても、愛好者から「ほれぼれしますね・・・・」の連呼。

かと言って柳橋や京都の芸妓を踊らせても実にその振りは美しい。 
芸能生活35年が、故郷湯沢の舞台に立てるとは、「待ってました」の声が今から聞こえそうです。
浅草の公会堂等では何度も舞台に立った波島が今度は湯沢市応援大使としての故郷里帰り公演。

多くの全国各地の振付作品愛好者や、80余名もの浅草教室のお弟子さん・生徒さんが今から秋の公演に向け飛行機の予約をしました等々。家族で行きます・・・の予約。すでにふるさと応援大使として動き始めていました。

本人は至って控えめで謙虚な性格ですからもの静かですが、秋の舞台にかける意気込みはまさに35年の集大成です。
30周年の舞台(浅草公会堂)がそうであったように、舞台を目にしたお客様の興奮が目に浮かぶようです。

観ないと損という言葉がありますが、まさに日本一の新舞踊をお見せすることでしょう。
日本舞踊の舞台ですから、勿論古典物や素晴らしい日本舞踊に大いに酔って頂きたい。 私の演出の集大成にもしたいと思っている舞台です。

ふるさと応援大使なるものを拝命し、本人が一番驚いていることでしょうが、江戸で活躍する波島ならではの応援大使だと思っています。

波島を応援する人の数の多さ!!  楽しみにしていてください。

波島陽子を応援してくださることそのものがふるさと応援大使のように思えてなりません。






プロフィール

岡部俊雄

管理人 : 岡部俊雄
チーフ・プロデューサー
演出家

最新記事
月別アーカイブ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード