FC2ブログ

 日本の伝統に触れて

お稽古1

近年、目に見えて海外の訪問(体験・見学)者が増えて来ました。

私どもは一般の生徒さんに日本舞踊のお稽古を楽しんで頂くことを主願に連日頑張っておりますが、
年々日本に訪れる海外からの観光客が増え、浅草寺の仲見世通りなどほとんど日本語を聴くことが
出来ないくらいです。
考えてみたら今より幾分その人数は多くはありませんでしたが、今から10年も前から外国人のため
に振袖や袴でその散策を楽しんで頂いた先駆者のようなものでした。
最初振袖だけで20着も揃え他の着物や袴(男性物)も入れたら大変な支度(じゅんび)金でした!!

それから6年も過ぎた頃でしょうか!? 1軒、また1軒とレンタル店が増え、今や過飽和状態です。

外国団体

10年も前からすれば本当に多くのお客様(外国人)が増えましたね!!
私どもは非常に大きなこだわりをもってずっと対応させて頂いてきました。
振袖のそれは全て「絹」製品ですから歩いて頂いたらすぐに分かります。 昨今、ゆかたなら何でも
良い・・・と言わんばかりのポリエステル物が町をかっ歩しています(涙)。
柄も日本人は決して選ばないだろうとするものばかりです。
それでも外国人はそれが何かを知りませんからみな喜んで外に出て行きます。
確かに外国人にはそれで良いのかな・・・と思わないわけでもありませんが、やはり日本の美しさは
ごまかしは決してききませんね。

ご存知かも知れませんが、現在浅草界隈だけでも新しくホテル建設に入っている箇所を本当に多く
みます。 お稽古場の前も後も例にもれずホテル建設のために古いビルが壊されたばかりです。

全て便乗商法でしかありません。
ブームが去った後が思い浮かんで来るのは私だけではないはずです。

私どもは、外国のお客様を相手にお稽古場を開設した訳ではありません。
家元の波島陽子が、一人でも多くの若者に「日本の伝統文化に触れて欲しい・・・」を第一義的に願い
今までやって来ました。
しっかりしたカリキュラムと素晴らしい芸の基礎をいかんなく発揮し今まで100名もの生徒さんがこの
門を叩きました。
結婚してお子さんが出来たり、地方へ引っ越さないかぎり原則続けて通われる生徒さんは現在80名
ほど。  ご年配のみなさんの心根が若者にも伝わり、理想形の教室は日々賑やかさを増しています。

伝える難しさは時代が変わればその生活環境でやむを得ない場合が当然出てきます。
しかし、着物はまさに日本を代表する素晴らしい文化であり伝統であることがこの教室の生徒さんは
しっかりと肌で感じているに違いないと思えるのです。
これは主宰者にとってなによりも嬉しいことです。

写真でお分かりののように特にこの団体さんに「満足感」が感じられないでしょうか!?

本物を提供する・・・。 これこそ「おもてなし」と言えるでしょう。
基本的に当社での着付けは全て新橋演舞場や明治座、他映画やテレビの舞台で活躍されている「着
つけ師」のみなさんに担当して頂いています。

蛇の目

これはほんの一例ですが、日本舞踊を見学に来たお客様にほんの少しの間「記念写真タイム」を設け、
記念の1枚を提供させて頂いています。
この蛇の目傘はおそらく生徒さんも見たことないと思いますが、なんと8万円もするまったくの本物です。

嬉しさはこの通りです。
どこまでやってあげられるか分かりませんが、お客様の表情を見ながら「楽しかった」「素晴らしかった」
と心に残ることを願いながらその時間に終始します。

お稽古2

本来であればきちんと衣装を着て、それなりのメイクを施してとも思うのですが、通常稽古の合間を縫
っての企画なのでそこだけが残念でなりません。

多くのインバウンド関係の会社からのご注文はひっきりなしで師匠波島には少し過酷のような気も
しますが、お稽古風景を体験できる生徒さんやお弟子さんには他では経験することのないこうした
企画。 緊張の中にも、これほど素晴らしい経験はなかなか出来ませんからね。

桜の季節も終わり教室は藤の花(装飾)に変わりました。
日本の四季を楽しみながら「日本は楽しかった」・・・と言って頂けるようにこれからも精進を重ね、日本
の伝統の為にもコツコツとですがもっともっと頑張りたいですね。

日本人に限らず、世界のみなさんにも日本の伝統に触れて頂ける仕事を生業に出来ることはこの上な
く嬉しいことだと思っています。




 雨もまた楽し

妖精と雨

久しぶりの雨に花粉症を恐れる者としては清々しい朝だ!

「おはようございます」
エレベーターで1階に出るとピッカピカの新1年生の可愛い声 ♬
おもわずおはよう・・・・っと微笑み返し
すると傍らにいたお父さんが息子に「ほーらね!挨拶すると笑顔が返ってくるだろう・・・!♬」・・・と
なんとも微笑ましい親子だ

朝早い病院の予約(診察)に自宅を8時出発。
外は雨。 すこし厄介な雨でだいぶ濡れそうな霧雨

「月様、雨が・・・ 」
「春雨じゃ、濡れて参ろう・・・・」

何故か春の雨は心が躍るから不思議だ。
明日あたりの鎌倉の新緑は素晴らしいだろうな・・・
雨上がりの新緑ほど素晴らしい光景はないもんな~

そんなことを思いながら銀座線に乗った

普段は東上野(病院)くらい健康のために散歩がてら歩くのだがさすがに電車でないと・・・

時間的に通勤ラッシュから少しずれたらしく車内は思ったほど混んでいなかった。
それでも傘・傘・傘
色とりどりの傘はやっぱりパラソルと言った方が良さそうだ。

これから始まる雨の1日
午後から外国人観光客の団体さんの予約が入っているだけに出来れば午後から晴れて欲しい

着物を着せて、折角だから「蛇の目傘」ででもおもてなしをしましょうかね

楽しい雨にするために







 さくらを楽しむ

さくら

2018年  今年の桜はとても速かったですね!!

舞台を組んで観桜会の準備をしていた人たちはみな予定が外れたようです。
確かに自然を相手のイベントを組むって難しいものです。

少しピンクがかった桜を写してみましたが開花が早かったせいか全体的に白っぽい花びらが
目立ったように思いましたがそう感じたのは私だけでしたでしょうか!!!

日陰の大木にしがみつくように咲いていた写真の桜。 これが本来の桜の色なんですよね。
カメラ担いでこうした1枚を狙うのが醍醐味で毎年おなじようなショットを狙っているのですが、
間違いなくその姿は毎回違った顔を見せてくれます。

天候がどうもおかしくなったのか「桜前線」もあてにならず四国方面より東京が先に開花したり
と様々。
雪国育ちの私は「ゴールデンウイーク」に満開の桜を楽しんだ覚えがあります。
どうしてか、桜の時期って本当に寒いんですよね。

「桜の花冷え」とはよく言ったもので、周りの山々の残雪を見ながらの観桜会は寒い訳です。

それでも、卒業・入学・新入社員・・・・と夢膨らみ、希望に満ちたこの季節はやはり心が弾み
ます。

同時に今日はエープリールフール!!
楽しい嘘(ジョーク)を投げてみましたか!?
人はジョーク・ユーモア・ウエットに富んでいないと面白くない。

心弾む桜の季節に、楽しいジョークでも投げられる人と一杯やるのもおつなものです。

改めて今年が始まったようなそんな気持ちで綴っていますが、桜の時期って本当にあっという
間でしたね。

毎週毎週外国人観光客のみなさんをおもてなししながら、考えてみたら桜の時期は外国の
みなさんも「美しい」「きれい」・・・と笑顔いっぱい。

珍しく今年は風のない桜の時期で多くのみなさんがこの桜を楽しめたんじゃにかなと思います
が如何でしたか!?

花粉症に心配がなければもっと出かけるのに・・・・、5~6月の新緑を撮りに今度は鎌倉にでも
出かけるとしますか!?




 美しい故郷が原点

雪国の春ー1

この山で本当によく遊んだものです。

小学校の頃と中学校の頃ではまた思い出も大きく違います。
勿論、中学校の頃より高校生になるとまた大きくその思い出は違ってくるから不思議です。

同じ山、同じ光景なのに去来する光景すら変わって見えるのは何故でしょうね。
いたずら坊主の遍歴はこの景色だけでも大きく違って見えます。

やはり故郷はすばらしい。 先日東日本の大震災から7年を迎え、繰り返し映し出される
その惨事の光景は今でも目を覆いたくなるすざまじいものでした。
当たり前が一瞬にして当たり前でなくなるんですからね・・・(涙)

この道(?)を歩いた経験のある人はこの写真を見ただけで蘇って来るものは多いはずです。

ここで育ち、こうした環境が体の隅にまでしみ込んだ者が集まると懐かしさ談義はピークに
達します。
それが素晴らしいんだけど、もうそんな時代ではなくなってしまったようですね(涙)

今の一般的な若者の傾向で言えば、残念ながら「心」がどこにあるのかわからないで迷
い続ける者が多いようです。 迷えるんならまだましな方ですが、人情の欠片もないとす
ると「失望」だけが覆いかぶさってくるようで淋しいですね。
その原因をいろいろ調べ考えてみました。  するとこんなことに気づきます。
つまり、もう他人(ひと)のことなどかまっていられないんですね。
知らず知らずのうちに「自己中心的」になっているのがきっと現状なんでしょう。

仕事柄、夢を追いかける若者に多く接しますが、余裕と覚悟がないことにも気づきます。

少し応援してあげたい・・・と手を差し伸べても感謝にまでは到達することはありません。
人が生きて行く上で一番大切なことですが、この「感謝の実践」の欠如が世の中をおかしくして
いるように思えてなりません。
お断りしておきますが、勿論「感謝出来る若者」が居ない訳ではありません。

目的や目標がしっかりしている若者は「瞳(こころ)」が違います。
それが「覚悟」を持った目なんでしょうね!!

私は一昨日の夜、愛媛の先生からのお電話に気づいたら1時間も話しこんでいたのです。
ほんの少し体調がおもわしくなく、病院通いだったり忙しかったりが続き、なかなかメールすら
できなかったことにご心配頂いて・・・
元気な声に、「あゝ!よかった・・・・」と返って来ました。  こうした人間関係は財産ですね。
それは、人間だから味わえる「張り合い」がそれなんだと思います。
連絡をとるようになって7年が経ちました。 あれはそれこそ東日本の大震災の年でしたね!
振付ビデオを送るだけの接点だったのがいつの間にとても近い存在になっていました。

岡山県倉敷市にもそうした大先輩がいらっしゃいます。
これらはみなさんともにほんのちょっとしたキッカケでしかなかったのです。
綺麗ごとではなく、本当にそこに「感謝」の心が無かったらきっとこうはならなかったでしょう。

その岡山の女性はまだ私がまだ22~3歳の頃ですからそれはそれは長いお付き合いになり
ます。
勿論、もうお孫さんも居て楽しく暮らしていますが、当時はレントゲンの技師になろうと水島コ
ンビナートで修行をしている頃でした。 2ケ月で骨折しその時病院を紹介してくださった若い
女性がその人でした。
ほんの5分も無かった出会いが今もなお続くという私には本当に宝物のような存在です。

その昔話にこの写真は似合いませんか!?
つまり、懐かしさとともに優しさであったり心(じだい)の空気であったりを感じるのです。

昔、こんな歌がテレビから流れて来たことがありました。

さくらの苗が 大きく育つ頃
僕らはみんな 大人になるんだ
あいつとこいつ あなたとわたし
真っ赤な頬っぺを しているが

嬉しきゃ泣いて 悲しきゃ笑うんだ
仲間がみんな 見てるじゃないか
それでも淋しきゃ 大きな声で
呼んでみるんだ「母さん」と


ずっと覚えていたのはどうしてでしょう

高校生の修学旅行で京都・奈良に行ったときにガイドさんが教えてくれた
牛若丸の歌も今すぐ歌えます

おそらくこの歌(英語バージョン)を覚えている同級生は殆どいないのではないでしょうか!?

これほど青春時代を謳歌できた人間もそう多くは無いように思います。

現在、私の周りには、将来芸能関係に進みたい(プロ)という若者が非常に多くいます。
実際に夢を叶えられるのは本当に1人いるかいないかです。
特に芸能事は難しいですね。

感性やセンスも不可欠ですが、チャンスもまた宝くじに当たるより厳しい状況です。
ほんの少しテレビ局へ行く機会があっただけでなにか勘違いしてしまう。
そうした若者が五万といるんですね!
これほどの情報時代です。 どんなことで化けるかすら予測もつきません。

私も子供の頃からやはり」芸能ごとが好きだったからよく分ります。
子供の頃は親の関係で東映封切館に無料(ただ)で行くことが出来たせいか良き時代の良い
作品を本当にたくさん目にしました。
学校卒業と同時に会社勤めの傍ら趣味の一環で劇団に通っていました!!
歌の勉強もし、NHKのテレビにも出演(ドラマ)しました。 
それから名古屋勤務。 名古屋の会社を退くとそれからは企画制作に関わる仕事に従事し、
最後は日本舞踊教室を主宰するというまったくの芸能畑。

それでも自分が芸能人になりたい、歌手になりたい・・・と思ったことは一度もありません。
つまり、プロデュースしたり創ることが大好きだったんでしょう! それは今なお変わりません。
育てた若者の数は本当に数えきれません。

それだけに芸能畑に心を砕く若者がどうしなければいけないかは痛いほど知り尽くしています。

でも、演ずる者の原点は「人間らしさ」です。
舞踊も一生懸命踊りたいとしている内はまだまだです。

お客様に感動を与えてナンボです。
人間(ひと)の心が分からずに表現など決してできません。

だれにでもある故郷。
故郷って心にあることを知らなければ語ることはできません。

残念ながら、今この雪国(ふるさと)に住みたいかと言われたらそれは現実的ではありません。
懐かしさだけでは生きて行けませんが、心が洗われるほどの故郷を持っている者はそれだけ
で幸せに思います。

他人(ひと)に優しくできるのも、心から感謝出来るのも、きっとこの美しい故郷が原点で、い
つまでも私の心にその素晴らしさが棲みついていてくれるからなんだと思います。

世の中がどんなに変わっても、相手(ひと)を思う心根だけはずっとずっと故郷のようでありた
いと思いますね。






 役者として輝け

育てよ

もうあれから丁度1年になろうとしています。

良い作品、素晴らしい役者を育てたいとカメラ片手に京都へ行って来ました。
この若竹のように、夢をもって頑張っている若者は五万といる現状です。
しかも、誰もが役者になれる訳ではありません。
メジャーになれるってほんの一握りにしかすぎないのが現実なんですね!

現在、NHK等に出演している役者(タレント)でも、本当にひどいものだと常日頃その危機感を感じ
ているのが現状です。
NHK等に出演したから凄い訳ではありません。 どうしてこのタレントを抜擢したのだろうと不信に
思うことの方が多いですね!
これでは、日本の伝統芸もさびれてしまうと近年はそのことで東奔西走しています。

着物を着ての時代劇を言っているのですが、まったく様になっていないのは全て我々先輩の責任
であることをもっと危惧すべきでしょう。

ある企画を遂行するために私は一大決心をしてそのメンバーを教育しようと腰を上げたのが丁度
1年前。
ここで様々な現実を見ることになりました。
時代劇のなんたるかを知らない素人軍団が集まり舞台の構成を見たときです。 
知らない強みとはよく言ったもので「自分の感覚だけ」で構成台本を練ってくる。
それを今の若者が演じられると思っているから滑稽でした。

私は、その企画を引き受ける以上、ある「覚悟」をもって引き受けたのです。
出演者は別としてまずスタッフ(責任者)の教育になるのだが、ここで気づいたのがスタッフならぬ
出演者の勘違いでした。

京都・大阪で「剣舞」の体験(しさつ)に行ったとき、本場の京都でこれをやっているかと悲しくなった
ものでした。  勿論経営者も若い。
剣も嘘なら日本舞踊も嘘だ!   現在浅草でも「着物体験」ということで外国人を相手に浴衣をレ
ンタルしている店舗が至る所に出現しています。
そんな光景を見て私は時々教室の生徒さんに聞くことがあります。 
「あなたならあの浴衣で散策したいですか!?」・・・と。
決まって「嫌です」という。   なぜでしょう!?
さすがに、日本舞踊教室へ通う生徒さんは「何が違うか」判っているのです。

つまり、「商売」として人(きゃく)が来れば良いがあまりにも露骨だからです。
これでおもてなしと言えるのだろうか!? オリンピックが終わったら尻ぬぐいできるんだろうか!?

京都の「剣舞シアター」で私はそこの主宰者に言われました。
それは、私たち一行のポージングを私がやったことで起きました。
剣をもって撮る記念写真の絵柄が群を抜いていたからです。 私のそばに来たそこの主宰者は
私にこう切り出したのです。「何か、剣とか日舞をやっているんですか!?」・・・と。

確かに記念のポージングは自分でいうとおかしな話ですが、それは絵になっています。
それは、何を隠そう私が剣にしろ日舞にしろ、本物を追求して来たからです。

つまり、キャリアが違いすぎます。
私が何も言わないのにそこの主宰者は言葉を続けます。
「よくいろんな人に言われます。それは殺陣ではないと・・・! また日舞ではないと!? それでも
良いのです。 お客さんが喜んでくれるから・・・・」
ここが大きな問題なのですね!  恐ろしくさえ感じます。

私が知る殺陣チームの殆どもまるで「アクション」でしかありません。
いくら言っても分からないんですねきっと。  その殆どが外国人相手だからそれで済んでいるよう
ですが、日本人を騙すことはできません。
そこを追求すると怪訝な顔をして首をかしげます。 自分ではそれで良いと思っているからでしょう!

テレビでも映画でも重みや深みが感じられないで制作している。 アニメの延長であればそれは
仕方ないかなの部分もありますj。
しかし、侍や武士の美しさは微塵もありません。
当教室でこれはという若者に日本舞踊を習わせています。
基礎から日舞が身についたらその美しさは論外となることを知っているからです。
自分では気づかないかも知れませんが、それらの役者志望者が剣を持ったらすぐに理解できます。

日本の文化や伝統は他の国では真似の出来ない美しさがあります。

あの平昌オリンピックのもぐもぐタイムで日本の選手が「イチゴ」をほおばっていたシーンが何度も
見られました。
あのイチゴは韓国で購入したのは事実ですが、あのイチゴはその栽培方法を韓国のある農家の者
が日本から盗んだものであることは以前から報じられています。
中国でも昨日のニュースで「マスカット」の売れ行きが素晴らしいと報じられていましたね。
これも盗作です。 ネーミングまで登録され日本では困っていたのが情けないことに印象的でした。

つまり、日本の文化・伝統は食にいたるまで世界に誇れる一級品であるということです。

しかし、殺陣や日本舞踊はまさに日本を代表する伝統芸です。
簡単に身に着くほど芸はやさしいものではありません。 日本人の感性や奥ゆかしさがあってこそ
でこればかりは決して真似の出来るものではありません。

しかし、ここからが問題なのです。
私が危惧している点は、少しくらい剣を振り回せるようになったからとそれが本物であるが如く
それを生業にしようとしていることです。

剣を持つ前に「礼儀作法」を学びなさい。 
日本の素晴らしさは「心の持ち方」がどの国にも勝っているということです。
その心で剣を持ち、その心で舞ってこそ伝統に近づけるということをもっと真摯に受け止めるべき
でしょう。

大きな仕事を任せる人材にとある女性を抜擢しました。
上辺のきれいごとのみで「やれる」と思うほど甘くなかったことを私自身も痛いほど経験しました。
つまり、「やりたい」ことと「やれる」ことは違うという典型です。
芸事はサラリーマンのようには決していきません。

この竹林を観ても分かるように、何か日本の伝統というか文化に「本物」を追求する者が後に続か
ないかぎり日本の伝統芸は消え去ってしまいます。

今回の平昌オリンピックでも分かるように結果を出したアスリートはいくら平成の世であっても、
想像を絶する努力と飽くなき追求心があって身を結んだものです。

剣を持って立っただけで絵になる。 何かがにじみ出ていてこその絵柄なんだと言い切れます。

この竹林のように、私は誰よりも厳しいですが決して妥協せず風雨に耐え立派な姿に成長すること
を願って止みません。

この竹林の向こうに、日本の歴史が見えるように思いませんか!?
新入学・新社会人、春は芽吹きの季節です。

いくらでも可能性のある若者を正しく指導していきたい。
安易に夢を追う若者が少なくありません。 憧れは大切なことですが、憧れだけで生きて行けるほど
現実は甘くありません。

本気であるか、憧れでしかないかは本人の目を見れば分かります。
自分に嘘をつかず夢に向かって羽ばたいて欲しいと願わずにおれませんね。

日本の一番素晴らしい伝統は「相手に感謝できる心根」を持ち合わせていることでしょう。

近い将来、テレビに映画に、そして舞台に「本物の役者」として登場してください。

人気だけでキャスティングするような日本であって欲しくないですね。
担当者よ、目先や人気だけで作品を創るなと付け加えたい。  素晴らしい日本のために。





プロフィール

岡部俊雄

管理人 : 岡部俊雄
チーフ・プロデューサー
演出家

最新記事
月別アーカイブ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード