FC2ブログ

 大震災に国をあげて協力・支援を!

先日秋葉原へ向かったらあの電気街が節電で今までにない光景となっていた。2基あるところは1基に等エレベーターやエスカレターは使用中止の貼り紙。
勿論誰一人として文句をいう姿など見られない。店内は消せるだけの照明が落とされている。こころなしか人通りも少ないように思うが錯覚だろうか?
被災地の映像があまりにも強烈で国民の誰もが自分に出来る協力はしよう・・・こんな雰囲気が出来あがっているように思う。
打ち合わせのために三郷中央駅に降りたが勿論ここでも同じ。エスカレターは「節電のため」という貼り紙とともに稼働していない。駅構内の照明も30%くらいは落されているのだろうか?
タクシーに乗ると、「お客さん!さっぱりですよ・・・」と我慢の中にも諦めムード。そして打ち合わせ会場の料理屋さんは団体の予約が次々にキャンセルと嘆いていた。
浅草でも有名ホテルが8,000人ものキャンセルだそうだ。それでもまだまだ冷静でいるのは共通しているものがあるからだろう!
店のご主人も言っていた。「こんな時だからこそ私たちが頑張らないと!」と。「この試練をプラスに受け止めて店を切り盛りしたい・・・」、さすが経営者。
どこもここも湿気た顔してたら日本が駄目になってしまう。ご年配の社長さんでしたがキチンとして息子に引き継がせたいとはなんと頼もしい。

ほんの少しのことでも、国民一人一人が自覚をもって歩けば必ず立て直せる・・・!そんな機運がどこでもその姿を見ることができる。階段!歩けばいいじゃないか! 店内!見えればいいじゃないか! 電車でも運転を2~30%は減らしているんだろう!久々にホームで電車を待つことを味わっている。それぞれができるところでみんな頑張っている。 
先日、異業種交流の主催者からこんなお話があった。 「こんな時期だから、ビールを飲みに行くのは不謹慎だろうか?でもね、これではレストランや飲食業は完全に冷え上がってしまう。そこで働いている従業員のためにも、無理のない程度に友だち誘って一杯飲みに行きたいんだ!」と。
本当にそう思いますね! 優先順位何を削るのか・・・? 削られたらその店は大きな打撃を受けることになる。だから、無理のない程度に「普通の生活をしたいんだ!」と。

必要な無駄?こんなことを言ったら怒られるかもしれませんが共倒れにならないためにも何とか今まで通り続けられるものは続けて行こうよ。異業種交流の仲間も「賛成だ!」と理解を示し行動しているそうだ。
サッカーも、これから始まるであろうプロ野球も、こんな時期だからこそ元気を与えるために立ち上がろうとしている。
真剣に戦う姿、そのために流している汗。これほど元気の源はないと思う。
一人一人国民が、「自分のやるべきこと」をもう一度考えて被災地に笑顔を送ろうじゃないか!?
それがなによりの支援であり協力でもあるはずだ! みんなで頑張ろう!

 ありがとう!感謝の心こそ幸せになれる秘訣です。素晴らしい人生を!
 優しさや笑顔に触れて温かい気持ちになれるように、あなたの真心で!
 ご感想は shiawasekazokuyt@nifty.com まで

 春を告げる小鳥たち

明後日はもう4月になるんだ!
本来であれば朝晩のニュースに桜前線の行方を追いながら春を待つといった感じですが、今年はそれどころではないと思っている人がいっぱいいるんではないでしょうか!
自然の力は時には今回のように残酷なことをしでかしてしまいますが、あの豪雪地帯で見るように2mも3mも雪の下に押しやられても草木は負けずに春を待ちます。
赤や黄色の鮮やかなお化粧をして顔を出す植物。ああ!春なんだな~と毎年勇気づけられてきました。しばらく故郷から離れているのであの感動を味わえませんが肌で心でしっかり覚えています。
目に映るそうした植物の優しさも豪雪地帯でないと分かりません。
今回の被災地でもきっと負けずに花開く植物に勇気を得られることと思います。何もなかったかのように避難先でまもなく桜が咲き始めるのかと思うと感慨無量です。そして複雑です!
疲れきっている心に、ウグイスが、メジロが蝶々が・・・。 

そして、何にもまして勇気を与えてくれる子供たちの笑顔がそこにありました。
埼玉アリーナから毛布をもった家族が次の避難先に移動する光景が映し出されていたのです。
はち切れんばかりの笑顔とスキップしながらバスに乗り込む子供さんの姿がそこにありました。何かを感じているんでしょがこの無邪気な笑顔がどんなにご家族に勇気を与えているかと考えただけでも言葉が詰まります。
まさに明日のニッポンを担う子供たちにどんなに救われているか分かりませんね!
「沈んでばかりいられません。この子のためにも頑張らないと・・・・」とお父さんはこぶしを握っていました。
春告げ鳥のような天真爛漫な子どもたちのためにも全国民がひとつになって応援しましょう!

マイクを向けられたお兄ちゃんは「いつものようにお家でご飯を食べたい」、印象的でした。

当たり前に慣れず、人としてみんな一緒なんだという意識を今だからこそ抱いて歩いていかなければなりませんね。私も自分に何が出来るのか一生懸命考えています。
もう少ししたら少しでも支援に関われる行動を起こしたいと考えています。そのときはお知らせしますので是非ご協力ください。  春告げ鳥を守るためにも!

 ありがとう!感謝の心こそ幸せになれる秘訣です。素晴らしい人生を!
 優しさや笑顔に触れて温かい気持ちになれるように、あなたの真心で!
 ご感想は shiawasekazokuyt@nifty.com まで

 大切な「らしさ」

いろんな人に出会い、その度に相手の魅力に惹きこまれることがあります。
ふしぎなことに年齢関係なくそれが魅力となってなんとも言えない気持ちにかられるのです。
よく、「子供は子供らしくしなさい!」と聞きますね! 「女は女らしく!」とか!誰もが知っているし一番求めていることなのかも!
私は女性は全て「女性らしく・・・」を求めたりはしません。勿論男も女も同じです。なぜならそれぞれに個性があるからです。女の子みたいに優しい男の子に会うこともあります。男の子みたいな女の子に会うことだってあります。
ただ、生まれ育った環境や生い立ちによっても違いますが、年を重ねていくうちに確立していって欲しいのが「らしさ」です。
いつの時代を生きてゆく場合でも、このらしさとしっかり付き合いながら成長していってほしいなとは思います。なんだかんだと言っても男性は平均して女性らしさを求めますが、こればかりは性格で男勝りの女性が好きだって人もいるわけで・・・
あくまでも平均した話として受け取ってもらえれば良いのですが、この「らしさ」はどこに行っても歓迎されることを覚えておくことでしょう。
こういう言い方は適当ではありませんが、よくやくざみたいな男性にどうしてあんなに綺麗な女性が結婚するんだろうと耳にしたことありませんか?
私もそういう人見たことあります。実際に感じたことですが、その男性はしっかりその女性を守り彼女には最高に優しい人でした(勿論ヤクザではありませんよ!)。二人を見ていると本当に優しさがにじみ出ているんですね!
彼女のために頑張って家を建て一生懸命働くんです。
人は見かけで判断してはいけないこともよく分かります。ただ、その生き方の中に、「らしさ」が漂う人は間違いなく人気者です。
子供は元気すぎるくらい元気がいい!その通りです。
女性の魅力は時代とともに変わってはいますが、やはり優しさがにじみ出てくるような、そして振る舞いに女性らしさがあふれ出る人は他と比べ物にならないくらい魅力的です。
子供の頃から「可愛い可愛い」と育てられ、中高生の頃はその延長でもてはやされた人がチヤホヤされたが故に失敗した話もたくさんあります。
類は類を呼ぶと言って、らしさをもった者同士が魅かれ合うのもうなづけますね。
人は出会いによって人生歩く方向が決まります。良い出会いを・・・とはそういうことです。

自分らしいとはどういうことだろう!?
女性らしいとはどういうことだろう!?
若者らしいってどういうことだろう!

らしさを貫いて成功した人はとても多いですね。つまり成功への道のりを知っているかのごとく歩いてゆきます。
らしさを知っている人は人に迷惑をかけたりもしません。
らしさを知っている人は相手に喜びを与えます。

今回、未曾有の大震災がありました。国内外問わず生きることへの何かを叩きこまれたような気もします。
これから、どんどんボランティアが登場し被災地で汗を流してくれることでしょう。
自分の心を知って行動できる勇気のある人たちです。その殆んどが若者であるということも日本の未来に大きな明りを灯してくれているようにも見えます。
政治家らしくない政治家に学んで欲しいですね!日本はまだまだ捨てたものではありません。
心は見えないけれど「心使いは見える」と何日も放送しています。つまり、心づかいは行動力のなにものでもありません。まさに「人間らしい」と思いませんか?らしさほど素晴らしいものはありません!

日本人らしさを求め、女性らしさを追求して日舞のお稽古に励んでいる生徒さんを見ても、不思議なくらいすでに女性らしさを秘めています。魅力として感じるのは当然ですね!
素晴らしい姿がそこにあるのは「らしさ」が身についているからでしょう!

 ありがとう!感謝の心こそ幸せになれる秘訣です。素晴らしい人生を!
 優しさや笑顔に触れて温かい気持ちになれるように、あなたの真心で!
 ご感想は shiawasekazokuyt@nifty.com まで

 働くためにネクタイを外せ!

大震災が起きてもう17日も過ぎた。
被害の全体像がどんどん明らかになるとともに今度は風評被害に苦しむ農家の人たちが続出だ。
指示・命令・公表等々あらゆる方法が後手に回ったり遅かったり間違ったりで大きな問題が勃発している。私は地震が起きる何年も前から「政治家の姿勢」について指摘して来た。今年に入っても政治家に触れたのは何回あっただろうか?
散々政府を攻撃していた野党の政治家諸君はここにきてまったく陰を潜めている。個人的にバッジをひけらかし被災地で苦しんでいる人たちから困った意見を集め、これをまた国会で政府を追及するといった手段とするのだろうか?
「日本がひとつ」と言っている最中に、一番不安定なのが政治家だ。
選挙演説でいかにも「国民のために!」と叫んでいる者ほど何も出来ないでいることを、この際良く見ておくべきだ。国を良くするのは私たちだ。間違った者を国会に送るからこうした情けない政治家を生んでしまうのだということを我々国民もいい加減気づくべきだ。
今の政治家がどれだけネクタイを外して国民のために「命を投げ打って」までも働いているか?それを見極めないで新しい政治家の登場(活躍)はない。
先生などと呼ばれ、ふんぞり返っているから「暴言」や「失言」が続いているのだ。発言した後に取り消すくらいなら誰だって政治家になれる。
本当に国民の中に飛び込んで国民(はた)が楽になるよう命がけで行動して欲しい。
放射能の影響を全くうけていない農作物でも***産というだけでまったく拒否されているという。あるトマト農園のご主人は山と積まれた出荷できないトマトを見ながら涙ながらに風評被害を嘆いていた。
政治家は何をしているんだ!こんなときこそネクタイを外し報道陣を引き連れ出荷先に出かけ政治家軍団が率先してトマトをかじってみせたらどうだろう!
政治家が今働くときではないのか?ネクタイを締め政治家でござるなんてスタイルは今は必要ない。国家が一大事の今、はたを楽にするのが仕事ではないのか?と何度でも繰り返し言いたい。
働くとはそうして国民(はた)を楽にしてあげることを言うのだ。

人間である以上、人間として一番大切なことは「信じることができる」「人を愛することができる」この2つしかないのではないだろうか?
これさえしっかりしていれば人間は「安心」できるはず。これさえあれば国民は負けないで頑張って行けるのだ。信じられないから不安なんだ!
政治家のハタラキこそ聖職なんではないだろうか?
被災地のみなさんが絶望寸前でいる今、あなた(政治家)たちの心で救われるのだ。
私は政治家に文句を言っているのではない!聖職として行動できない者は速やかに身を引くべきだと言いたい。立派な人間は他にいぱいいる。
こんな時だからこそ一歩一歩確実に国民を救ってあげて欲しい。安心の提供のために「ハタラケ!」と言いたい。

 ありがとう!感謝の心こそ幸せになれる秘訣です。素晴らしい人生を!
 優しさや笑顔に触れて温かい気持ちになれるように、あなたの真心で!
 ご感想は shiawasekazokuyt@nifty.com まで

 エリザベス・テーラー逝く

20世紀を代表する絶世の美女が、この世を去った。東日本大震災の陰にその訃報は届きにくかったようだが、本来であれば大ニュースと言っていいだろう!
ライブでは知らないが出演作品は何かの形で見てきたものばかり。子供ながらに、もの心ついてからもその魅力は多くのフアンを魅了してきた。
名犬ラッシー・ジェーン・若草物語・クレオパトラ、アカデミー賞の主演女優賞を二度も受賞。映画フアンには忘れられないスターであった。
どちらかと言うと私の中ではオードリー・ヘプバーンであったがそれでも世紀の美女には変わりなかった。
日本でも往年のスターが次々とその姿を消していくが一世を風靡したという共通の視点からすると、どこかで映画フアン同士どこかで語り合いたい気もする。
私は時代劇(日本の)を観て育った方だから少しジャンルは違うのだが、今からでも良い作品は沢山観ておきなさいよと若者に伝えたい。
当時は時代劇に見るように日本は日本の良さがあった。フランス映画・イギリス映画・アメリカ映画他それぞれにその国らしい作品が並んだ。
そんな中から黒沢監督が脚光を浴び日本を知らしめる。まだ映画が全盛のときは娯楽の頂点だっただろう!
世の中が段々と様変わりし、全国から1軒また1軒と映画館が消えていった時代もあったのだ。
それがどうだろう!こんなに娯楽が増えた現代にあって再び映画は蘇った。国内外問わずそこには本物のスターが君臨したことで繋がったのだろうと思う。
今日本を代表すると言えば渡辺謙と言っているが、彼よりも遥かに素晴らしいスターは本当にたくさん居た。

エイザベス・テーラーの時代はそのまま日本の映画が全盛だったことを示している。
こうしたきっかけがないとなかなか映画談議などしないかも知れないが、映画にたけた映画バカがいる内に昔の良い作品に花を咲かすのもひとつの手かもしれない。
タイトルや主役が分かれば、今レンタルビデオってのもあるんだから!

 ありがとう!感謝の心こそ幸せになれる秘訣です。素晴らしい人生を!
 優しさや笑顔に触れて温かい気持ちになれるように、あなたの真心で!
 ご感想は shiawasekazokuyt@nifty.com まで

  伝えなければならない!

今朝の授業で童謡(唱歌)「叱られて」を歌った ♪
私はわりとマイナーな曲が好きで子供の頃からよく口ずさんで来た。特にこのマイナーな作品はドラマ性があって素晴らしい歌が多い。
きちんと知っていれば楽しく崩せることも教えながら何度も歌う。若い人はまったく知らないからどれもこれも新しいジャンルで新曲に思うんだろうか!
「とおりゃんせ!」もそうだ!「七つの子」もまったくその通り、昭和という時代と平成も20年をすぎた環境では歌の意味さえ分からない人もどんどん増えてくる。
チーフ、今度叱られてを教えてくださいということでこの作品になったが、本物の歌はどこか違うのだろう!
感性を大事にしなさいよって教えて来たが、その情景を理解さえすれば更に素晴らしい歌だってことが分かるんだけど世の中はその殆んどが変わってしまった。
神社やお寺の境内は絶好の遊び場だった私らの頃と何でもかんでも様変わりした中であえてこうした作品に挑戦している。
演劇の練習が主ではあるが、人の心の優しさみたいなものが童謡(唱歌)には沢山詰まっていて感情を引き出すには最適なような気がしてならなかったのだ。
世の中には、「童謡を歌う会」なるものもあるらしい!しかし活動している殆んどが子供の頃に歌っていたご年配なのだ。
若い生徒が口ずさむ叱られてもとても素晴らしい。情景を教えてあげると一生懸命メモを執っている姿に不思議さを感じるがそれで良いのだ。
ずいずいずっころばし・・・ゴマみそずい ♪  か~ごめか~ごめ!か~ごの中の鳥は・・・
目を白黒させながら聞いていたが歌わせると私と違ってまた味がある。

鯉のぼりより高い家ばかりが建ち並び、シャボン玉もその美しさは昔のそれと全く違いすぎて、やっぱり無理なのかな・・・と思うことしばしばだったが、昔の童謡の良さは何とか若い人に伝えたい・・・
中にはこうした生徒さんもいるのだから我々が諦めてはいけませんな~・・・

「思いやり」や「心づかい」が大切だと今回の地震以降どのチャンネルでも訴え続けている。
「思いやり」や「心づかい」はこうした童謡にはいっぱい詰まっているように思いませんか?

これだけの大惨事ではあったけど、この大惨事がきっかけでもう一度あの素晴らしい日本人の心が残せるのならせめてもの救いのように思う。
日本人の心ほどそうした優しさにたけたものはないのだから、もう一度原点に還って良いものを若者に伝えて行きたいと強く思った。

 ありがとう!感謝の心こそ幸せになれる秘訣です。素晴らしい人生を!
 優しさや笑顔に触れて温かい気持ちになれるように、あなたの真心で!
 ご感想は shiawasekazokuyt@nifty.com まで

 負けないで! 頑張ろう!

あえて翔くんにメッセージを贈りたい。
私は翔君の職場の状況を聞いたとき、大きなショックを受けていた。こんなところまで影響が・・・(>_<)
外国人を相手の職場だけにその殆んどが母国に避難した結果の悪夢だった。
日頃から人一倍明るい性格でお稽古場の人気者だった翔君の話を聞いて他の生徒さんもショックを受けていたのだ。
私たちが一生懸命お稽古して帰って来たらまた会えるように・・・と みんなが待ってるよ!
彼は当日本舞踊教室にあって貴重な男性陣の一人だ !
私がよく明るいことの大切さを訴えているが翔君はまさにお手本のような人物。
どこに行っても好かれるその性格で、職場でも人気者なんだと思う
その彼が職を失うかもしれない連絡が入ったからさあ!大変。(>_<)

連絡を受けて2週間。今頃九州のどの辺を彷徨っているんだろうと本気で心配していた
一生懸命お稽古して今年の秋がようやく発表会だというのに・・・。落胆の気持ちが分かるだろうか?彼とは何があっても縁を切らずにいたかった。それほど大切な若者なんだ!
やっとの思いで見えない彼にメールを打った。彼からメールが返ってきた(^_-)-☆
『まだ東京です(笑)悪あがき中です。職場は外国人様々なお店なので、原発が落ち着くのが先か、お店が潰れるのが先かという感じです(笑)  既にお稽古場が懐かしいです。
今の職場か別の職場で落ち着いたらまた通わせて下さいm(__)m
チーフも地震酔いに気おつけて下さいね〓〓揺れてるのか揺れてないのか分からない人続出みたいです』
良かった。なんとか収まるといいね!

本当にもうこんなことが起きないことを祈るのみだが、一方ではこういう時だからこそ「絆」を大切に一緒に頑張りたいと思う。
お陰さまで翔くん以外誰一人欠けることなく(翔くんごめん)お稽古が進んでいる。初秋には発表会!ここで仕上げる構成がそのまま被災地でご披露できることを願っている。
今は夢中で考える暇もないだろうが、月日の流れが被災者の人たちに疲労と精神的な打撃を大きく増していくばかりではないかと思っている。私たちが頑張ってお稽古を続け、少しだけ落ち着いたら元気になってもらいたい祈りを込めて是非みんなで訪問したいと思っている。
本当は翔くんに先頭になってもらいたいと思っていた。優しい彼だからその趣旨が反映されきっと成果が得られると考えている。
翔くんが落ち着く日も考えないといけないね!きっと良い結果が待っていると思うから負けないで!
頑張ろう!発表会は一緒だよ!

 ありがとう!感謝の心こそ幸せになれる秘訣です。素晴らしい人生を!
 優しさや笑顔に触れて温かい気持ちになれるように、あなたの真心で!
 ご感想は shiawasekazokuyt@nifty.com まで

 これが下船病だ!

そう言われれば経験がありますね!
7年ほど前だっただろうか?私は友に誘われ「ひらめ釣り」に行くことになった。人一倍海が大好きだからまるで子供のような喜びよう。どちらかと言うと多少の川釣りに経験があっても本格的に釣り船で向かうなど私にすれば画期的な出来事だ。
午前3時起床で千葉県御宿に向かう。4時を回ったころ船に乗り込み出発だ。意気揚々と甲板に立ってまるでドラマの主人公のように心地よい風を受ける。沖へ1時間も進んだ頃、なんだか体に異変を感じて来た。
つまり船酔いの症状だった。到着する頃はとんでもない海の荒れようの真っただ中に居た。
船体はビルの5~6階ほど高く打ち上げられたかと思うと波に飲み込まれるようにその反対と繰り返す。
もう釣りを楽しむなんて次元ではない。しかし私のような初心者は2~3人であとは殆んどが釣りの愛好者。ビールを口にしながら準備に入る。私は釣りどころではなかったが、折角来たのだからと餌を付けてもらって一番に糸を垂らした。するとどうだろう!垂らして2分もしない内に引くではないか?
慌ててリールを巻くと船長が怒鳴りだした。「慌てない!慌てない!ゆっくり引いて、ゆっくり巻いて・・・」と指示が飛んで来た。瞬間船酔いを忘れ必死の形相(笑)
海面に座布団のような物体が見えた。ひらめだ!「大きいぞ!」と周りが騒ぐ・・・。何人かが寄って来た。その助けを得てタモにようやく入れた。入ったひらめの大きいこと。6kg弱のとんでもないものがかかったのだ!
しかし、その後はもうギブアップ!胃の中のものがえぐり取られるほどの苦しさに船底でダウン。気がついたら船は御宿の港に着いていた。もう12時をすでに回っていて昼食どきなのだ。んんんん?とんでもない!食事など考えただけでも恐ろしい!当時は私の釣り上げたものが最高に大きいサイズですぐにインターネットで紹介された。
20代の頃、ポカポカ陽気の伊勢湾の楽しい手釣りとは大違い。
陸に上がって2日間も揺れは収まらなかった。

つまり、今回の地震での体験がそのまま「下船病」となってその症状を表していたのだ。11日に起きてもう10日以上も経っているのに何故かその揺れが収まらない。釣りと違うのはそこに恐怖が伴っていたせいで余計そうなのかも知れない。
吊り下がっている懐中電灯やルームキーを見ても全く揺れていない。しかし、私の中ではときどき瞬間的に大きく揺れるのだ。
この場合、変に安静にしているのではなく、首の運動や軽いジョギングといったように体を動かすと良いそうだが、私には外に出れば花粉という大敵が待っている! 困ったものだ!

 ありがとう!感謝の心こそ幸せになれる秘訣です。素晴らしい人生を!
 優しさや笑顔に触れて温かい気持ちになれるように、あなたの真心で!
 ご感想は shiawasekazokuyt@nifty.com まで

 頑張ってる消防隊員を処分する ?

もうまったく話にならない! またも政治家の発言だ!(>_<)
自民党の海江田万里大臣が「命令に従わなければ処分する」と言ったのだ!

こんなメッセージが届いた!
『被爆の危険と困難な現場で、重要任務を無理強いするかの⇒海江田発言(命令に従わねば処分)を、消防隊員並びに関係者や家族はどう受け止められるのだろうか・・・
ご本人・家族としたら、どう感じますか?

私には、
「重要な作業であるが危険性も高いが、そこに鍛えられ選ばれし皆様に、今次の緊急事態の改善・危機脱出の為の放水作業をお願いしたい」と、配慮を示し、志願を前提に感謝と敬意をはらいつつ要請するのが、役職以前に素直な対応、人の道、お願いし送り出す場合の礼節・道理だと思うのですが・・・』・・・と。

そして総理が頭を下げ謝罪した。当の張本人は「そういうことで不快な感じを与えたのであれば謝罪したい」。
いかに国民の代表を選ぶことが難しいかだ! つねに先生先生と崇め奉られて過ごして来たかがよく分かる。
錯覚していませんか?
だから私はネクタイを外せと言ったのです。もう感覚が違うとしか言えません。

他にもこんなメッセージが届いた。
『私は茨城在住で災害にも遭っていないので消防のように第一線で協力はできませんが、体力だけは人一倍自信をもっています。友だちと相談した結果ボランティアの活動もまもなく必要とされる情報が入って来たので頑張って手伝いたいと思う。家内も頑張ってと協力してくれようとしている。そんなときに入って来た海江田発言。
発言とは心が外に出ることをいう。恐ろしい大臣だ。感謝の気持ちなど微塵も感じられない。このような人物に国なんか任せられない。
失言として、放った後で問題が起きたと感じ謝るくらいならだれだって出来る。私が被災地に行きたいと思えたのは経営者が許可をくれたからだ。残った者で業務は賄うから会社代表で行って来いと言ったのは当社の経営者だ。
大臣とは月とすっぽんほど違う。
同じ日本人が死ぬほどの思いで苦しんでいる。それなのにこうした政治家は殆んど他人事なんだ。

どこの党というのではなく、こうした時期にしっかりと国政を任せる人間を見極める必要があるだろう。
このニュースを耳にし、みんな命がけで頑張っているのに不愉快で仕方なかった。

メッセージありがとうございました。
「今私にできること」、日本は勿論のこと、世界中が温かい支援の気持ちでいっぱいです。
私の周りにも、本当に素晴らしい笑顔を振りまいてくれる人がたくさんいます。昨日もメールが届き喜びでいっぱいでした。何が喜びかというと心から優しさの伝わってくる笑顔だからです。
思いは伝わらないけど思いやりは誰にでも伝わると盛んに今テレビで流れています。
しかし、彼女の思いはしっかりと伝わるんですね!
常識の中で復興に向かわなければならないのに、勘違いしている人間(大臣)が指揮官では適いませんね!
まだまだ余震が続いて心身ともに疲労困憊だと思います。

やがて来る桜前線に希望を託して心明るく元気でいてください。諦めないで頑張りましょう!
みんなが集まれば必ず大きな力へと膨らんでいきますよ。

 ありがとう!感謝の心こそ幸せになれる秘訣です。素晴らしい人生を!
 優しさや笑顔に触れて温かい気持ちになれるように、あなたの真心で!
 ご感想は shiawasekazokuyt@nifty.com まで

  震災を「天の恵み」発言 !

大阪府議長・長田義明氏の失言が波紋を呼んでいる。
今朝の新聞にこんな悲しい記事が載っていた。『大阪府議会の長田義明議長(76)が、東日本大震災で大阪湾岸部の府咲洲庁舎に壁面損傷が出たことに関連し、「(震災は)天の恵み」「起きて良かった」などと発言していることが21日、明らかになった。こう報じられていた。
翻意は他にあったようで「言葉を探しながら話したつもりでしたが、言葉の選び方がまずかった。被災地の方々におわびしたい」と謝罪した。』
失言?こんな人物が行政に関わっているかと思うと本当に嘆かわしくなってしまう。被災者の心を逆なでするどころか国民感情からしても決して許せることではない。
これはつまり、日頃から心の置きどころが横柄だからだ。昨今の政治家にも言えることだが、最近の政治家は口を揃えて「国民のため」「国民のため」と言葉に出して訴えている。
国民のためにやっているんだ・・・などと得意気に言う内容ではない。以前、職業と聖職について語ったことがある。政治家はまさに聖職なのだ。人のために尽くす最たるものでまさに心で行動すべき立場でなければならない。
私は仕事がらよく日本舞踊の波島陽子先生を引き合いに出すことが多いが、先生の心はまさに聖職そのもののような気がしてならない。
昨日、生徒さんから「長襦袢を通信販売で買ったんですが、30,000円もしました。こんなに高いんですか?」とメールが届きました。波島教室の生徒さんはその殆んどが若く、従来の日舞の世界(しきたり)ではとってもお稽古出来ない年齢層です。
お稽古代金にしても、衣装やお稽古着等にしても、出来るだけお金をかけさせないようにしています。
私も日舞の世界については知っている方ですが、衣装を斡旋したり、振付けをしたり、発表会だと言ってはその都度お金がかかってしまいます。本当はそれが現実なんです。
しかし、波島先生はお稽古時間もその殆んどを生徒さんが通いやすいことを最優先して対応しています。本来は先生の予定に合わせてお稽古を組むものですがその反対です。生徒さんがどんどん増えていくのが分かりますね!
中には先生の心に気づいていない生徒さんもいるかも知れませんが、生徒さんよりも頭を低く生徒さんの成長を夢見て指導している姿は感銘すら受けます。その優しさが生徒に当たり前になってしまうことは恐れます。
生徒さんは生徒で、その師の姿を鏡とし成長して欲しいと願っています。
私がよく「おもてなしの心」と言いますが、波島教室の生徒さんの殆んどがしっかりとその心を受け継いでいることと、そうした心を持った生徒さんが多く集まってくることに「あぁ~!素晴らしい教室だな~」と感じています。
心の持ち方は決して相手を傷つけたりはしません。これは日頃の積み重ねから来ることと謙虚な心なくしてそうした優しさにはめぐり合えないのです。
高いか安いか分からない長襦袢、先生は親切に対応することでしょう!本当は購入する前に先生に相談すれば良かったのにとは思いますが、着物関係は生徒さんが思っているほど安い世界ではないんですね!
「本物を買う前に、お稽古の段階はその段階に合わせて揃えたらいいですよ!」先生はそう言うに違いありません。
政治家もその姿勢を見習ってほしいものです。

 ありがとう!感謝の心こそ幸せになれる秘訣です。素晴らしい人生を!
 優しさや笑顔に触れて温かい気持ちになれるように、あなたの真心で!
 ご感想は shiawasekazokuyt@nifty.com まで

 火事場泥棒と風評被害

「16歳の少年と88歳のおばあちゃんが9日ぶりに救出された」、このニュースは世界中に一斉に報道され多くの感動と希望の光をみた。
助かるにはそれなりの諸条件が備わってのことだろうが、力を振り絞って少しの隙間から助けを求めて屋根に出た少年の底知れぬ精神力があってのことっだったと思う。良かった良かった!言葉のかけようもないが本当に良かった。
災害から10日ほど経っていろんなものが見えて来た。被災者は勿論自衛隊、消防関係者、ボランティア等々多くの皆さんの必死な努力を元に何とか早く復旧させようとする姿も見えてきた。
からと言って将来をどう歩いて行ったら良いのか生きたら良いのかはこれから先深刻な問題として襲いかかってくるんだろうと思う。

とかろがだ、国家の危機だとするこの事態に便乗して数は少ないが心無い人間がまたしても人の不幸につけこんで悪事を働いているニュースが飛び交った。
こうした人間は決して許してはいけないしこうした人間にこそ天罰が当たるべきだろう!
日本中、いや世界中が心をひとつに応援をし復興を祈っている最中に、まさか日本にもいるのかそんな馬鹿者がと腹立たしくなってくる。世界からいま日本が注目され評価されているだけに残念でならない!
また、物資が不足しているとか、放射能の汚染度が等々一般の者があまり根拠のない中で間違った個人的な意見を発信しない方が良いとつくづく思う。
今日も秋葉原のヨドバシカメラに出かけたのですが電池等の売り場に「お一人様1パックまで」等々の貼り紙が多く出て異常な雰囲気が伝わってきた。
「スーパーでも決して物がないのではありません」と伝えている。あまりの非常事態に一瞬どうして良いのか、これからどうなるのか、との不安から買いだめという心が働いたのだろう。
事実、私も電池が変えず一瞬どうしようと悩んだ。親戚や知人にお願いして電池を確保することは出来たが、いざというときの人間の心理はとても弱い方に行ってしまう。
ほうれん草に放射能がと報じられればその商品はまったく売れなくなってしまう。
福島原発でも放射線の数値にかき回されてその殆んどが避難してしまう。これも心理としては仕方のないことかも知れない。
しかし、そんな中でその場(持ち場)を離れず懸命に職務(役割)を遂行している人が実際にいたのだ。
彼ら彼女らこそ本物の英雄なのだろう。
まだまだ予断を許せない状況下だが家を流され肉親を亡くし、全てを失ってしまった人たちのことを考えて間違った行動に走らないように我々もしっかり歩いていかなければならないと思う。

前述の火事場泥棒などもっての他で万一発見したら決して許さないよう対応するべきだと思う。
なんと今日はお彼岸の中日なのだ。 負けないというところを先祖に報告したいですね!

 ありがとう!感謝の心こそ幸せになれる秘訣です。素晴らしい人生を!
 優しさや笑顔に触れて温かい気持ちになれるように、あなたの真心で!
 ご感想は shiawasekazokuyt@nifty.com まで

 君たちは何のために政治家になったのか?

2011.3.18 1時34分 634mに到達!

本来であれば、観桜会の準備(ムード)やスカイツリーの634m到達で賑わうはずだったニュースも新聞の片隅に本当に小さく遠慮気味に掲載されていた。

祝い事はどうしても慎みたい気分であることは事実だが、出来る祝いはしっかりしてあげなければいけないような気がする。甥の高校入学試験の合格の知らせを頂いたが素直に喜んで上げたいと思ったし、こんなときだから嬉しい知らせとして感謝もした。
ただ、公にはどうしてもスカイツリーのような発表の仕方になってしまうのだろう。
これから内装工事や細部に渡る仕上げに向かい、まもなく3基のクレーンが外されるときっと素晴らしい雄姿を更に見せてくれるものと思う。
地震が634mに達する1週間前に起きたのも何かの因縁なのかも知れない。
11日の地震で部屋からすぐに見たのがスカイツリーだった。あの地震でびくともしなかったのはさすがに頼もしい限り。 こんなに高い建造物でも地震に耐えられるのだから、きっとこれからの建築物も最高の技術で国民を守ってくれるそんな時代が来ることだろうと思う。
今回最大の被害を被った市町村では、おそらくここまでの備えをしてあればと自慢の堤防で構えていたにも関わらず、誰もが(専門家を含め)想像もし得なかった高さまで押し寄せてきたのだから自然の恐ろしさは半端ではないのだ。
不謹慎な思いかもしれないが、スカイツリーが倒れた場合、少なくとも640mもの周囲が恐怖となる。
以前水平思考という本を読んだことがあるが心配すればきりが無いのだ。
備えに最善をつくすことで教訓としたいものだ。
今回の被災地に、備えの美談があった。ある先生の指導で中学校の学生はいざという心構えがしっかり出来ていた。万が一津波が来たらの訓練はその中学生がしっかり小学校へ乗り込み高台へ高台へと機敏に行動したことで小中学生の殆んどが助かったという。
全員が心をひとつにして戦う良い事例を見せてもらった。
ところが、国会では総理の要請を断り、まだ心がひとつになっていない。現地の中学生にも及ばない非常に醜い戦いをこの期に及んでまだ続けている。
総理の要請を、結果自分たち(民主党)の手柄にしたいなどと思っていたとしたらとんでもないことだ。震災には協力するが・・・? 国がひとつになって国民を救うなどというスタイルは微塵も見られない。震災には協力するがって震災について要請しているのではないのか?いま、菅総理は民主党が優位に立つことを前提になどと決して考えてはいない。総理の要請を断った諸君!あなたたちが国の役に立つとは決して思わない。
国家の一大事を理解出来ない者が政治に関わっていること自体おかしい。あなたたちが不協和音の中にいる間でも被災地のみなさんは死ぬ思いで助けを求めている。 何度も言うがまず君たち(議員)はネクタイを外しなさい。
現場との一体感が全く見えない。政府は経験したことのない状況下で必死になっている。人間である以上決してパーフェクトではない。全てに解決してからあの指示がこの判断がまずかったなどと追及する前に、今現在一緒になって国民を救うことに一致団結するべきだ。
くだらない理屈を重ねてひとつになれないでいる国会議員にはほとほと愛想が尽きてしまう。
もう一度言おう! 君たちは何のために政治家になったのか?
正しく生徒を導いた先生に教えを乞うといい!

 ありがとう!感謝の心こそ幸せになれる秘訣です。素晴らしい人生を!
 優しさや笑顔に触れて温かい気持ちになれるように、あなたの真心で!
 ご感想は shiawasekazokuyt@nifty.com まで

 頑張れニッポン !

「沖縄が節電すればその電力は被災地に届くんですか?」と真顔でFAXした人がいた。???
勿論、被災地の電力事情は大変なものがあるが意味がちがう。
計画停電をどうして実施しなければならないのか? つまり、今回の東日本にどれほどの影響力のある電力施設が破壊されたかがここで改めて分かったと思う。
特に都会の各施設事業所はおろか一般家庭に至るまで破壊されたそうした施設の恩恵を受けていたかということが良く分かったと思う。
昔、田中角栄氏がこんなことを冗談で語ったことがあった。『都会の者があんまり田舎を馬鹿にすると「送電」をストップするぞ!』今でもそうだが、分かりやすく言えばあの山手線がどこから送られてくる電力で動いているかと言えば新潟から送られていたのだ。
都会にはそうした施設はなく、都会のために柏崎原発などが本当にその機能を果たしているのだ。福島にしろ、柏崎にしろ、危険と隣り合わせで居たことになる。そう考えたら、今回の地震で原発での放射能漏れは決して他人事で考えてはいけないのが分かるはずだ。
節電に協力をする意味を根本から考え直す良い機会でもある。
生涯に2度と遭ってはならないほどの大惨事!だから国民が今こそひとつになるんだということが理解出来なければならないと思う。
悲しいことに、政府から、野党より大臣の任命があった件で、この後に及んでまだ反発している議員がいる。今、政治家が一番働かなければならないときだろう。超党派ってどういう意味なのかここまで来ても理解できない議員がいる。今後はそうした議員を決して選んではいけない。議員はまず、ネクタイを外し泥まみれになって指揮官を補佐して欲しい。そうするべきだ!そうしなければならないのだ!
そして、我々国民は一人一人それぞれがしっかり自分の出来る協力を惜しまずやることだ。
被災者を可愛そうだとする心情は誰もが同じ。しかし私たちが何かをすることによって必ず早い復興を望めると確信している。みんなが心をひとつにする良い機会ではないか!
全世界が注視している中で、今こそ日本人の本領を発揮しなければならない。
当たり前のことを普段通りにしっかりとやって行こうではないか?それぞれが、今までやって来たことをしっかりやり続けないと本当に日本が機能しなくなってしまう。
特別なことは誰にも出来ないのだ。こんな時こそ普段通りが大切なんだと思う。もし、しっかりと協力するとすれば、国が呼びかける方針にしっかり協力することだろう!

まもなく日本中が桜の花で埋め尽くされる。被災地も、いつか笑って桜見物できるようにみんなで頑張ろうではないか! まさに頑張れニッポンだ!

 ありがとう!感謝の心こそ幸せになれる秘訣です。素晴らしい人生を!
 優しさや笑顔に触れて温かい気持ちになれるように、あなたの真心で!
 ご感想は shiawasekazokuyt@nifty.com まで

 コマーシャルが消えて!

震災から1週間! さすがにこれといったコマーシャルは一切流れていない。
くり返し聞こえてくるのが民間の広告ネットワークACJAPANで流れているこのCMだ。

「こころ」はだれにも見えないけれど
「こころづかい」は見える

「思い」は見えないけれど
「思いやり」はだれにでも見える


あたたかいこころも、おこないになって、はじめて見える。 その気持ちをカタチに。

日本中が本当にひとつにならなければならない今、しばらくは何度も何度も訴え続けて欲しい。

人に、こころがあるからホッと安心もし幸せにもなれるんだ。

被災地に避難している人の多くがこう言った。「私は元気だからもっと困っている人を早く助けてあげてください」と。
家族兄弟を亡くし、悲しみに打ちひしがれていても決しておかしくない人がそう言っているのだ。
こんなときだからこそ被災地の皆さんと何か共有しなければいけませんね。
明日から少しずつ暖かくなるとの予想! 風邪をひかないでください。
みんなで頑張りましょう!

 海なんか無い方がいい!

日本中が怒っている<`ヘ´>
15日にこんなブログを見つけました。 以下ご覧になってください。
『3月15日(火)
地震発生から中々ブログを更新できませんでした。どう表現していいやら・・・
民間放送局は情報奪取に気をとられすぎで腹が立つ!共同通信にしてNHKと合わせて2つもあればいい。
民間放送局のヘリコプターは数知れず空を飛び交い救助のヘリかと被災者からは誤解を招き、救援物資を搭載した放送局のヘリは恐らく一機も無く、「今誰をお探しですか?」「今何が一番必要ですか?」 って、
そこまで聞くなら自分が責任持って運んで来んかい!現地へ行けるのに・・・被災者に会えるのに・・・
みのもんたが言う。「情報が錯綜しております」
っておい!!
腹を立てても腹が減るだけ。当社スタッフの皆が言います、自分のできる事をしよう!私もそう思います。』
Sogachapin style

『3月15日
ユニクロの社長が5億円の寄付をした。韓国のスター・ヨン様が約1億円の寄付をした等々国内外から多くの義援金が届いている。このニュースに、ある不思議を感じた。月に1200万も母からおこずかいを貰っていた前総理鳩山氏が動いたという話も、最大の被災地でもある東北出身の小沢一郎が動いたという話も全く伝わって来ない。
先日石原都知事が今回の災害に対し天罰発言をしたが、私は小沢一郎に天罰が下ったんだと感じている。あれだけワンマンな行動をしていた地元に起きた災害。この事態に小沢一郎は何をしているんだ!
地元の人には申し訳ないが、もしも天罰があるとすれば小沢一郎に下ったのだろう。彼はこの災害で苦しむ人を助けることなんか出来ない。国民は今回の災害できっと多くを学ぶはずだ。』 茨城県ikariman

また後日ご紹介するとして、各ブログを覗いて見ると非常に厳しい辛辣な意見が多い。最初のブログはまさにその通りです。「情報は共同通信にしてNHKと2つもあればいい」は本当に的を得ている。
つまり、民放は全てこの事態をショーアップしているから間違いなんだ。現場で困っている人を見つけ、最悪の状況下で良い映像?を追い掛けているからこそ「今何が必要ですか・・・」となる。
局(取材陣)にすれば報道の義務(役割)と言うのでしょう。これだけの状況下にあってネクタイ姿でテーブルに肘をつきながら話している姿に共感など全く得られない。まるで指揮官のように地方局の取材人をコントロールしている姿を見ても腹立たしくさえなってくる。心の仕掛けがあまりにも違いすぎるからだ。
文句を言いたいのではない。報道は娯楽番組を担当しているような人物(司会者)が担当することでないことが本当に良く分かる。
家族を亡くした人にどうしてマイクを向けようとするのか?本当にこうしたことはNHKにでも任せて、民放は何が出来るか?何をすることがよりベターなのか考えるべきだろう。
諸外国での日本の評価などそのひとつで、役に立てる制作の在り方は沢山あるように思う。
報道もやはり専門家に任せるべきだろう・・・。
2つ目に紹介したブログに私にもひとつの思いがある。
災害が起きたからではなく、近年の政治家の行動に腹立たしさを感じていたのは私だけではないはずだ。
今回の都知事が「天罰」と言ったのは無様(ぶざま)な政治家に発した言葉なのだ。

いかに普段いい加減な姿勢で仕事に取り組んでいたか、こういうときにこそそれが露呈するのだ。
政治家にだけ言っているのではない。 娯楽報道キャスターにもの申しているのだ。
涙を浮かべながら・・・「海なんか無い方がいい・・・」と訴えていた女性を見たか!?どうしてそれをショーアップした扱いに出来るのか?
この一大事に本気で体制を整えよ。そして不的確なパーソナリティーは全て外すべきだ。

 ありがとう!感謝の心こそ幸せになれる秘訣です。素晴らしい人生を!
 優しさや笑顔に触れて温かい気持ちになれるように、あなたの真心で!
 ご感想は shiawasekazokuyt@nifty.com まで

 こんなときだからこそ冷静に! 協力し合っていこう!

3月15日、各スーパーに出かけたが全てこんな有様だ! が~ん!
これはもう戦争に近い状態だろう・・・ (>_<)

インスタント

ここにはいつもカップラーメンやインスタントラーメンがケース狭しと積んである売り場だ。
これは浅草の西友の様子だがどこのスーパーに行っても同じ。 奥で係員の大きな声が届く!「米が入荷しましたよ~・・・」と。 逝ってみると台車いっぱいに積んで来たお米が本当にあっという間に消えてゆく。やはり異常だ!
保存食品はもう何ひとつ残っていない。

冷蔵食品

このケースは水やウーロン茶・ジュースのケース。
何と言うことだろう!

冷凍食品

ここが冷凍食品のケース

こんなことがいつまで続くんだろうか? 昨日も紹介しましたが、各食品売り場に殺到してどんどん商品が無くなっていく状況下であっても、「ああ!もう無いんだ・・・」、「被災地の人たちを思えば贅沢言ってられないわよね・・・」と。
そして、ある主婦が旦那さんにこんなことを言っていた。「あなた!しばらく梅干しとご飯があればいい?・・・」
「大丈夫だよ! 我々も頑張って節約しなきゃ・・・」
言葉を強く言いたいところがここにある。 これが日本人だ!
どの範囲までこうした影響があるのか分からないけど、じわじわとまるで津波がゆっくり押し寄せてくるような食糧危機を迎えているようにも思う。
勿論、コンビニにも当然そうした食品は殆んどが空っぽ状態だ。

慌てて、争って買いあさる光景はまったく見られない。食べる物が無くなったときにどう行動するか注視されるところだが今日の光景を目にして何かほっとひと安心といったところだった。

一緒に戦いましょう! こんなときは本当にお互い様だと思います。
昨日、諸外国からの嬉しいお言葉を見せて頂きましたが、今日のニュースでもこうした国民の行動に対し本当に多くの称賛を浴びています。
まさにこれが日本です。 こういう時だからこそますます心をしっかり持って、日本人としての誇りを持ち続けていきましょう。

東京の状況をお伝えしましたが、被災地はこんなものではありません。
私たちがしっかり日本を支えて行きましょう。 今だからこそ私たちが世界にメッセージを送れる最高の機会なのかも知れません。
そうした意味では、復興した後の光明はこれこそ神の国として再認識されるに違いありません。
国も(政治家)そうしたことを胸に、自信をもって国民を引っ張っていって欲しいと願うばかりです。

それぞれが、それぞれの持ち場に帰って、いつも通りに頑張って歩くことがどんなに大切で重要なことか知れません。 
被災地からは、まだまだ想像を超えるニュースが入ってくるかも知れません。 

心を合わせることで必ず乗り越えて行きましょう!

 世界各国から称賛の声 !

日本人で良かった! 日本を誇りに思います!

「素晴らしい生徒さんは私たちの自慢です」
こんなメールが送られてきました。 まさに日本人の美しい心ですね。 ありがとう!
以下原文そのまま・・・  素晴らしい内容です。最後まで目を通してくださいね!


昨日はお稽古で陽子先生、チーフのお顔が拝見できてとてもホッとしました。
不安な時にああやって皆さんのお顔を見ることができることでどれだけ救われるか…。
本当にありがとうございました。
お稽古を通して、皆さんの笑顔を通して心を落ち着かせることができました。
妹とも地震以後はじめて会えたので安心しました。
昨日のお話、またチーフのブログにもありましたが、こういう状況の中だからこそ、日本人の素晴らしさが特に際立ちますね。
わたし自身も地震直後の日本人のマナーには心の底から感動し、なんて素晴らしいんだろうと思いました。
以下、既にご覧になってるこかと思いますが友人のブログに掲載されていた、ニュースからのコメントを抜粋してまとめたものです。
長文ですがよかったら☆ ・・・・・

「外国人から見た日本人」
潘基文(パン・ギムン)国連総長
「日本は世界で助けを必要としている人たちに対する最大の支援国の一つ。この極めて困難な時に、国連は日本国民と共にある。われわれは(日本のために)全力を尽くすだろう」
オバマ大統領(アメリカ)
「私は日本には特別な思い入れがある。ハワイで日本人や日本の文化に触れてきた。今回の地震は胸が押し潰される思いだ。でも私は楽観的だ。あれだけの経済や技術を築き上げてきた日本人だ。必ずこの困難を克服するだろう。そのための支援をわれわれは惜しまない」
CNN(アメリカの全国ネットテレビ局)
「有史以来最悪の地震が、世界で一番準備され訓練された国を襲った。犠牲は出たが他の国ではこんな正しい行動はとれないだろう。日本人は文化的に感情を抑制する力に優れている」
米ニューヨーク・タイムズ(電子版)は11日、 「日本への同情、そして称賛」と題するコラムを掲載。
阪神大震災時に東京支局長だったニコラス・クリストフ氏が執筆し、 「きょう、私たちの気持ちは皆、日本の人々とともにある」 とエールを送った。
中国主要紙は、
「破壊度は(2008年の)四川大地震の20倍」と報道。 日本批判の書き込みが多い中国のインターネットには 「四川大地震のときに日本は支援してくれた。今回は中国の番だ」「がんばれ日本人」 などと励ましのコメントが多く寄せられた。
日本の災害を喜ぶ書き込みもあるが、「中国人の恥だ」と批判が殺到している。
1999年の台湾中部大地震の救済・復旧を指揮した李登輝元総統も11日夜、 インターネットを通じ「台湾で起きた大地震を思い出し、現在の日本の皆さまの不安や焦り、悲しみなどを思い、刃物で切り裂かれるような心の痛みを感じています」 「自信、勇気を奮い起こしてください!」 と激励を発表した。
以下は各国のサイトなどからの抜粋コメント。(転載)
CNNの専門家の言葉
「日本の国民はミラクルだ。被害は確定しないが、他国だったら数倍の被害になっていただろう」 「ハイチの500倍以上の威力の地震で津波到達まで5分しか時間ない中で、信じられない対応だ」 「この国民には常に準備がある。この国は常に事態に準備ができるのだ」
物が散乱しているスーパーで、落ちているものを律儀に拾い、 そして列に黙って並んでお金を払って買い物をする。 運転再開した電車で混んでるのに妊婦に席を譲るお年寄り。
深夜の東京駅で目にしたのは、 未曾有の天災に襲われながらも整列してタクシーやバスを待ち、 粛々と家を目指して歩き、或いはじっと耐えて外で夜を明かす人々の姿 この光景を見て外国人は絶句したようだ。
この国民性、成熟度の高さ文化的な力は、どの国も勝つことはできない。
短文投稿サイト「ツイッター」の中国版「微博」では、 ビルの中で足止めされた通勤客が階段で、通行の妨げにならないよう両脇に座り、 中央に通路を確保している写真が11日夜、投稿された。
「(こうしたマナーの良さは)教育の結果。(日中の順位が逆転した)国内総生産(GDP)の規模だけで得られるものではない」 との説明が付いた。
この「つぶやき」は7万回以上も転載。 「中国は50年後でも実現できない」 「とても感動的」 「われわれも学ぶべきだ」 との反響の声があふれた。
湖南省から東京に留学し、日本語学習中に地震に遭った中国紙、 瀟湘晨報の中国人記者は、日本語教師が学生を避難誘導、 「教師は最後に電源を切って退避した」 と落ち着いた対応を称賛。
ネット上に掲載された記事には 「日本人のマナーは世界一」 「人類で最高の先進性が日本にある」 などの書き込みが相次いだ。
「日本の学校は避難所だが、中国の学校は地獄だ」 といった中国政府や中国人 の対応を批判する書き込みも。 2008年5月の四川大地震では、耐震性の低い 校舎が多数倒壊、 5千人を超える子どもが死亡。 生徒を置き去りにし、真っ先に逃げた教師が批判された。
過去のにも  1994年に広島で開催されたアジア大会の閉会式では、 6万人が立ち去った競技場の観客席に「ごみひとつ」残されていなかったことを、 各国の新聞が「恐るべし、日本民族」などの見出しで紹介した。
また同論説によると、1995年の阪神淡路大地震では、 地元の小さな金融機関が、被災者のために無利子、無担保、 「本人が連絡先を記入するだけでよい」との方式で、 当面の生活資金を貸し出したが、3年後にすべて返済されたという
「恐るべき事件」が発生した。 あらためて、日本人って素晴らしいですね!!!
最後まで読んで頂きありがとうございました。長文失礼しました。

 ありがとう!感謝の心こそ幸せになれる秘訣です。素晴らしい人生を!
 優しさや笑顔に触れて温かい気持ちになれるように、あなたの真心で!
 ご感想は shiawasekazokuyt@nifty.com まで

 日常に徹することの大切さ (地震関連)

頑張って欲しい精一杯の気持ちで「負けないで!」と叫びました。歴史上今までに経験したことのない大惨事に多くの日本人が一生懸命戦っています。
我が家の家具が倒れた、食器が割れたなどと恐ろしい体験の中で感想を述べましたが、被災地のみなさんのことを思えば、何も出来ないでいる自分が悔しくもどかしい気持ちではち切れそうです。
地震の翌日からお稽古を再開しましたが、日本舞踊という優雅な踊りをこの状態で続けていても良いのだろうかと随分悩みました。
未曾有の災害にその判断をゆだねられたような気がしていました。
世界中のみなさんが、それぞれに様々な職業に就いています。波島陽子のプロデューサーとして、今やるべきことは何なんだろうと考えました。恐い恐い!悲しい!辛い!と心配が優先していますが、だからと言ってこうしたお稽古ごとを中止することはない。今だからこそしっかりと修行を積んでその芸を身につけるべきだと改めて思っています。
私たちがどんなに心配しても被災地に行ってお手伝いするなんて状況では決してありません。国を挙げてプロの集団が的確に救助や復旧に当たっています。
都内も大きく揺れ高層階のみなさんもかなりの被害を受けています。まだまだその余震が震度7の猛威をもって襲ってくる可能性があるとのこと。 地に足を着けて、出来ることであれば平常の生活をしっかりとやるべきと思います。
波島は勿論のこと、お弟子さんも生徒さんも自分自身は勿論のこと、多くのみなさんを元気づけるその日のためにもここでしっかりとお稽古を続けたいと思っています。
特に、日本舞踊はもっとも日本人らしさを身につけられる素晴らしいものだと思っています。私がよく、日本の心とか日本人の心と表現しますが、私の外国の友から伝わってくるのは、まさに日本人の振る舞いが今世界中から評価されていることです。
言葉を選ぶとすれば、今日本人がまさにひとつになっているんだと感じます。菅総理は会見で涙ぐんでいました。今だからしっかりと頑張って心強くいましょう・・・と。
テレビ画面に映る駅での乗客の姿。騒ぎ出すといった光景はまったく見られません。整然と並んでいる姿に外国人はきっと驚いているはずです。
コンビニに、スーパーに、銀行に、略奪なんて姿は微塵も見られません。きっと世界中がその光景に敬意を払い称賛の目で見ているに違いありません。
国民の日常の行いが失われてしまえば国家も破たんしかねません。どんなに混乱しても日常の営みだけは失わず、日常やって来たことを出来るだけ淡々とやって行きましょう。
被災地のみなさんはどんなに辛い状況下にあっても歯を食いしばって頑張っています。何時復旧するかなど今は到底考えられない惨事ですが、少し光明が見えてきたら私たちは私たちで心が安らぐ心が和む、そして何よりも多くの被災されたみなさんを励ますことのできるよう一生懸命お稽古を続け、日本のおもてなしの心で応援をしようではありませんか?
何か所もが崩壊してしまいましたが、決して崩壊することのないモラルこそ日本人の心であり誇りに思っています。
今回の惨事を通して、私は改めて日本人の素晴らしさを知りました。悲しくも命を失ってしまった人たちのためにも立派な日本人として供養してあげたいと思っています。
それが分かったなら、きっと心で舞うことを身につけてくれるのではないかと期待しています。被災地のみなさんの戦いはこれからです。私たちは平常の行いをしっかりと続けることで被災者のみなさんを励ますことができるのではないでしょうか?
こんな時だからこそブレずにしっかり歩いていきましょう!

 ありがとう!感謝の心こそ幸せになれる秘訣です。素晴らしい人生を!
 優しさや笑顔に触れて温かい気持ちになれるように、あなたの真心で!
 ご感想は shiawasekazokuyt@nifty.com まで

  負けないでほしい!

謹んで震災のお見舞いを申し上げます 

世界観測史上最大級の地震 M 9.0と訂正されました。

想像を絶する震災に、まだ体のどこかでその揺れを感じています。
恐かったと言うより恐ろしかった。体感で震度8は感じたように思います。
「ビルがここまで揺れるんだ!」、この揺れなら倒壊しても決しておかしくない。そう思えた大きさだった。
よく地震体験機でその大きさを体験する車両を見たことがありますが、実際の家の中の家具や電気製品等がそこにあっての恐怖は半端ではありません。
そして、なによりその揺れの大きさは今になってもまだ体から離れず飛行機でも船でもない不思議な揺れを味わっています。

最初の夜は座布団を敷いた程度の睡眠で殆んど眠れなかった状態。急いで復旧させるべく1日夢中になって片づけをしていたせいか今は体の節々が痛く感じられています。
実際に被災されたみなさんは私が家具を食器を片づけたなどという範疇ではないと思います。
精神的に、思い出の家等或いは親族を失った多くのみなさん。お体には十分気をつけてお過ごしください。

誰もが太刀打ちできないこの自然災害。このたびの災害(地震)は日本国内最大の災害と言われています。
運命などでは片づけられない辛く悲しいできごとですが、是非頑張ってもらいたいと心からお見舞い申し上げます。
頼れるは政治の手腕でしょう! 超党派でやらなければ動かなければならないのが今です。
国家最大の出来ごとと言っても過言ではありません。正しい心の持ち方をもって政治家が一丸となって人命救助、あるいは今後の支援に当たって欲しいと思う。
どうだろう!こういうときはネクタイや背広姿ではなく、全員が作業服を着用し口先だけでなく心から国のために働いて欲しい。心からそう願っています。
各党の代表者が出席しテレビ討論をやっています。「こういうときこそ民主党には頑張ってもらいたい」と発言する他党代表がいましたが、馬鹿もほどほどに・・・・です。
テレビ画面で今欲しいのは、政治家の一体感です。相手を責めたりの討論に出るような者は政治家を辞めるべきです。一致団結で国の舵をとることを忘れてはいけない!

被災されたみなさん!何を置いても今は健康管理が一番です。どうぞ健康だけは害さないように心強く持って欲しいと祈るのみです。
残念なことに命を落としてしまった皆さまにはかける声もありませんが心からお悔やみ申し上げます。
負けないで! 負けないでいてください! 負けないでほしい!

 天国からお迎え?

2011.3.11 PM2:46
仕事中に想像もしないことが起きた。11日午後2時46分頃のことだ。グラっと揺れたかと思ったらビルはまるで別世界。私はビルの9階にいたのでその恐怖は今まで味わったことのない地震と分かった。
瞬間逃げようとしたがここは9階だ!変に下へなど行かない方が良いだろう・・・、瞬時にそう考えたかどうかは定かではないが、次の瞬間ポーンとタンスの引き出しがまるでトリックのように飛び出した。合わせて揺れの大きさは増すばかり。
食器は殆ど飛び出す。次から次へと家具が倒れると同時にその揺れたるや私はもうここで死ぬんだ。そう思うほどの揺れ。

本棚が・・・
部屋は足の踏み場もなくくしゃくしゃに・・・

あとでニュースでは都内の震度5と言っていたがおそらく7の強か8くらいあっただろう!その間約2分。もう机の下にもぐりこむのが精一杯だったが3分ほどして部屋を見るとただ恐怖。
生れて初めてだ! 東京に地震が発生したらどうしよう!やっぱり他人ごとだったのかも知れない。備えが必要と思うのだが9階でこの地震が来たら動けないことが分かった。
まして12階建てのこのビルが倒壊するようなことにでもなったらどこが安全なのかもまったく分からない。死ぬときは死ぬんだからジタバタせずに居よう・・・!
そんなことは助かったから言えること。もう一度作戦の練りなおしだ! テレビを見ると凄いことになっていた。列島崩壊の凄い映像! M8.8は国内最大級の地震とか。
どれだけの犠牲者が出るんだろう! 部屋を片付けながら「家具が倒れたくらい我慢しなきゃ!」と言い聞かせても、私にはこの世で味わった最高の恐怖だったのだ。


 ありがとう!感謝の心こそ幸せになれる秘訣です。素晴らしい人生を!
 優しさや笑顔に触れて温かい気持ちになれるように、あなたの真心で!
 ご感想は shiawasekazokuyt@nifty.com まで

 坂上二郎さん 天国へ

ビートルズが来日し若大将(加山雄三)が全盛の頃、コント55号は誕生したのです。
昭和を笑いの渦に巻き込みテレビを通して日本中を楽しませてくれたその人(坂上二郎)が天国へ召された。飛びます飛びますと言って本当に天国へ飛んで行ってしまいました。
若い人にはコント55号の楽しさ面白さはライブで見ていないからその偉大さはまったく分からないのも当然だが、テレビ業界には是非シリーズを組んで当時の番組を再放送して欲しいと思う。
高度成長期に、素早い動きと新感覚のギャグで「クレージーキャッツ」「ザ・ドリフターズ」と並び明るい未来の象徴として国民にエネルギーを与えたものです。
先に運命の話をしましたが人は出会う人によって良くも悪くもその人の人生に大きな影響を与えるものだ。坂上二郎氏はその典型ではないだろうか?
歌手を夢見て上京してからは苦節十年というが、様々な経験の中彼は浅草で萩本欽一に出会うことになる。
奇しくも坂上氏が上京した年(1953年)は日本初のテレビ放送が開始された年だというから因縁のようなものがあったのかも知れませんね!
つい2~3日前に叔父の葬儀に行って来ましたが、人の一生のある意味儚さのようなものも感じます。元気であればあるほど病気というものは残酷に映ります。役者は舞台上で死ねたら本望とする人も少なくありません。役者貧乏と言って好きなことは苦労に感じませんが反面苦しい生活を強いられることは常のようです。
私のところにも歌手志望・役者志望・タレント志望の若者が何人かいますがその道程は決して平たんではないのです。この世界は特に時代が変わっても同じようです。
それだけに夢に向かっている若者にはなんとか成功して欲しいと思いますね。私の息子なんかもきっとお笑いの世界に行ったら絶対に成功するんじゃないかと思う時期がありました。環境が変わらなければそうしたかも知れません!本人も真顔で「さんまの弟子になりたい」と言っていた頃がありましたから。
考えるに、素質・素養というものがあって、努力したからなれるものでもありません。たゆまぬ努力と素晴らしい出会いに巡り合えてこそ成し得るものではないでしょうか!?
偉大な先人に学ぶことで供養としたい。そんな思いです。昭和の灯がまたひとつ消えた。そう感じるのは私だけではないでしょう。心からご冥福をお祈りいたします。合掌

 ありがとう!感謝の心こそ幸せになれる秘訣です。素晴らしい人生を!
 優しさや笑顔に触れて温かい気持ちになれるように、あなたの真心で!
 ご感想は shiawasekazokuyt@nifty.com まで

 親の教えが心の支え

8日、納棺ぎりぎりに叔父の待つ自宅に着いた。
驚くほどの雪はまだ多くの家を覆っていました。訃報を聞いてからお通夜に間に合うよう忘れ物のないようにと時間を費やしやっとその時間に間に合うことができた。
2年間の闘病生活もあってか久しぶりに会う叔父のお顔はすっかり面影すら無くしていました。昨年6月に叔母さんが亡くなったときにもその様子は伏せられていたというから辛い話だ。
可愛いがられた多くの孫たちは目を真っ赤に泣きじゃくり、その光景が余計涙を誘う。
どんな事情があるにせよこうした別れは辛すぎる。
新潟の長男の近くにある病院で療養中だったそうだけど、故郷塩沢に帰りたい帰りたいと大変だったらしい!
ふと周りに目を通すと懐かしい顔がずらり!母の兄弟は6人兄弟であと残るは2人の叔母だけになった。
母のすぐ下の叔母は不思議なくらい母に似てきて驚きだったがみな年をとってしまいました。
母の実家だっただけに今回亡くなった叔父夫妻には本当に子供のころから特別に可愛がっていただいた思い出ばかり。
酒が好きだったからと通夜の晩は親族で思い出話しにふけった。

2.jpg

通夜が明け告別式当日はまぶしいほどに晴れ渡った。旅立つ叔父をみんなで送り、火葬場を出るときにはパラパラと舞う雪に言葉にならない感動を覚えた。奇蹟だ!
一生懸命生きて来たからだね! 魚沼中の人たちがありがとうの雪なんだよ!そう思いながら再び葬儀場へ向かった。
叔父には二人の息子がいる。私の従兄弟だが久しぶりに会った彼の家族に驚いた。多くの参列者の中にあってひときわ目立つ男性がいたが、彼がその従兄弟(二男)の息子だとすぐに分かった。
すがすがしい様子に輝きさえ感じる好青年は現在外国で新妻と暮らしているんだそうだが、実に父親そっくり。
優しく思いやりのある息子を称え、彼の子供たちの育て方をほめてあげました。
今どき珍しいほどに親思いでありお祖父ちゃんの葬儀に駆けつけたその姿は叔母さんにもそっくりな心根を感じ、よくここまで立派に育てたねの私の言葉に彼はしっかり応えてくれました。
「自分はおふくろに教えてもらったんです。母が口でなど言うことはなかったけど、母の生き方はそれは人に優しく、常にみなに平等に接する姿にその教えを乞いました」と。「だから子供たちにもこうした生き方だけは伝えたいと思っていままで頑張って来ました」。その口調にも愛情や信念のようなものを感じ、感激してしまいました。
いろんなことがあっても、仏様はみなに平等にこうして集う機会を与えてくれる。
せっかくの感謝のこの機会、大切にしたいと新たな気持ちで帰りの新幹線に乗りました。

どう言葉をかけることが良いのか分かりませんが、しっかりとありがとうとお別れさせていただきました。
「あなたと出逢えてよかった・・さまざまな想い、出来ごとがあったけれど良い人生でした」と結ばれていました。

 ありがとう!感謝の心こそ幸せになれる秘訣です。素晴らしい人生を!
 優しさや笑顔に触れて温かい気持ちになれるように、あなたの真心で!
 ご感想は shiawasekazokuyt@nifty.com まで

 トンネルを通り抜けると雪国

12.jpg

越後湯沢駅はまだすごい雪景色でした。 まさに川端康成の世界・・・

11.jpg

待っていたのは「ほくほく線」

6.jpg

今朝の晴れ渡った雪景色ですが、なんとまぶしいほどの好天に恵まれたのです

7.jpg

これ何だか分かりますか? 消雪パイプのノズルがこれです。
町中に設置されたこのノズルから井戸水が噴射します。井戸水は水温が高いから雪はまたたくまに消えます。
おかげで地盤沈下を起こすほど町中に湯気が上ります。

10.jpg

もう3月9日ですよ! 故郷はまだまだこのような雪に囲まれています。

8.jpg

1.jpg

早く春が来るといいですね!今年の半端でない雪がもたらした光景でした。

 運命の不思議

その人の運命は生まれたそのときにすでに決まっているんです。これはきっと神様だけが知っているんですね。
人間は真面目に生きていれば必ず良いことに巡り会える。頑張ったから幸せになれたんだ!そんな会話や講話を聞いたことありませんか?
確かに努力して一生懸命頑張った人にご褒美や勲章が来るように思いがちですが、それが大切だと思っていても性格上どうしてもその努力が出来なかったとか・・・!
それは違います。転んでも起き上がる心根は生まれたとき既に与えられたものなんです。環境が更に様々にその影響を与えているだけなんです。
最近のNZの地震を思い出してみてください。あんなに頑張って夢に向かって歩いていたのに!学校長を退き更に世の中のためにと頑張っていたのに!そんな素晴らしい人がどうして死んでしまうのですか?ましてこれからだという十代の学生をみれば気の毒で言葉もありません。
しかし、これがその人の運命だったのです。生まれたときに十数年経ってNZで命を失うなど誰も考えもしないことです。
冒険もしないでコツコツ歩いている人はたくさんいます。危険に近寄らないだけ災害や事故に遭う確率は少ないかもしれない。冒険心のあることが必ずしも素晴らしいことではありませんがその先に待っている様々な出来事はコツコツ歩いている人には決して巡っては来ません。
私の幼馴染で、小学生の頃は手のつけられない悪ガキがいました。とても語れたものではないいわゆる悪い子です。もういたずらの限度を超え、周りの仲間は日々戦々恐々としていたものです。
彼は中学を卒業とともに就職して行ったので再会するまではその存在すら忘れていました。その後彼に会ったのは20年もしてからです。勿論彼は結婚していました。
ところがです。ところがなんです!地元に帰って働いていた彼の評判はそれは素晴らしいものでした。町中に知らない人はいないほど「いや~彼は素晴らしい男だ!」との評判だったのです。
たばこを吸わない、酒をそれほど飲むわけではない。人のために、会社の中堅として管理職に就き頑張っていました。
「エッ!これがあの彼?」、目を疑うほどでした。物静かで本当に真面目そうに見えるその顔にも穏やかさすら備わっていたのです。
再会して後、彼は私に朝礼での話し方を学びたいとやってきました。?????なんでなんで!それが率直な感想でした。聞いてみると、卒業後まもなくして働いていた工場で大けがをしたのだそうです。半端じゃない手術だったとか!彼にはその病院生活が第二の人生へのキッカケだったようですね。
勿論奥さんにもお目にかかりましたがなんと素晴らしい女性でそこでも驚ろかされました。
何がキッカケだったのでしょう!幸せへの見届け人(仲人)を受けたのが今夜通夜の主役の叔父だったのです。
今夜叔父のおかげでその彼に会うことができます。
運命を正しく理想に近づけることが出来るとすればそれが「努力」ということなのでしょうか?

 ありがとう!感謝の心こそ幸せになれる秘訣です。素晴らしい人生を!
 優しさや笑顔に触れて温かい気持ちになれるように、あなたの真心で!
 ご感想は shiawasekazokuyt@nifty.com まで

 なんと 春の雪! 雪国からの知らせ!

 
朝から降りしきる浅草界隈の雪

2011.3.7  浅草の雪
降ってるんですよ! 細かい雪が・・・

花粉症の私には救いの神のような気もしますが、それでもまさか雪とはね!

昨日は生徒さんと昔々の恋?物語を熱弁していましたが、考えてみたら悲しくもドラマチックな再会の日もこんなふうに寒い日でした。(雪にはなりませんでしたが!)
子供たちや恋人同士には何かロマンチックな感じのする雪のシーン。生活にどっぷり埋まってしまうとこの雪という奴は結構やっかいな白ものなんですよ(笑)

そんな折、先ほど田舎から電話があって叔父の訃報が届きました。 雪国の死亡率って寒い冬が多いのは分かっていたんだけど、春先なのにね!
父母の兄弟で残っている叔母は残すところあと2人になってしまいました。おめでたい春に結婚式の知らせは何ケ月も前に知らされますが、訃報ばかりは本当に突然で驚かされますね!離れていてなかなか会えないでいたから尚更かも知れませんが可愛がって下さった人がまた逝ってしまったかと思うと複雑です。
今日の雪は子供の頃からお世話になった叔父(母の弟)へのお見送りの雪景色だったんでしょうか?長い闘病生活と聞いていましたが昨年亡くなった叔母(夫婦)が迎えに来たのかも知れません。
嬉しかったり辛かったり、懐かしかったりでいっぱいの雪。都会にいてもさすがに雪を見ると感慨にふけってしまいますがまさかこんな知らせが雪国から届くとは・・・。

どんどん時代が変わります。
懐かしかった時代のように人情味あふれる生活をしたいですね。どんなに時代が変わっても!

 ありがとう!感謝の心こそ幸せになれる秘訣です。素晴らしい人生を!
 優しさや笑顔に触れて温かい気持ちになれるように、あなたの真心で!
 ご感想は shiawasekazokuyt@nifty.com まで

 心の花びら  !

生徒さんからこんなメールが届いていました。あまりの嬉しさに紹介させて頂きます。
豊かな心をもった女性で話していてもいつも感動を覚えます。通じ合えるところがあって嬉しいですね!
以下原文
『春はもう、すぐそこまで近づいていますね!
お稽古場にも桜が咲き、一層の華やかさが添えられてますます楽しみな季節となりました。
日本は春夏秋冬どの季節にも色んな表情とその良さがあって、その風情を五感で感じられるこの幸せには何物にも代えがたい喜びがあります。私が日本に生まれてよかった、と感じるのはまさにこの幸せをかみしめるときです。
どの季節も大好きなのですが、春は特に心がワクワクするような心踊る感覚があります。何かが新しく始まるような期待感、柔らかな日差しと爽やかな風を体いっぱいに受けながら、また一歩自分の足で踏み出せそうな、柔らかで優しい気持ちを春は自然と運んできてくれます。
菜の花の黄色、桜の淡いピンク、透き通った青空、穏やかなそよ風、木漏れ日のまぶしい緑・・・ そんな数々の美しい風景が、それぞれの始まりを後押ししているようにも思えます。
日本が誇る美しい花、桜は、その美しさとはかなさで色んなものに例えられますが、やはりその奥深さは年を重ねるごとにたくさんの気づきを与えてくれます。
チーフと私とでは、例えば同じ桜を見たとしてもまた違った感覚や見方、捉え方がそこに生まれるのだと思いますが、きっとそのどれもが正解で、美しいものなのだと思います。
桜は特にその感度が高い、というか、その時の心の状態をそのまま映し出しやすい花で、桜を見た感想にウソや偽りを抱けない、正直な花という印象があります。
飾らず出しゃばらず媚びず華美でない。控えめだけど、ささやかに優しく全てを包み和らげ、潔く去る。そんな桜には本物の美しさを感じます。人としても、そんな人間になれたら・・・と桜には色んな哲学を感じます。
気づけばもう3月。今年もあっという間に三ヶ月が経ちました。私にとってはいつもと変わらぬ日々の延長ですが、3月といえばやはり旅立ちの季節ですよね。今日もきっとどこかでいろんな出会いと別れが起きているのだと思うと、一日一日がとても尊いものなのだと思えます。二度とは戻らない今日という一日、たまにウンザリすることもあるけれど(笑)、当たり前に過ごす毎日が実はとても貴重なことなのかもしれない、と最近思うようになりました。
チーフとの出会いからも、もう一年三ヶ月が経ちましたね!私の人生にはしっかりと刻まれていますよ。とても良い出会いができたなぁと。
昨年は色んな場所に遠足にいけて楽しかったです。また今年も軽やかな気持ちとともに春の遠足に行けたらいいですね!
そんなこんなで、自分の人生のためにも、自分を表現できる一つの大事な場所としてお稽古がますます楽しくなっています! 正直に楽しんでいきたいと思います!』と。

 ありがとう!感謝の心こそ幸せになれる秘訣です。素晴らしい人生を!
 優しさや笑顔に触れて温かい気持ちになれるように、あなたの真心で!
 ご感想は shiawasekazokuyt@nifty.com まで

  ひなまつりと父娘関係

仙台市のさっちゃん(仮名)さんからこんな情報が届けられました。これは新聞に載っていた記事をそのまま送ってくださったものです。
その内容はこうです!
『カルピス株式会社が女子中学生と父親を対象に「父と娘のひなまつりに関する意識と実態調査」を実施した内容が掲載したものです。
調査は、昨年12月にインターネット上で行われたもの。調査対象家庭の約60%が、ひなまつりを実施しており、そのうちの約80%の女子は、ひなまつりが「楽しい」という肯定派。そしてそのイメージは「日本の大切な伝統行事」「女の子が主役になれる行事」という意見がいずれも60%近くあった。
さらに、ひなまつりを実施している家庭の女子70%が、父親を「好き」と回答しており、行わない家庭と比べて、14%以上も高かった。
結果として、節目の祝い事を実施している家庭の方が、親子関係が良好であることが分かった。』とあった。
送ってくれたさっちゃんのご家庭も家族でひなまつりをやったそうです。「赤いお顔の・・お父さん♪・・・でしたよ・・・」とありましたが、目に浮かぶようですね!
私も毎回毎回なんとか素晴らしい心の持ち主に育ってくれよ!といろんな角度から若者へのメッセージを送り続けて来ましたが、そういうことなんですよね!
送ってくださった仙台市のさっちゃんは「素敵なお話をありがとう・・・」と添えてくださいましたが、お礼を言いたいのは私の方でした。
この新聞記事、さすがにカルピスらしいとも思いました。この会社のキャッチフレーズが「初恋の味」とコマーシャルで優秀CM賞を何年も獲得していたのが懐かしいです。こうして、素晴らしい意識調査を通じて商品開発に役立てたいとするポリシーのようなものが伝わってきます。
「家庭崩壊」なんて新聞記事も最近は何度目にして来たことか! 家族の温かい愛情があれば子供たちがぐれたりなんかしないものです。間違った道へ迷子になりそうになったとしても、こうした温かい家族関係は何よりの絆となって素晴らしい人間を形成しています。
子供を追求する前に、まず親の心の持ち方に問題があると説いて来ましたが、ひなまつりに両親と一緒にその行事を楽しめる環境こそ今とても大切なように思います。春の温かさは心の温かさであって欲しいですね!

 ありがとう!感謝の心こそ幸せになれる秘訣です。素晴らしい人生を!
 優しさや笑顔に触れて温かい気持ちになれるように、あなたの真心で!
 ご感想は shiawasekazokuyt@nifty.com まで

 スカイツリー散歩を楽しんで・・・!

世界一になった電波塔  東京スカイツリーの雄姿
現在604m

駒形橋を渡ってすぐに見えるのがこの光景です。 なんとも素晴らしい!

TST-1.jpg
あと30mで予定の634mに到達となります

駒形橋まで私の自宅から歩いて10分かからない距離にあり、もっと頻繁に撮影すればと思うのですが何しろ私は春になると難敵花粉症と戦わなければなりませんので「出るのがこわ~い・・・」が本音で!

3月1日に世界一になったニュースは世界中を駆け巡り、中でも中国国民は悔しさをあらわにしていましたね!まだ工事用のクレーン等の重機が周りを囲んでその美しさは完全ではありませんが、それでも近くに観るこの高さは凄いの一言。

TST-2.jpg
東武線沿いにそびえ立つスカイツリー

浅草界隈らしい風景ですね! ここからの眺めは屋形船や東武電車を一緒に収めることのできるスポットです。
つまり、この後ろ側が今度は吾妻橋です!サッポロビールのビル(通称ウンコビル(*^^)v)

TST-3.jpg
業平の駅まで来ると工事の様子が分かります

TST-4.jpg
下はこんな具合の工事現場です  ステーションビルの小さいこと

世界一に到達した3月1日はあいにくの雨模様で日本中が期待外れ!
久しぶりの快晴にカメラマンの多いこと!私もその内の一人ですが・・・

TST-5.jpg
駒形橋からはこんな光景になりますが、花火大会でも特等席です

浅草雷門から1時間もあればもっとたくさんの写真が撮れます。今日は足を延ばしませんでしたが、言問橋からも最高の写真が撮れます。
業平駅はその名を東京スカイツリー駅と名前を変えるようですが、ステーションビルは素晴らしい建物に変身しようとしています。
ゆっくり歩いてこれだけ写せるんですから是非散歩しながら隅田川界隈も楽しんで欲しいですね。そばに行ってつくづく思えたんですが、スカイツリーは遠方で眺めてその美しさが映えます。
勿論、完成後にはこの展望台で見たこともない東京の景色が見れるかと思うと今から楽しみですね。日によっては雲が下に見えることもありそうで雲海を見るのも夢ではなさそう!

いずれにしても、今月中に634mに到達します。 外装やビルが完成するまであと10ケ月弱。ますます江戸浅草はその賑わいを増すばかりですね。

 ありがとう!感謝の心こそ幸せになれる秘訣です。素晴らしい人生を!
 優しさや笑顔に触れて温かい気持ちになれるように、あなたの真心で!
 ご感想は shiawasekazokuyt@niftu.com まで

 届いた感想に感謝 !

多くのご感想本当に夢のようです。ここまで皆様にブログを見て頂いていることに大感激です。
日本人ならではの感性のようなところが共通しているようにも思えて紹介したことを喜んでいます。作者の心がそのまま伝わるようで素晴らしかったでしょう?「花かんざし」は時代もののような感じがしてしかも現代の物語なんですね。
私はたくさんの本に出会いましたが、特に「日本の美しいことば」を駆使した作品は心洗われます。その点に気づいてご意見を下さった方とは文通したい衝動にかられてしまいます。
「花かんざしは読んで、言葉は最も大切だと言って過言ではありませんが、それ以上に心の大切さが伝わってくる作品でした」、こう感想をお寄せ頂いたのは滋賀県の大学に通っているムラサキさんという女性でした。
大学では文学について学んでいるそうですが素敵な近況も聞かせて頂きました。
京都は好きでときどきお友だちと遊びに出かけるそうです。そう言えば花かんざしはどこか京都の雰囲気もありましたね。
私も京都が大好きですとメールを返しましたら何と何と共通しているところがあったのです。嬉しくて夢のようです。
割と知られていないようですが、なんと「詩仙堂」が素晴らしいというところです。
私も京都が大好きで学生時代に一人旅をした年の冬のことでした。足を踏み入れたのが詩仙堂だったのです。当時は1月11日で一面うっすらと雪景色。庭園の雪景色は今までに見たこともない美しさでした。豪雪地帯で育った私にはショックさえ受けたくらいです。絵にも描けないほどの感動を今もって覚えています。
吐く息の白さもはっきり覚えています。縁側に上がってこそ味わえる庭園の雪景色ですが、全てに計算されているんではと思ったほどです。詩仙堂で知ったのが近くの一乗寺です。あの宮本武蔵で有名な一乗下り松のあるところです。
若いお嬢さんで「いるんだな~・・・」と一人ごと。話が合うわけです。
波島教室に通っているお嬢さんも京都が大好きって方いるんですよ。昨年、出張時に清水の舞台を写メで送ってくださったことがありました。何か同じような感性を感じましたね。
素晴らしい作品だから見て欲しいと載せた作品に応えて下さったムラサキさん!その感想メールはまるで御所車に乗ってきた雛人形のように思えました。

 ありがとう!感謝の心こそ幸せになれる秘訣です。素晴らしい人生を!
 優しさや笑顔に触れて温かい気持ちになれるように、あなたの真心で!
 ご感想はshiawasekazokuyt@nifty.comまで

 花かんざし ② 後編

その火を消してやる水がなかったのです。
「ゆるしてくれ、ゆるしてくれ」、人形つくりは崩れて折れ重なっている雛人形たちを片端から救いあげようとしてみました。
けれど、手のひらにのせるだけで人形はほろりとこぼれて地面に消える灰になっていたのでした。
朝の光は空に春が来たことを知らせていました。
さて、その戦争が終わっても人形つくりには人形をこしらえることができませんでした。
戦争で大やけどを覆った右手はもう使えなくなっていたからです。
町に平和が戻り、雛の祭りが帰ってきても、人形つくりには雛の祭りは戻っては来ませんでした。
これから先、どんなふうにして生きてゆけばいいのかと人形つくりは考えました。
失った右手をぼんやり見つめました。 そのときです。うなだれている人形つくりの耳にカラカラと回りながら近づいてくる何かの音が聞こえました。
人形つくりは外を眺めました。そこには穏やかな月の光が溢れていました。
光の下に広がっていたのはまだ焼跡を残している町ではありません。
溢れるばかりに咲いて匂っている桃の林が人形つくりの目の前に広がったのです。
そうして咲き匂う桃の小枝が天涯(てんがい)のように伸びている林の中の道を一台の御所車が進んでくるのでした。
黒い漆塗りに金泥(きんでい)の模様をつけた御所車は降りかかる桃の花びらを浴びて静かにやってきます。
人形つくりは思いがけない光景をもっとよく見ようと外に出ました。
薄紅色の花の中へ分け入って行きました。
御所車がかすかにきしって止まると降り立ったのは薄紫の着物を着た女の人です。
ほっと匂うように、その人は笑いました。
「どなたです?どこから来たのです?」人形作りは尋ねました。
「ずっとずっと遠くからあなたのお嫁になりにきました。あなたの右手の代わりになるために」、女の人は言いました。
「どうぞあなたの好きな名で私を呼んでください」、その声を確かにいつかどこかで聞いたことがあると人形つくりは思いました。
おっとりと白いその顔にもいつか出会ったことがあると。
じっと見つめている人形つくりの前で女の人は微笑みました。そっと首をかしげました。
すると黒い絹糸のような髪に飾られたかんざしがチリチリと歌ったのです。
それは、この世にふたつとあるはずがない人形つくりがこしらえた銀の花かんざしでした。

「終らない祭りより 作:立原えりか」

 ありがとう!感謝の心こそ幸せになれる秘訣です。素晴らしい人生を!
 優しさや笑顔に触れて温かい気持ちになれるように、あなたの真心で!
 ご感想は shiawasekazokuyt@nifty.com まで!
プロフィール

岡部俊雄

管理人 : 岡部俊雄
チーフ・プロデューサー
演出家

最新記事
月別アーカイブ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード