FC2ブログ

 夏よありがとう!

春の大震災後、節電節電で一体どんな夏になるんだろう!と少し不安を抱えながら夏に突入した。それは皆さんも同じではないだろうか!?
隅田川に蝉の鳴き声が聞こえ始めた頃、ジョギングも一段と汗をかくようになっていた。隅田川の花火も1ケ月遅れと暑さを予想し延期。ほおずき市の頃はすでに夏最高潮だった。
どんなに暑くてもいい!みんなが元気でいられるなら!そう思いながら自分にも叱咤激励し暑さに立ち向かった。人間というのは目標があって気合が入っている時って本当に時間はあっという間に過ぎてしまうものだ。
好きなひまわりも隅田川に咲いているいくつかを目にした程度。それでもじわ~っと来る暑さには果敢に立ち向かった。
今年の夏は私にとって生涯で一番素晴らしい夏にするんだ。そう決めて臨んだが特に旅の思い出を作ったとかではない。この時世に忙しいことほど贅沢はないと思えるようになっていたからだ。
途中に中学生の指導があって余計気分が高揚したのかも知れない。この子たちがデンマークへ行って日本の文化を紹介すると思っただけで気合が入る。何も特別なことは出来ないが、地道にでもひとつひとつジックリと歩けることがその満足感を味あわせてくれたんだと思う。
舞踊教室の生徒さんも今まで以上の熱の入れようで取り組んでいる。目標があるということは本当に大きな力を与えてくれるものだ。
行かなければ行かなければと思っていた故郷への墓参り。スケジュールでままならなかったが、その一日の積み重ねがまもなく花を咲かせてくれるものと信じている。
7月と8月、例年になく体験希望者や見学者が多く、あっという間に新人もまたまた増えた。震災という恐怖からこんなにも早く落ち着くことが出来たのだろうかと思うくらいだ。
そう言えば、会津から通っている生徒さんも震災以来この8月からまたお稽古再開に踏み切った。「いつまでも弱気でばかりじゃ歩いていけないから!」と。5月頃は「なんで私たちがここまで打ちのめされなければ」と震えていたのが懐かしくさえ思う。
相田みつを氏の言葉に、「人の世の幸不幸は人と人とが出逢うことからはじまる。よき出逢いを」とある。
どんなに苦しいことがあろうと、どんなに悲しいことがあろうと、本当に人間の出会いはその影響が大きい。
現在、NHKの連続テレビ小説「おひさま」が放送されているが、まさに震災の年この時期に一番大切なものやことを訴えている。人と人の出会いの素晴らしさ。良い作品ですね!
「この人に出会えて良かった」と言ってもらえるような人生の歩き方!節電に対する意識とともに、政治家の行動を見ながら夏が過ぎても行った。
秋口に一匹のどじょうが顔を出し、世の中を明るくしたいと宣言する。
私たちはこのどじょうとの出会いでどんな風な人生になるのだろうか!
いずれにせよ、私自身で言えば前向きに歩いてきたせいか、この夏を楽しく総括できたことは嬉しい。
私のために良い夏をと手を貸してくれた人がいたことも、何よりも嬉しいことであった。
そして、どんなに疲れようと元気で過ごせたことは多くの癒しを頂きながら歩けたんだな~と感謝してる。
夏が好きで良かった!夏男で本当に良かった!明るく過ごすって何よりの財産ですね!
ありがとう

 ありがとう!感謝の心こそ幸せになれる秘訣です。素晴らしい人生を!
 優しさや笑顔に触れて温かい気持ちになれるように、あなたの真心で!
 ご感想は shiawasekazokuyt@nifty.com まで

 早希ななの魅力

ほおずきに「想」とまとめて

早希なな

生きているだけで楽しい
その想いに気付かされたのは
私の心を酔わせた
ほおずきの風


彼女は8月をこう締めくくった
暑さを吹き飛ばすような爽やかな笑顔にいつのまにか多くのカメラが囲んだ。「可愛い!」とか、「きれい!」って声が飛び交う。カメラを持つと経験あるでしょうが、良いショットを撮りたいがためにそのポジション争いはどこに行っても凄いものがある。
彼女はそんなときいつも優しく対応している。「大丈夫ですか?」「気を付けてくださいね!」
だから決まってフアンは増える。
心が表情に表れると言うが珍しいくらい穏やかで優しい性格の持ち主だ!

10月の波島教室の発表会ではガラッと違ったイメージ(作品)に挑戦しているがこらが実に素晴らしい。
日舞を習い始めてそんなに時間が経ったわけではないが、師匠に最もお似合いのスタイルを見出して頂いたと言って良いだろう!
上の写真からは想像できない粋でかっこいい舞台は大物の片鱗なのかも知れません。
表情にも表れているように、心から前向きで清々しい素敵な若者です。
応援してやってくださいね!


 ありがとう!感謝の心こそ幸せになれる秘訣です。素晴らしい人生を!
 優しさや笑顔に触れて温かい気持ちになれるように、あなたの真心で!
 ご感想は shiawasekazokuyt@nifty.com まで



  小沢氏阻止連合の勝利だけど・・・

2011.8.29 この日は新しい日本の総理大臣が決まる日でもあった。
民主党の代表選が行われ決選投票の結果大差で「野田佳彦財務大臣」が小沢一郎の推す海江田万里経済産業相を破った。まあ政治の世界のことは一寸先は闇で一般国民にはまったく分からないようになっていると言われても仕方のない状態と言っていいだろう!
正直、今の民主党からどの人物が担当しても総理の荷は重すぎる。まるで時代劇の悪代官や黒幕がバックについているような構図。ここで海江田氏が当選するようなことがあったら世も末だと思っていた国民は非常に多いはず。
どちらかと言われれば、前原誠司前外相なら仕方ないかが最低ラインの下馬評だったはずが、軍配は野田氏に上がった。
驚きとどよめき!私は以前にも党派に固執していないと述べましたが、実は野田佳彦氏は地元の倫理法人会で5度ほど会って面識がある。当時の彼を見て、つまり経験や資質からしてまだまだ総理大臣なんてとんでもないと感じていた。
人にはそれぞれ器というのがあって、野田氏の場合は参謀的役割をもっともっと果たすべきと思っていた。
知っている人が総理になった。それだけで喜んでいるほど世の中は甘くはないはず。せいぜい喜ぶとしたら地元千葉県だけだろう!政治家がどうあるべきかより、地元の繁栄に利用しようと手ぐすねひいている者が多いからだ。
ご存知のように、春の大震災で日本中がおかしくなったと言っていい!原発原発とその対応能力に批判を集中させた自民党の諸君もそうだ。あの原発を推し進めて来たのは自民党だということを決して忘れてはいけない。
たまたま事故や災害時に政権政党であった民主党だった訳で、この問題はあまりにも大きな難題であり責任のなすりあいなどしている状況ではないのだ。
今回の党首選でもはっきり見えたであろう!何も知らない新人議員がいかにも小沢元代表の考えが正しいと偏った気持ちで振り回されているが、あなたたちは自分というものがないのか?と正したい。
オリンピックでは金メダルを獲ったかも知れない。しかし、国を収めるとはそんな簡単なものではないのだ。
国民が、誰が総理になっても変わらないと言っているのが60%もいる事実を真摯に考えないのだろうか?
外野でそれなら君はどうしたらいいんだい?と問われるかもしれないが、そんなことは簡単だ。私利私欲を捨て、党が一体となって国難に立ち向かう時期だということだ。これは政権政党の民主党にばかりが問題なのじゃない。自民党であり、公明党、その他の党であろうと今は国会議員が協力的になりその枠を超えてでもやらなければならない時だ。
裏で糸ひくボスもいろいろいる。いや、いろいろいた。もう時代も世界情勢もすっかり変わっているのだ。自分の意思で動けないような若手議員ではしょうがないだろう。インタビューされればさもさも立派なことを言っているようだが、国が変わらないと言うことは全て国会議員の問題だ。そして忘れてはならないのがその人物を選んだのは国民だということだ!
党首選イコール総理という構図は法律を変えない限り国民は指をくわえて見ているしかないのだ。その規則のなかで野田氏が総理になる。しばらくは本当に一体となって国政に命をかけて欲しい。上手くいったと言えるとき、それは野田氏の功績ではなく野田氏と一緒になって心を寄せあった国会議員のお陰と言えるように!
まあ!みていてください。また陰で小沢元代表は動きます。それで日本が良くなるなんてことはあり得ない。これが古い体質から抜け出せない日本の癌だ。
もういい加減政治に専念してください。党内派閥なんてうんざりだから!
最後に、野田さん!命を張ってください。自分の夢の実現のために行動してもらっては困る、政治家は国民のために働いて欲しい野田よ。

 ありがとう!感謝の心こそ幸せになれる秘訣です。素晴らしい人生を!
 優しさや笑顔に触れて温かい気持ちになれるように、あなたの真心で!
 ご感想は shiawasekazokuyt@nifty.com まで

 隅田川の花火大会

花火1

さあ!夏のフィナーレを隅田川の花火大会で・・・ !今年は特別な花火になるかもしれませんね。
毎年自宅のベランダで楽しめるこの花火。この花の左後ろに東京スカイツリーがそびえ立っているんですが、絵柄として本当は写真に入れたいんです。
来年はスカイツリーで花火を見れるんでしょうかね。普通、花火を観るとは見上げる訳ですが、スカイツリーだと見降ろすことになるんです。その映像(写真も)、いつか私も撮ってみたい。
心配のニュースも。丁度関東地方では大雨注意報も出ているので果たして打ち上げることが出来るのか?最後の最後まで不安定な気象状況で困ってしまいます。
台風も11号・12号と揃ってやってくるという気象情報。せめて打ち上げが済んでからにしてくれよ!

花火2

私の家は丁度第二会場の真ん前なので迫力も満点で楽しめます。
目を細めるとこんなふうに見えるので何度も何度もシャッター速度を調整し遊んで観たのがこの写真。
秋に向かって元気に行こうぜ!「玉や~・・・・!」と叫びながら楽しみましょうか?


 ありがとう!感謝の心こそ幸せになれる秘訣です。素晴らしい人生を!
 優しさや笑顔に触れて温かい気持ちになれるように、あなたの真心で!
 ご感想は shiawasekazokuyt@nifty.com まで

 歴史になった即席麺ですが!

今でこそ数えきれないほどのインスタントラーメンがコンビニやスーパーの売り場を所せましと顔を覗かせているが、このラーメン!すでに宇宙にまで行っているっていうから素晴らしい。
平成生まれの子供たち等はコンビニがあって当たり前、そこにはペットボトル(各飲料)や数多くのインスタントラーメンが並んでいる。
勿論、これは日本だけではなく世界に進出している。この即席麺、日清が初めて世に出してこの8月でもう53年にもなるのだ。1958年8月25日に誕生したインスタントラーメン。ゆでる物、お湯を注ぐだけで3分あれば食べられるという画期的な商品。私は極力インスタント物は食べないようにしている方だがそれでも我が家にストックはある。つまり、このストックが問題なのだ。いつでも食べたいときに3分あれば食べられる。
私の年代でももうすっかり馴らされた感があるがたまに食べると確かに美味しいから凄い。50年を過ぎたということは、もう決して珍しくもなんでもなくすでに文化にまで登りつめたと言って良いだろう。
「便利が心を奪う」。いつだったかそんなことを話したことがあると思うが、奈良薬師寺の元高田管長が聞いたら嘆くだろうな・・・なんて!
従って簡単にものごとが片付く現代にあってはその愛情の持ち方など新たな形での日本人らしさが出現するのだろうとずっとずと見守ってきた。
簡単に人間の命を奪ったり、要領よくまるで詐欺的行為をいとも簡単に行動に移してしまうのも家庭での食卓にあるのではなかなんて考えることもある。
おふくろの味と単に口にするかもしれないが、インスタント商品にもサブコピーに「おふくろの味」と記するのはやはり温かい心を求めているからだと思う。
私は勿論インスタントが悪いと言っているのではない。先日、新婚さんいらっしゃいという番組で一切料理が出来ない若い女性が出演していた。見ると可愛い女性だ!隣にいる旦那は鼻の下を伸ばし「食事が出来なくても奥さんが可愛いからそれでいい」と言っていた。おはようと起きても食事が無い。彼は食べずに会社に行く。お昼ごはんを2人前ほど食べるそうだ。それは夕方帰宅してもご飯がないからだとか??????????
嘘でしょう!嫌だ嫌だ、あ~嫌だ!話し半分としても、新婚の彼は結婚してから10kgも痩せたそうだ。結婚前に気づかなかったのかと三枝が言えば、デートは外食だから美味しいもの好きなものをお互い食べていたので気づかなかったんだそうだ。
番組を面白くするためにと考えながら見ていたが、どうも新妻は台所に立つ気が無いらしい!旦那は妻が可愛いからそれで良いのだという!
もう一度言おう!「ああ!嫌だ・・・・!こんな女性嫁にしたくない」。なんで結婚したんだろう?彼女にすれば思い通りのパートナーなのかもしれないが、インスタントはそんな者のためにあって欲しくない。
確かに、カップ麺に「愛情ラーメン」などと書いてあるが、大きな勘違いだ。お袋が作ってくれた料理で育ったはずなのに、この便利さで間違った大人が出現したのも事実のようだから頭を抱えてしまう。
「私が用意した食事を、美味しい美味しいと食べてくれるから・・・」ここに愛情が生まれるんだと叫びたい。
心までインスタントにならないよう!3分で駄目になってしまうことのないよう!そんな簡単な心を育てて欲しくないね!


 ありがとう!感謝の心こそ幸せになれる秘訣です。素晴らしい人生を!
 優しさや笑顔に触れて温かい気持ちになれるように、あなたの真心で!
 ご感想は shiawasekazokuyt@nifty.com まで

 頑張れSogachapin style

私が楽しみにしているブログに「Sogachapin style」というのがある。確か1~2回紹介したことがあると思いますが、このブログには「愛」や「優しさ」がいっぱい詰まっている。言葉の端々は勿論のこと実にユニークでそれでいて温かい。そして何よりもものの捉え方と最後のオチが実に絶妙なんですよ。
ただ残念なのがなかなか更新されないということです(笑)。まあそれだけ忙しいんだろうなって思うことにしていますが実にもったいない。
少し厳しいことを言えば、忙しいから書けないというのは嘘です。(そう言わせてくださいな!)
私もいろんな経験や体験をして来てはっきり分かることがあります。人間というのは忙しい人ほどいろんなことをこなして(挑戦)いる。これは事実です。
私がショッピングセンターの店長をしていた頃のことです。同時に花柳先生に日本舞踊を習っていました。まあ習ったといっても1年くらいで職場が変わるときに通えなくなってしまったんですが。
そうですね!当時の先生は60歳半ばくらいの女性で、いや実に厳しかったことを覚えています。今の若い生徒さんなら3日ともたなかったのではと思えるくらいでした。そのお師匠さんはお三味線で指導するのですが、私はとうとうその三味線の音色を聴くことはありませんでした。つまり口三味線で教えてもらっていたのです。
芸者さんや上手い人はチントンシャンとバチで奏でます。しかし、好きだったんでしょうねそうした厳しい芸事の世界が。
あるとき、仕事の関係で15分ほど遅れていったことがありました。当然きちんと正座して、「遅れて申し訳ありませんでした」と頭を下げたのです。今みたいに携帯などありませんから師匠に会って初めて言えるのです。
するとお師匠さんはこう言いました。「大丈夫ですよ!仕事を一生懸命やっていればそういうことってあるもの。それにね!忙しい人ほどこうして趣味や夢に挑戦するんですよ!暇な人って時間があるから趣味にその時間を費やせると思うでしょう?そうじゃないの。結局暇な人は暇なんじゃなくて、何をどうすれば良いのか分からないのね!忙しい人はそうじゃない!自分の時間を大切に一生懸命使うからいろんなことをやっているのよ!」。当時は何か慰められているようにも思いましたが、今思えば本当にそうだと確信もって言えますね。
前に紹介したタレント早希ななさんもそうです。過密なスケジュールを明るく本当に前向きにこなしています。そこにはいつも「よし!やるぞ」と輝いた瞳があるんです。不思議なものでそういう人って好かれますね!というか魅かれるんでしょうね!つまりスターがそうですね!
私は、いつか素晴らしいドラマの脚本を手掛けたいとこうして毎日、平均1200字を目安にいろんなことを書き綴っています。始めて3年に突入しましたが、まだ1日も欠かしたことがありません。その間、考えてみたら病気で寝込んだ、いや風邪すらひいてないことに気付きました。ありがたいというか嬉しいことです。
初めに戻りますが、Sogachapin Styleのフアンとして是非このブログ、1行でも良いのでせめて1週間に1度でもいいから執って欲しいな!筆者はきっと忙しくしていると思います。まあ!ブログを続けたからそれが何だと言われればそれまでですが、Sogachapinには人の心を癒してくれるそんなページだからです。
最近のタレントななさんのブログもそうですね!短い言葉の中にとっても温かい想いが詰まっています。
こうしてみると日本もまだまだ捨てたもんじゃないですね!こんなにも素晴らしい若者がいるんだから・・・!

 ありがとう!感謝の心こそ幸せになれる秘訣です。素晴らしい人生を!
 優しさや笑顔に触れて温かい気持ちになれるように、あなたの真心で!
 ご感想は shiawasekazokuyt@nifty.com まで

 大噴火の日 ?

大噴火

この辺で凄い地震が起きるというような噂が流れていたが、まさか今日が大噴火の日だからという事?
もう、向う100年くらい天災の無い時代であって欲しい。
平成に入ってから、オウムサリン事件・阪神大震災・9.11はまだ記憶に新しい事件 (>_<)そして全国各地の大震災や豪雨の被害。本当にもうこのくらいでしばらく休みをあげるから静かにしていて欲しい。
確かに人間はその度に強く逞しく、また用心深くもなっていったように思う。我が家など3月11日以降部屋中が養生テープやロープで様々な電気製品をささえているような始末。
外そう・・・と思うのだが、その頃になると決まってビルが揺れる。こればかりは防ぎようが無いのかもしれないが命だけは粗末にしないよう用心しなきゃ!
考えてみれば、災害は忘れた頃にやって来るというのは正しく、最近は忘れる間もなくもう何も揺れていないのに時々揺れているように感じる機会が多い。
あの大惨事を目の当たりにした人たちは生き方を変えたり決意したりで相当な覚悟の中で歩いている人が多いようだ。
人のために何ができるだろう!そう考えて歩いて来たが世の中があまりにも大きな動きの中にあって人みな不安定な状態でいるのだ。
大揺れに揺れるのは何も地球だけに留まらず、国民を守るために機能しなければならない政界はず~っと揺れっぱなし。
まもなく民主党の代表選に入るようだが、規則とは言っても頼れる大将が不在でもその政権政党から選んだ党首が総理大臣になる現状が悲しい。
からと言って、原発問題をまるで他人事のように責めまくっている自民党にも首をかしげる問題ばかり!
原発を推奨し今日に至ったのはまぎれもなく自民党の責任だからだ。
いろんなことが少し収まるまで、天災なるものに隠れん坊していて欲しい。近々に関東地区にその兆候があるような噂。もう100年も後にしてくれよ!
その間に、東北の完全復興の笑顔を寄り戻したいから!

 気をつけなされや!

豪雨の後はまるでいっぺんに秋が来てしまったようだ!じとじとと小雨になった昨日でも幾分寒くさえ感じる。
みなさんは夏にやり残したことはありませんか?
7月中旬あたりから「素晴らしい夏になりますように!」と強くそう思いながら猛暑に立ち向かった。
デンマークへ行く子供たちの指導も順調に進み、最終回と出発式は汗に交じって感動の涙まで流れそうになった。
嬉しいことは沢山ある方が充実しているに決まっていますが、発表会の準備が多くて本当は大変なんだけど張り合いが毎日を楽しくさせてくれます!
この夏は気合が入っていた分、やっぱり素晴らしい夏を過ごせました。本当はもう少し暑くても良かったかなと思えたのはそれだけ素晴らしい夏に出来たからだと思う。

節電節電もなんのその!人間というのはしっかり汗もかかないと新陳代謝もままならない!汗をかくときはしっかりかけばいい!そのあとのケアが大切なのだ!
とは言っても、ガクンと冷え込んだ気温に体が順応するのに時間のかかる人もいるはず。決して油断することなく心もそろそろ秋に切り替えた方が良いかも知れないね!
洋服も家の環境も食事内容もしっかり秋仕様に切り替えてもと思います。
ただ、今週の土曜日が延期になった隅田川の花火大会!寒かったらシャレにならない!やはり汗いっぱいにビールを片手に「うちわ」を持ってが似合うからです。
素晴らしい夏のしめくくりにどどど~んと暑さも少し戻って欲しい!そんな気がしませんか?
嫌なニュースの多かった今年、どどど~んの花火で全てを打ち消して最高の秋を迎えられると嬉しいんだけど!
そうかそうか!我々は大変な行事が待っているんだった!最高の秋間違いなしだね!

時間とともに、「もっとお稽古したい!」の生徒さんが続出!いい傾向だ!お稽古(努力)は嘘つかないから心残りのないように頑張れ!私たちにとっては最高のお祭りなんだから!

 ありがとう!感謝の心こそ幸せになれる秘訣です。素晴らしい人生を!
 優しさや笑顔に触れて温かい気持ちになれるように、あなたの真心で!
 ご感想は shiawasekazokuyt@nifty.com まで

 泥棒たちよ!

昨日24時間テレビで「力」をテーマに様々なイベントが組まれていたようだ。今年は徳光アナウンサーがマラソンに挑戦し出来るだけ注目度を高め、今回は被災地への義援金としたいと多くの人が関わって来た。
善意の輪を広めようと頑張っている主催者。これは24時間テレビに限らずサッカーやプロ野球他多くのスポーツ選手が動くことでその話題が協力へとつながっていて嬉しい。
しかし、本当にごくわずかだが人が困っていることにつけこんで詐欺やコソ泥を働いている輩が後を絶たないのも現実だ。詐欺師というのは本当に巧妙な手口で騙されないのがおかしいくらい素晴らしい話術で攻めてくるようだ。
つまり、旨い話しは眉つばだと思えば良いのだが、人間というのはどこかに欲があってついついひっかかってしまうのだ。
新聞の広告などでも実に簡単に稼げる広告が載っていることがある。一番はっきりしている詐欺というのは、たとえばバイトをやるにしても手内職をやるにしても、そのための準備としていくらか手数料や会費などと称するものが必要となっているのはその殆んどが詐欺といっていい!
内職をやる前に金が必要ですなんてはっきり言ってあり得ない。でも会員にならないとその内職が出来ないというのだ。
この世の中に、楽して稼げるんなら誰も苦労はしない。大都会の商店街、つまり繁華街を通ると、店じまいだから半額だとか・・・!その店は1年中店じまいといいながら商売をしている。
私が若い時分に勤め始めた頃、池袋の公園の近くに車を止めて昼休みをしていた時だ。「背広の生地要りませんか?」と声を掛けられた。デパートの季節商品の入れ替えでいくつか秋モノの生地があるんだけど・・・」そう声をかけられ、洋服には興味があったので生地ってどんなのがあるんだろうと見せてだけもらった。ハイエースには確か30点くらいの生地があったと記憶している。「スリーピース分ありますよ」、気に入った生地を見つける。70,000円相当が5,000円で良いという。「嘘だ!」すっごく得をした気分。汚れものでも何でもありません。傷も勿論ありません・・・と途中まで広げて見せてくれた。「買った!やった!」だった。
会社に帰りみんなに見せると同僚が集まって来た。「そんな値段で買える訳ないよ!」と改めて生地を広げる。
途中から立派な傷だらけでとても仕立てられない。が~ん(>_<)
使えないのだから5,000円なんてとんでもない金額だ!東京は怖いところだと思った瞬間でもあり先輩たちに笑われたこと悔しいかな。つまり旨い話しはありませんよ・・・です。
そうかと思うと自宅の前に車を停め忘れ物を取りに行ったほんの3~4分の出来ごと。その日に限って私は財布を助手席に置いて部屋に向かった。当然ドアはロックしてだ。忘れ物を手に車に向かうとどうも車の様子がおかしい!?そばに行ってはっきり見えた。助手席側の窓ガラスが見事に割られその破片で車内はめちゃめちゃ!
勿論財布が無い・・・。東京は怖い!んんんん東京だけじゃないかも知れないが実にプロだ。警察に届けても後の祭り!そんなもんだ!油断も隙もあったものじゃないって言うけどまさにその通り。
人が信用できないことほど悲しいことはない。かと言っていちいち疑ってかかるのもイヤだが仕方ないのだ。
まもなく浅草も花火大会がある。楽しい裏側に危険もあるって知っておかないといけませんな~!
火事場泥棒などもっての他だが自分がしっかりしていないといけないね!女性の一人歩きなども決して油断してはいけない!泥棒たちよ!それだけ巧妙な手口を使える頭があるんなら、君たちは立派な営業マンになれるのに!
汗をかいて働けよ泥棒さん!冷や汗かきながらでは熟睡できないだろうに!涼しくなったんだからゆっくり休みたまえ!

 気持ちだけでも気温の変化に負けるな!

丁度昨年の今日だった。浅草は雷門に日本舞踊の稽古場を開設するための工事が始まったのは!覚えているだろうかあの暑さ(@_@;) 異常という表現を超えた暑さは工事が終わるまで続いた(9月中旬)。
建築現場はどんなにクーラーをかけても滝のように流れる汗。もうすっかり懐かしくなってしまったが今年はちょっと違ってきた。
この雨で急激に秋の気配が押し寄せ、とても凌ぎやすくなって嬉しいが何か気象異変が起きるような不安も拭えない。つい最近も東北地方一帯に震度5の地震!一気に寒くなっていくことには正直喜べない。それは東北地方の冬は半端でなく寒いからだ。
昨日もプレハブで雨風を防げるから早くプレハブ住宅が出来るといいね!なんて会話も交わされたがこれも違う。雪国育ちの私は冬の寒さがどんなものか知っているからだ!雨風は防げても寒さや暑さはプレハブではどうすることも出来ない。
つまり、プレハブが建ったからと決して安心できないということだ。あれだけの暑い昨年の8月9月。年が明けて春の大震災!波乱万丈を背景にお稽古場は1周年を迎える。
素晴らしい性格の生徒さんでいっぱいの教室。この生徒さんの発表会が10月に行われる。
震災があって1週間ほど、誰もが不安いっぱいの中にいた。これからどうなるんだろう!しかし、誰一人として負ける者はいなかった。私たちに出来ることは休まず一生懸命やるのみですと!そんな生徒さんが初舞台。
諦めることなく通い続けたお稽古場もそんな生徒さんを静かに見守っているように見える。お稽古場もやっと板についたように思う。
紅葉から始まったお稽古場の装飾も今は朝顔が綺麗に咲いている。その朝顔もまもなく紅葉に変わろうとしている。何があっても、時間は停まることなく刻々と時を刻んでいる。
同じ8月21日なのに、昨年の暑さとは比べ物にならないほど涼しくなった。気温の変化は油断すると体調を崩しかねないが今年は特別にこの涼しさに感謝して過ごしたいと思う。
10月(発表会)には生徒の皆さんがきっと素晴らしい花を咲かせてくれることだろう!
本当はこの気候が正しい季節の変化のような気がするが、実際の正しい季節の移り変わりはどこへ行ってしまったんだろうか?
素晴らしい夏にするんだ!そう決めて夏を迎えた。前向きでいたせいか夏負けすることもなく元気に猛暑を乗り越えた。この勢いで素晴らしい秋(発表会)にしたいとまだまだ短パンで頑張っている!
9月1日にはしっかり紅葉を咲かせたい!気温の異変にかきまわされたくないから!

 ありがとう!感謝の心こそ幸せになれる秘訣です。素晴らしい人生を!
 優しさや笑顔に触れて温かい気持ちになれるように、あなたの真心で!
 ご感想は shiawasekazokuyt@nifty.com まで

 夏から秋への檜舞台

熱い夏の甲子園は日本大学第三高校(日大三)の完封劇でその幕を閉じた。昨日の豪雨は夏の終わりの前夜祭だったのだろうか?全国各地で勝ち抜いてその頂点に立った日大三のみなさん、おめでとう!勿論三沢高校以来四十六年ぶりほどだそうだが準優勝の光星学院(青森)の選手諸君、少しドキドキさせ大分興奮させてくれてありがとう!
皆さんには素晴らしい青春の一ページになったことでしょう!くしくも春の大震災で開催すら危ぶまれた環境の中で本当によく頑張ったと思う。
多くの皆さんに計り知れない勇気と希望を与えてくれたことは事実です。女神こそ降りて来なかった東北勢ですが、それ以上に全国民に与えた影響は大です。
昨日の豪雨で1時間以上もゲームが中断され決勝戦に進んだときは何か起きると信じたいほどでした。実際には日大三の実力が勝っていたと言っても良い結果でしたが、次につながる自信の方が財産かも知れません。
青森県代表の秋田くん!名前が良かっただけに多くの高校野球フアンは決して君のことを忘れないでしょう!
大会が終わって、私の大好きな夏が秋へとバトンタッチしたようにも見えました。心なしか鈴虫の鳴き声さえ聴こえてくるようでした。
私も秋の発表会に向けての準備で更に忙しさに拍車がかかりそうですが、球児たちに負けないよう素晴らしい発表会にしたいと思う、
初めて舞台に立つ生徒さん!何か憧れの甲子園に出場するようなそんな初々しさが伝わって来ます。
練習は嘘をつかない!本当にその通りですね!舞台に立つ生徒さんたちも、最後の最後まで中身の濃いお稽古に集中して素晴らしい作品にしてくださいね!私たちの舞台はまもなくです!

 波島陽子 甦る生きる力

高校野球がいよいよ佳境に入った。まるでドラマのように東北勢青森県代表「光星学院」が決勝に進出したのだ!
西東京代表「日大三」との一騎打ちはいよいよ明日土曜日。
こんな展開になったら凄いな!なんて思っていたら何と何とだ!昨日は西武ライオンズの菊池雄星がプロ初完投。新聞にはほとんど完封の見出し。最終回に山崎(楽天)にホームランを打たれなければだが・・・!昨年活躍していればもっと凄かったと思うがそれでも2年目だからOKとしよう!
おそらく東北地方出身でなくとも今年は特別な想いで観ていたに違いない!下馬評では日大三が有利のようだが、何故か今年は奇蹟が起きて欲しいと願っているのは私だけではないだろう!これが準優勝だと国民に与える印象は大きく違う。
なでしこジャパンが優勝したように、格式と伝統ある試合で勝つというのはそれほど意味がある。

20年ほど前まで地域振興事業の企画制作に関わっていてとても良く分かるが、人間というのは祭り、つまり大きなイベントには心が躍るように出来ている。
よく、「町おこし」と称して全国にはいろんな祭りがあり、また元気になろうと新たな祭りを企画する。従来ある祭りを賑やかにするもしないも現在の市民(住民)にかかっていると言ってもいい。
血が騒ぐという言葉が良い例だ。これは北海道から沖縄まで本当にいろんな祭りがあるがそれぞれの特徴を活かし町興しにつなげているのだ。
スポーツは町興しとはちょっと違うがオリンピックで金メダルを獲れば言葉にならないほどの感動や感激に繋がる。勿論商売上商店街も元気になる。最近のなでしこジャパンが良い例だろう!
その感動が明日見られるかも知れないのだ。日大三にも頑張ってお互い正々堂々と戦って欲しいが、その結果は何とか青森勢(光星学院)に勝って欲しいは正直な気持ちだ。日本が、東北が元気になれるのならそうあって欲しい。
人の心って考えてみたら「張り合い」で大きく左右される典型のようなものだ。
現在、波島陽子日本舞踊教室に沢山の若者がお稽古に通われていますが、ここでも素晴らしい張り合いで元気に活動している人がいる。勿論、師匠の波島陽子先生だ。
指導にも本当にいろいろありますが、波島先生の場合日本の文化や伝統の普及に努めたいとする心が大きい。
特にこれから日本を背負って立つ若いみなさんに託している心根がとってもよく分かる。
まだまだ生徒さんたちはその心根に気づくまでに至っていない人も多いと思うが私は秋の発表会の準備をしていてつくづく感じている。
まあ、商売をしようとしたらとても出来ることではない行動だろう!身を粉にして働くということばがあるが、一人一人の生徒さんを迎えるにはその為の準備が必要になってくる。準備をして生徒さんを迎えるのとそうでないスタートを考えれば一目瞭然。
いろんな地区から忙しい間を縫って「来てくださる」んだから・・・となるのだ。普通で言えば日本舞踊等芸の世界はどうしても敷居が高く先生は「教えてやる」といった姿勢が多い。この違いは稽古中でも各生徒さんは十分感じているのではないだろうか?
どうしてここまで出来るのか?本当に和の文化に「おもてなし」の世界があるとすればまさにこの教室だろうと思う。決して優しい言葉だけを並べ生徒さんに迎合しているだけではない。
一旦入会した生徒さんが辞めるということは無いに等しいのに、辞めて頂いた生徒さんは2~3人はいるようだ。
何カ月もの間精魂込めて指導をしても、心の持ち方を間違えていたら、それは日本舞踊を習う資格がないとまで厳しい。
勿論、よほどのことが無い限りそうはならないっが、心から和の心、つまり日本の心を日本舞踊を通して伝えたいというのが波島先生の信念なのだ。踊りだけ習いたいのであれば他にも教室は沢山ある。本当にその通りですね。
今回、秋の発表会を開催するに当たっても、考えられないというか信じられない金額で舞台に上がってもらおうとしているのを見ても分かる。波島陽子の張り合いは生徒さん一人一人が心から楽しんでくれているところにあるようだ。
一人一人がスポーツや様々なことで一喜一憂しているように、波島陽子の喜びの原点がここにあることに拍手を送りたい。

 ありがとう!感謝の心こそ幸せになれる秘訣です。素晴らしい人生を!
 優しさや笑顔に触れて温かい気持ちになれるように、あなたの真心で!
 ご感想は shiawasekazokuyt@nifty.com まで

 幸せをありがとう!

原始時代にも似た大自然!そこには自由ににこにこと大きく育ったひまわりが笑っていた。梅花藻の花が透き通った小川の中で笑ってる。川の流れは穏やかで、実に静かだ。
木漏れ日を浴びながらさえずる鳥に囲まれ私はアダムとイヴのように自由な姿でそこにいた。ディズニーの映画に出てくるような光景だ。
赤く染まった真夏の月も優しく見守っている。きらきらと輝く星座はクリスマスのイルミネーションにも似ている。どこからともなく聞こえる歌声!胸が熱くなり目頭を押さえるのに必死になるほどの感動!
いつか観た映画の「タイムマシーン」そのものだった。美味しいお酒を飲んだあとのラッキーな夢だったのだ。
想いって凄いな~!それは私の誕生日に見せてくれた嬉しい嬉しいひとコマだった!
いつ頃だったか、夢をメモろうと枕元に専用のノートを置いたことがった。それほど不思議で楽しい夢をみる男なのだ(笑)
夢だから、あり得ない情景や光景がいつも現れる。しばらく会っていない人、もう亡くなってしまった人。何よりも自分が子供だったり学生だったり!そう言えばここでも不思議なことに気付く!おそらく未だ1回も見たことのないのが自分が自分の年齢以上では決して現れないということだ。と言うことは夢には実際に歩いてきた過程がかなり関係しているのが分かる。
辛い夢を見た日は、考えてみると自分が可愛がっていたペットが夢の前後に亡くなってしまうとか!?
目にも鮮やかな美しい大自然の中にいた今朝の夢、嘘のように自分の誕生日そのものだった。優しい気持ちにさせられいつまでもその夢が醒めなければいいのに!
こんな情景をもっと素敵に着色したら素晴らしいドラマが完成する。透き通るような小川!今そうした川を見ることは皆無に等しいくらいに無いのだ。もし見たいと思ったら、信州の山奥や多摩川の上流、それも本当の始まりのような場所に行かないと見ることは出来ない。
その美しい川の流れが夢に出て来たということは、どこかで実際に見たからだということが分かる。素晴らしく綺麗だった。一緒に居てくれた人は本当に天使のように優しい人だった。
なかなか自分の記念日にこれほどタイミングよくこうした夢を見るって無いのだが、心が洗われるほどのその夢は最高の贈り物だった。
何か、そう感じられるんだから幸せな男ですね!
目覚めて、しばらくはその余韻を楽しんだ!こうしたことをいつだったか記録していたのだが、今回はブログに載せることで記録とした。
幸せって自分の心が決めるって相田みつを氏の作品にある。どんなことでも自分の心が様々な自分を形成するのは事実だから、私の心は人生を正直に楽しめるように出来ているようだ。
感謝の心がそれを後押しし余計幸せ度が増してくれるのだ。昨日は最高に美味しいお酒が飲めたのも夢に兆しがあったからでしょう!嬉しかった(^_-)-☆

 ありがとう!感謝の心こそ幸せになれる秘訣です。素晴らしい人生を!
 優しさや笑顔に触れて温かい気持ちになれるように、あなたの真心で!
 ご感想は shiawasekazokuyt@nifty.com まで

 生まれて 生きて 生かされて

平成3年に私はある女性の生き方を知ることになった。
その女性とは飛騨の高山で育った「中村久子さん」その人である。友人の家を訪ねるため、私は浜松駅に降り立ち友人が来るまでの間、ある展示会場の入り口にいたのだ。
中で何をやっているかなど分からないほどの地味な展示だったから、その内容に触れるまでには随分と時間を要した。友人が来るまでに時間があったことが幸いしたからこれも私には大変な出会いとなった。
会議用の折りたたみ長机に真っ白なテーブルクロス。それでもそれが何の展示会なのか気づくのに大分時間がかかった。
今でこそ有楽町の国際フォーラムに常設の素晴らしい展示会場があるが、そのひとつがその「相田みつを」の遺作品の展示。そしてもうひとつが「中村久子」の生涯をそこに広げていたのだ。両腕、両足を子供時代に「ダッソ」という病気で切り取られ「だるま娘」とまで言われた女性の生涯。
三重苦と言えばあのヘレンケラーが浮かんで来るが、そのヘレンケラーをしても「私より凄い人」と言わしめた人物なのだ。
中村さんは口だけで筆を執り、料理をし、洋服を縫い、日本人形を作るまでになる。浜松の会場はその作品がずらりと無造作に似た感じで展示されていました。
その後、私は中村久子展を企画し高山の真蓮寺(遺品が保存されている寺)まで何度も足を運びました。
テレビで「知ってるつもり」に採りあげられてからは多くの人が感動しその影響を受けたようです。
ご存知のように、作品的には「相田みつを」の方が観客動員が多かった(現在も続いている)ですね。私も相田フアンで何冊も作品集を買い求め、葉ガキや日めくりも手に入れました。
しかし、年を重ねた分「生まれて・生きて・生かされて」は私の心に深く刻まれ、今後の私の生き方の指針にもしています。
お陰さまで、と同じように、生かされているのだと思うと、これからの自分の生き方が本当に明確になって来ます。感謝をどう波及させることが出来るのか!お陰さまという心は自分をどう変えてくれるのか?
私も、おそらく経験の数を言ったら誰にも負けないくらいな体験や経験をして来たつもりです。人一倍好奇心旺盛で、何事にも興味を示す性格は社会現象も引き起こすほどの実績も残してきました。
なんでそのような機会に巡り合えたんだろうと思うでしょうが、凄かったですね!本当に何にでも挑戦しましたね!その結果自分が得た結論は、自らが上に立つのではなく、その人のために尽くす、つまり参謀的な役割が似合うことを知りました。
明るく前向きな性格も手伝って本当にいろんな人に出会い可愛がって頂きました。
今年も中学生をデンマークに送る行事の中で、少しですがあの子供たちの心の中にも飛び込むことが出来ました。私は確信しています。私の言葉が、きっと彼らの将来に延々と生き続けてくれると。
それも、20年も前に出会ったあの言葉、「生まれて・生きて・生かされて」が強烈だったからと思えてならないのです。8月生まれの私が、今も心を砕いて体当たりできることがあるのも、私の役割がはっきり分かるからじゃないかと思っているところです。
母にも父にも、ありがとうですね!

 ありがとう!感謝の心こそ幸せになれる秘訣です。素晴らしい人生を!
 優しさや笑顔に触れて温かい気持ちになれるように、あなたの真心で!
 ご感想は shiawasekazokuyt@nifty.com まで

 台東区国際理解重点教育派遣団

さあ!出発です

このメンバー(出発式は1名の生徒欠席)でいよいよデンマークへ出発です。
結団式からの硬さも大分ほぐれたみたいで楽しくメンバー同市談笑する姿が見えました。
これで安心ですね! 各中学校(台東区内)からの選抜のため、どうしてもう最初は遠慮が先行?

校長先生はじめ同行教諭のみなさんもどうぞ体調には十分気を付けて行って来てください。
昨日(15日)の出発式は台東区役所庁舎で行われましたが、今回デンマークは記念の10周年なんだそうです。
毎年、お稽古初日は「大丈夫かな?」と少し不安からスタートするのですが、実に優秀。
例年になくゆかたの着方も綺麗でさすが台東区出身・・・と最初から自慢の生徒でした。
特に今年は節電節電と叫ばれ、忍岡中学校の研修室は熱気も併せてもう連日汗だく・・・ 
先生の熱意と生徒たちの輝く目に引き寄せられ明日がその出発の日になりました。

若者が日本を代表して日本の文化を披露してくるなんて本当に素晴らしいことですね!
前列左右のお弟子さんたちも一緒に輝いていませんか?
「元気」と「勇気」を頂きました!  「感動」で胸がいっぱいでした!
波島教室のお弟子さんたちも心が綺麗な人でいっぱい!まさに日本代表です。

さあ!元気に行って来てくださいな!

 ありがとう!感謝の心こそ幸せになれる秘訣です。素晴らしい人生を!
 優しさや笑顔に触れて温かい気持ちになれるように、あなたの真心で
 ご感想は shiawasekazokuyt@nifty.com まで

 ひまわりの夏

夏の猛暑に毅然と立つひまわり!
この姿を見ているとやはり遠い昔が思い出される。耳をつん裂くようなみんみん蝉が鳴き、とうもろこし畑でかくれんぼ!近くの川は絶好の遊び場で何度も川の流れに逆らって泳ぎきった。
向う岸まで泳ぐのには相当勇気が要ったことを覚えている。川の流れが急で、きっと今なら大問題の場所だろう!
素潜りでうなぎや魚を獲ったり、堤防の針金で足を切ったり・・・!唇を紫にして震えながら泳いだことも何度かあった。
この頃になるとどうしても気になったのが宿題だ。遊ぶ方が忙しくって宿題はいつもギリギリ!
帰り道でも自分より断然背の高いひまわりに見守られながらのご帰還だ!もう陽も落ちてみんみん蝉も心なしか鳴き方が静かになっている。
一日中子供たちを見守っていたひまわりもお休みの時間なんだろう!少しうなだれているように見える。
自分勝手に決め付けていたのかもしれないが、ひまわりにはいつも元気をもらっていたように思う。夏に生まれた自分にとって自慢なのかも知れない。
現在連続テレビ小説で「おひさま」という作品が放送されているが、このおひさまがいわゆるひまわりなのだ。テレビでは太陽の陽子と盛んにおひさまの輝きを話題にしているが確かに太陽が顔を出しているときとそうでないときは本当に気分まで違ってくる。
私はどちらかと言えばそれがひまわりだった。従って誕生日には相当多くのひまわりをもらったものだ。
毅然とし、ときに凛凛しく、また優しく周りを包みこんでくれるような素晴らしい花なのだ。
子供の頃の印象はそのまま大人になっても引きずっていた。「ひまわりの恋」、「ひまわりさん」「どこかで誰かが」・・・私が即興で創ったひまわりの話しもいくつか存在する。
ひまわりはいつも毅然とですよ!そんな印象を自分にも当てはめ「明るく明るく!」をモットーに生きて来たように思う。
自分の気持ちがしおれそうになると、あの夕方のひまわりが浮かんでくるのだ。どこか情熱的で明るく元気な恋を夢見て育った頃、そのまま大人になってもその方向性みたいなものは全く変わらない。
元気であれば元気であるほど、明るくいれば明るいほど、しおれたときの影響は大きい。大きく激しい恋はそんなひまわりに似ていた。
どんな苦しいことがあっても、どんなに辛いことがあっても、ひまわりは背が高いからどこからでも見える。悲しい顔を見せてはいけない!苦しい顔も決して見せてはいけない。誰が教えるでもなく夏男はひまわりからそんなことを学んだのかも知れない。
周りの花が、多くの小鳥たちが・・・「ひまわりさん」と呼んでくれた物語。小さな花がお陽さまに声をかけ続けられいつの間にか誰よりも大きくなった下りは私の作品では圧巻だった。
気持ちが滅入るとついついひまわりを思いだす。もう一人じゃないひまわりなのに大きい図体はしょげると目立つ。
ただ、忘れてはいけないのが優しさだ!私を楽しませ励まし続けてくれたひまわりは、畑が宅地となり、土手が整備されて立派な堤防へと変わり、昔のようなひまわりを観ることは少なくなった。
隅田川からは首が痛くなるほど見上げるのに大きなスカイツリーが建ったが、その傍らでみんみん蝉の鳴き声を聴いているひまわりも忘れてはならない。
不思議なものでスカイツリーを見上げてにっこりはしないが、ひまわりはにっこりとした気分にさせられるから嬉しい!まだまだ燃えるような恋をしたい!そんな元気も与えてくれるのだ!

 ありがとう!感謝の心こそ幸せになれる秘訣です。素晴らしい人生を!
 優しさや笑顔に触れて温かい気持ちになれるように、あなたの真心で!
 ご感想は shiawasekazokuyt@nifty.com まで

 夏の思い出づくり

舞衣ちゃんのお母さんからメールが届きました。
お稽古予定の変更に合わせてこんな文面があったのです。今日から勝浦で海水浴を楽しむんだそうですが、舞衣ちゃんは小学校1年のお姉ちゃんと、もう10日も前からリュックの中にいろんなものを入れてスタンバイOKとか!?(笑)本当にその光景が目に浮かぶようですね!そして結局そのリュックから衣類を出して着ているとか?
なにかとってもほのぼのとしてこちらまで幸せオーラを頂きました。
笑顔の似合う舞衣ちゃん!さぞかし今砂浜で遊びまくっていることでしょう!誰にでもある子供の頃の思い出。私は舞衣ちゃんのお母さんに会うたびに「なんて素敵なお母さんだろう!」、これはきっと旦那さんも人一倍子煩悩で、またとっても奥さんを大切にしている様が目に浮かびますね。
大きくなったときにと、お姉ちゃんはピアノを!舞衣ちゃんには日本舞踊に通わせているんです。
こうした想いは必ず子供たちに伝わるものです。将来が楽しみなんですよ!

子供二人を施設に預け、下の二人は栄養失調で亡くなってしまったというニュースがつい先日流れました。
生活力がないのに親の勝手な行動で子供が出来てしまう。生まれたらあとは知らない
年に何度か聞く話ですが、あまりの違いの大きさにただただ驚くばかりです。

愛とは、愛情とは一体何なんでしょうね!親の快楽だけで子供が誕生したとしたら、こんな悲しいことってあるでしょうか!
「生まれて、生きて、生かされて」。子は親に感謝し、親は子に「生まれて来てくれてありがとう!」という感謝の気持ちこそが愛に他ならないのではないでしょうか?
同時にこのお盆を通じ、命の大切さをもう一度考えてみるのも大切な気がします。
純粋で純真無垢な子供を優しいまなざしで見守るご家庭には心から大いに拍手を贈りたいと思います。
子供が大きくなったときに思い出せる「子供時代の思い出」は安心してはしゃげる環境(愛情)以外ないのです。
自分一人で大きくなったような口をきくとよく言いますが、これとて親の愛情によって良くも悪くもなるということです。
私はたまに舞衣ちゃんに会いますが、あの笑顔に勝る宝物はないですよ!
楽しい夏にしたい!私もそう思って過ごしています。そうできることは幸せです。
子供たちに最高の思い出をプレゼントしてあげてくださいね!
きっと先祖も笑顔で見守っていてくれることでしょう!

 ありがとう!感謝の心こそ幸せになれる秘訣です。素晴らしい人生を!
 優しさや笑顔に触れて温かい気持ちになれるように、あなたの真心で!
 ご感想は shiawasekazokuyt@nifty.com まで

 お墓参りの思い出

私は寺の子として生まれましたので、お盆や初詣、またお彼岸といった行事は特別な思い出がいっぱいです。除夜の鐘ととも新しい年を迎える頃は毎年しんしんと雪が降り小さな手を火鉢にあてながら父の隣にちょこんと座って檀家の皆さまにご挨拶!
戦争で鐘は取られてしまったそうで午前零時を迎えるとど~んどんと大太鼓が打ち鳴らされます。雪で車1台通らない町は本当に静かです。当然各ご先祖のお墓はすべて雪の下。
お盆はまったく違います。いつも遊び場になっている墓場は草ぼうぼうですがお盆の1週間前くらいから各檀家のみなさんが草取りをしお墓を洗い綺麗に掃除をしていくので見違えるほど綺麗になるのです。
お墓には全て灯篭が設置され、灯が入るとそれはそれは幻想的で綺麗です。
ここで、面白い思い出ばなしをお聞かせしましょう!墓参りには必ずといっていいほど祖先(墓)にお菓子や果物が供えられます。祖先にあげた供え物を前にそれぞれのご家族は静かにお参りをします。ここまでは何でもない光景です。ところが、近所の子供たち(殆んど男子)は小さな紙袋を持って墓の後ろにスタンバイしているのです。つまり、皆さんのお参りが終わるか終らないうちに、まるで幽霊のように墓の後ろから小さな手がいくつも伸びてきます。お供え物を盗らんがためです。
墓前にあげた大人たちはそのことを知っていて、「お参りが終わったらね!」と返って来ます。まあ暑い夏場ですから腐らせたり虫に食われるよりとニコニコ見守ってくれましたね。
子供たちはお供えを盗り終えるとみんながどれだけ盗ったかを見せ合うんですね!私の忘れられないシーンはそんなときにありました。大きなお菓子だな~・・・と期待し、お参りの終るのを待っていました。そろそろいいだろうと思い、急いで掴んだら「グニャ!?」・・・・・
何か想像を絶する感触!?掴んだのはなんと「ぼた餅」だったのです。周りは暗いからそれが何だか分からない?お供えした大人は大笑い!
おっと待てよ!私はお寺の子だったのに・・・(笑)
この時期は、都会に働きに行っていた人や親せきの人に会えるので「帰省」ということには特別な感慨がありましたね!
なかなか忙しく、それこそ帰省が叶わない今、せめてとお花を贈らせて頂きましたが、私はゆっくり浅草の東本願寺へお参りに行かせて頂きました。境内に入るとその雰囲気は何かが蘇るようです。
お墓参りも昔と今とでは変わって来ましたが、コンビニに売っているラップされた物と違いやはりぼた餅を思い出しますね!お供えにも本当に心がこもっているようで不思議な温かさを感じます。

 ありがとう!感謝の心こそ幸せになれる秘訣です。素晴らしい人生を!
 優しさや笑顔に触れて温かい気持ちになれるように、あなたの真心で!
 ご感想は shiawasekazokuyt@nifty.com まで

暑い!暑い!暑い暑い暑い(@_@;)

心の持ち方だと昨日話したばかりだったけど、マンションで行きかう人との挨拶は決まって「暑いですね!」。だから余計暑くなってしまう(笑)
何年前だっただろうか?一時40度を超えた記録にうんざりより驚きだった。これだけ高温注意報を発令しても熱中症で亡くなった人が何人かいたようだ。都会の暑さ!いや熱さだろう・・・!特に飲食店街のビルの谷間はその音頭が半端ではない。通常都会で35度と言っても、そうしたビル街はきっと40度を超えているのだと思う。
気を付け方にもいろいろあるが決して油断しないことだ。自分は大丈夫などとたかをくくっているととんでもないことになる。
節電節電と言われる今日、自信のない人は冷房を効かせてせめてお部屋を避暑地にして欲しい!もう昔のように、エアコンが無くても涼しいと感じる環境がなくなってしまったのだ。
特に律儀なお年寄りは、節電ということには純粋に従おうとするところがある。従ったがために命を落したのではなんにもならない。
炎天下で熱い戦いを繰り広げている高校野球。彼らは鍛えに鍛えた若者なのだ!それでも間違えば暑さにやられてしまう。過信しないことですね!
夕方近くになれば、家の中より散歩の方が過ごしやすいことがある。出来るなら、健康のためにも暑さに立ち向かい夕方の散歩くらいはした方が良いかも!
外ではミンミン蝉が鳴いている!風鈴や西瓜、かき氷にビールか!近くで盆踊り大会もありそうだからみんなしてこの暑さに立ち向かおうではないか?
熱中症が夏の風物詩なんてことのないように!楽しみながら暑さと闘おう!

 ありがとう!感謝の心こそ幸せになれる秘訣です。素晴らしい人生を!
 優しさや笑顔に触れて温かい気持ちになれるように、あなたの真心で!
 ご感想は shiawasekazokuyt@nifty.com まで

 気持ちの持ちようで人生は輝く!

よく、小さな子供がお母さんやお父さんと一緒に散歩や買い物、或いは遊園地などで飛び跳ねて喜んでいる姿を見かけます。浮かれすぎ、とうとう転んでしまう(>_<) 当然わーっと泣く!こんな光景をよく目にしますよね!
そんなとき3つの光景を見ます。「大丈夫・・・・!?」と優しい声で心配をいっぱいにぶつけているおかあさん!すると子供はもっと大きな声で泣き叫ぶ。
そうかと思うとどんなに泣いても知らん顔している親も見ます。子供はしばらく泣いていますが仕方なしにいつの間にか泣くのを止めてしまってる。
もう一つは転んだ子をすごい形相で怒っている親の姿です。このどれかに当てはまる光景を目にしたことあるでしょう!?間違いなく子供たちはこの3っつの方法のひとつを性格として養われるのです。本当はどれも怖いですよ!私が思うに決して一人で力強く生きていけるようには思いません。
私は自分の息子にこんな接し方をして来ました。他の子と同じように何かの拍子に転ぶまでは一緒です。その瞬間なんです。私はすかさず「痛くない!ほ~ら痛くないね・・・!」と力強くはっきりと言ってあげます。自分でも学生時代に学校の机や椅子に足のスネをぶつけ、その瞬間の痛いこと!味わったことあるでしょう!
私はいつからかぶつけた瞬間に「痛くない!」と心に強く思うようにしました。勿論痛いですよ!もんどり打って転げまわることだってありました。しかし、「痛くない!痛いもんか・・・」と心でしっかりつぶやくことで痛みの長さは本当に十分の一くらいに減ってしまいます。痛みの引きが早いんでしょうね!でも痛みを忘れられるのは事実です。
子供は元気に跳ねまわっていたのが瞬間びっくりするんでしょうね!泣く暇(ま)を与えない技術(笑)とでも言いましょうか・・・、効果抜群です。
確かにそうですよ!今度一度試してみてください!不思議なことに痛いと思えばその痛みは期待に応えていつまでもその神経(心)に居座ってくれます。「痛くない!」と言い聞かせたらほんの瞬間だけ痛みは残りますがもう次の行動に移れるのです。
これは冬の寒さも同じです。「寒い!」と思うから体が丸くなり余計に寒さが増して来ます。背筋を伸ばし、「寒くなんかない!」と思えばその現実は遠のいてくれるのです。
人の好き嫌いも一緒です。「坊主憎けりゃ袈裟まで憎い」とはよく言ったものです。相手が嫌いなのは相手の欠点ばかりが目立ち、気になっているからです。「アバタモえくぼ」、これもその通りです。好きだと思える相手のやることは全てが良いのです。
気持ちの持ち方でこの二通りしかないのです。どちらが幸せな人生を送れるかなんて絵に描くほどに明確です。
どうですか?仮に恋人に明日会うとしましょう・・・!普通待ち遠しくて仕方ないのが恋人の心境です。会いたいと思うだけで優しくもなれます。
そんな気持ちもなく、時間になって、「あっ!そうだっ今日は食事に行くんだった・・・!」などとやっと思い出して行く人に愛情の準備は微塵もない訳です。仮にその状態で会ったとしましょう!心がバタバタしている訳だから何か大きな忘れものをするに違いありません。
デートの後に、口では言えない虚しさみたいなものが襲ってくるのは、その「愛情」という準備が不足しているからです。明日はどこに行こうか?ああでもない!こうでもないと考える時間は愛情のなにものでもありません。
痛くない・・・と同じように、好きだと思えばその大きさは倍以上に膨れ上がるものです。
心の持ち方で人間が大きくも小さくもなってしまいますね!

 ありがとう!感謝の心こそ幸せになれる秘訣です。素晴らしい人生を!
 優しさや笑顔に触れて温かい気持ちになれるように、あなたの真心で!
 ご感想は shiawasekazokuyt@nifty.com まで

 張り合い(夢)こそ生きる力

中学生の指導を終えて帰ると会津の先生がとっても清々しいお顔でやって来た。
ずっと長いこと地震や原発問題で苦しんだ数か月!もう多少の余震にも慣れましたと口にしていましたが、お話を聞くとかなりの風評被害に悩まされてきたことが分かる。
人間などとっても勝ってなもので当事者でなければ言えないことがないくらい究極は辛らつなことも簡単に口にだすようだ。「放射能に汚染された福島からは嫁はもらうな!」、こんなことまで平然と口にされているということを聞くと何か放射能より怖い感じがする。
心無い人など関係なければなんでも言えるのだ。報道関係者などの責任は更に重いように思う。現場に行ってその被災者を取材するのに、例えばさきほどまで倒れていた人が何とか起き上がって病院に行こうとしていた。「すいません!もう一度倒れているところから絵をください!」となる。
昨日のバラエティ番組に将来一番なりたくない人間というベスト10のような企画番組があった。なんとトップは菅総理大臣だった。「何故ですか?」と子供に問うてみる。「何にも出来ない人間だから!」と返って来た。
結構テレビの影響の恐ろしさを感じてしまう。
明日で5ケ月になる東日本大震災!悲しい初盆を迎える人の多いこと。
身近に、どんな苦難にも負けずに頑張っている人を見ると、人生に弱音なんか吐いている場合じゃないだろう!
笑顔で踊る姿を目の当たりにしたとき、嬉しさで涙のこぼれる思いだった。「良かったね!」と言ったところで家に帰らばまだ何も進んでいないような状況下なのだ。
いつまでもこうしては居られないので、一歩踏み出すことにしました。その気持ちが青森のねぶた祭りに出向かせ、秋田の温泉で湯につかり、浅草のお稽古場にやって来たという訳だ。
頑張って欲しい!人は誰でも張り合い(希望)で生きている。張り合いのある人は本当に強い。作ってでも張り合いと向かい合って欲しいものだ。
早希ななさんの写真をポスター大に引きのばして玄関に飾りました。たまたま昨日の昼は彼女のお稽古は休みでしたが、お帰りになられてから彼女は夜一生懸命お稽古していましたよ!
写真の話を伝えるととっても恐縮していました。なんのお力にもなれないのに、返って私の方がこんなに応援を頂いて・・・・と。
東北地方のみなさんの人情味の素晴らしさはいろんなところで出会いますが、本当に心の温かい人の多いことがよく分かります。
10月の発表会には出演くださるそうですが、本当にその頃は今よりずっとずっと良い方向へと物事が片付いているといいですね!
久しぶりの笑顔に出会い、本当にこちらの方が励まされた気分でいっぱいでした!

 ありがとう!感謝の心こそ幸せになれる秘訣です。素晴らしい人生を!
 優しさや笑顔に触れて温かい気持ちになれるように、あなたの真心で!
 ご感想は shiawasekazokuyt@nifty.com まで

 郷 愁

「三年前に 東京の
 美容師学校へ 行ったとよ
 今では店で 働くそうな
 この村帰って 自分でお店
 出したら 花輪を
 贈ろうか 贈ろうか」

この歌を知っている人は少ないと思う! ああ!懐かしいな~
大好きな女性が東京へ行ってしまった。でも彼女は夢を持って頑張ってるという!そんな噂が田舎に届く!
待っているんだね!きっといつか田舎に帰ってお店を開くんだ・・・!どうしよう!そしたらやっぱり贈ろうか素敵な花を・・・・
若者が都会に憧れて多くが出て行った頃、きっとこんな感じだったのかな!
この歌は橋幸夫が歌った映画の挿入歌的な扱いの歌だったように思う。リアルタイムで耳にした訳ではないが何かの折に歌っていたのを1回で覚えてしまった歌だ。
何故かそれ以来郷愁演歌は私の肌にピタッとはまってしまった。
段々と年齢を重ね、結婚するくらいまではよく口にした歌だ。これは決して相手が恋人とは限らない。何か故郷の温もりのようなものがぐっと来る。

そろそろ帰省の季節だ。なにかお袋に想いが行ってないだろうか?どうしてこんなに故郷の香りっていいんだろう・・・そんなことがぐっと伝わってくる時期ですね!。
子供の頃に帰れる瞬間が沢山待っている。同級会などもそのひとつ。全てを自由にさらけ出せる仲間たち!
どうしてこんなに故郷っていいんだろう!いつまでもその心を大切に!

この夏、私が注目していた高校野球で甲子園初出場を果たした愛知県代表「至学館」がある。残念ながら昨日1回戦で敗退してしまい歌えなかった校歌がある。校歌では全国初ではないかと思うが、この至学館高校の校歌がなんと「Jポップ校歌」なのだ。
題して「夢追人」

「一番高い所に登って 一番光る星を掴んだ 
 一番辛い道を選んで 一番強い心をまとった
 海を渡る風が吹いた カシオペアが近くに見えた
 夢を追い続けた そしてここまで来た
 でもどうしてかな熱い涙が止まらない
 うつむきかけた時 君の顔が見えた
 差し出された白い腕が翼に見えた
 いろんなことを経験したね
 あんまり先を急がないでね
 いろんな人に巡り会えたね
 そんな旅なら悪くはないさ
 オリンポスの丘の上から 女神様の歌が聞こえた
 夢を追い続ける もっと遠くへ行く
 でもどうしてかないつもみんなにいて欲しい
 一番星よりも 夏の星座が好き
 君がいれば夜を越えて銀河になれる 」

軽快なドラムとキーボードの電子音が利いたサウンド。
これが校歌なんです。
これは各レコード会社が争奪戦を繰り広げCD化をめぐって大変なことになっているそうだ。
その時代その時代に何かこころを打つ郷愁も変わっているようだ。
私は先に紹介したようないわゆる純日本とでも言ったらいいのかそんな郷愁に触れていたいように思うが如何でしょうか!?


 ありがとう!感謝の心こそ幸せになれる秘訣です。素晴らしい人生を!
 優しさや笑顔に触れて温かい気持ちになれるように、あなたの真心で!
 ご感想は shiawasekazokuyt@nifty.com まで

 早希なな

多くのメールをありがとうございます。反応の大きさに驚きます。
本人のブログにも載っているからでしょうか?以前ほおずき市で紹介したななちゃんの
写真にいろんなコメントがいっぱいでした。頑張ってますよ!
現在は発表会に向け猛特訓中ですが、それが終わると更に自信をつけるでしょうね!

早希なな

他の誰でもない「早希なな」が頭角を表しきっと素敵な女優さんへと変身していってくれる
と思います。
本人の輝いた瞳が物語るように時に妖精を思わせる瞬間があります。
カメラを構えてその日を楽しみにしている一人ですが、彼女には驚くほどの素晴らしい心
根がありました。
嬉しい発見ですね!この表情に表れているように、純粋な心はきっと大きな感動を与えら
れるようなそんな女優さんいなるなって思えます。
夏負けしないようにって元気で一生懸命健康管理をしている姿はさすがプロだなって・・・!
みんなが待ってるぞ!ななちゃん!

 ありがとう!感謝の心こそ幸せになれる秘訣です。素晴らしい人生を!
 優しさや笑顔に触れて温かい気持ちになれるように、あなたの真心で!
 ご感想は shiawasekazokuyt@nifty.com まで

 地球は怒っているんだぞ!

ここのところどうしてこんなに自然災害が多いんだろうと思う。1日1回揺れない日はないんじゃないかと思うほど日本のどこかで揺れている。そうかと思えば台風の煽りをくって大洪水!
いろんな理屈をつけているが本当はこの原因は欲のかたまりにある人間の仕業なのかもしれないとつくづく思っている。
町が汚れる!人に迷惑だと分かっていても煙草を吸い続ける御仁は後をたたない。自分のやりたいことはいろんな言い訳をしてやり続ける。これは国際的にも同じこと。
特に領土問題などその典型だろう!詰めて言えば、自分さえ良ければ良いということだ。車社会が引き起こした排ガス問題ひとつ取っても極論は自分さえ良ければ良いのだ。
そのしっぺ返しが自然災害、つまり気候や諸々が人間がかきまわした結果がそうさせたと言ってもいいくらい全世界で地球を痛めつけているように思う。
まだ日本などは言えば分かり説けば改善しようという人間が多い国だ。地下資源をかき回したり、地球の温度を勝手に変えているのだから地球が怒っても不思議はないようだ。
子供の頃、よく近くの山へ登った。鳥のさえずりに癒され緑に目を奪われ自然を満喫しながら心を整えた時代とは事情があまりにも大きく違いすぎる。
ゴールデンウイークに鎌倉の森でホーホケキョと心を洗われるような場面に出くわした。口でなど言い表せないほど心が豊かになるのを覚えた。
本来、人間はそういう上京が大好きなんだと思う。
祭りに金魚すくいの出店がある。郷愁なんだろう!しかし、救った金魚は3日ともたない。それは水質が違ったり等自然が失われている典型なんだと思うことさえある。
それが証拠には子供の頃に獲ったほたるやめだか、みんな長持ちして楽しめたものだ。
自然だけではないだろう!人間の心もすっかり変わってしまったのが今の世の中かも知れない。
地球が怒っているなんて、決して喜べるものではない!
もっともっと自然を大切にしながら豊かな世界を作りたいものだ。探せば今の若者にも素晴らしい心の持ち主がいるってことを知って欲しい。
地球に怒られないよう物も人も大切にしたいと思う。

 ありがとう!感謝の心こそ幸せになれる秘訣です。素晴らしい人生を!

 優しさや笑顔に触れて温かい気持ちになれるように、あなたの真心で!

 ご感想は shiawasekazokuyt@nifty.com まで

 青森のねぶた

会津若松の先生から美味しい果物(桃)を頂きお礼の電話を入れた。
「はい!!もしもし・・・」ととっても明るい声が返って来た。なんと今青森にいるんですよと。こんなに嬉しかったことはない。ご存知のように福島県は毎日のように余震にの恐怖におびえ、疲れ切った声で不安を語っていたからだ。
昨日、「これからちまきと桃を送りますから」と言われ楽しみにしていたところ冷蔵便で今朝届いた。
子供のころ母が作ってくれた笹の葉に包まれた三角ちまき。新潟のそれと同じだ。
それよりもなによりも元気な声が一番だった。これから「ねぶた」なんですよ!「いいな~!私も観たいな~」そんな会話だったが、その後秋田に移動し温泉に入るのだとか!
「ゆっくりしてくださいね!楽しんでくださいね!」、忙しそうなのでそれで電話を切ったが本当に嬉しい電話が出来た。
何か話す相手の気持ちが伝わった電話。いつまでも負けてなんかいられないと頑張っている。声も弾み、ある意味開き直ったのか、行動に移してくれたことが何より。
なんだか私の方が励まされたような気分だったが一緒に頑張りたいと思う。

今日は広島で原爆記念の追悼行事。核廃絶を訴えて数十年。それが放射能で日本中が恐怖の中にいるのだから冗談じゃない。
菅総理が式典であいさつをしている姿。夏の甲子園、高校野球が開会し選手代表が挨拶をしていたがそっちの方がどれくらい立派で心を打つ挨拶(宣誓)だったことか?
日本中が「がんばれ日本」を合言葉に頑張っている。
会津の先生のように落胆していた先日の豪雨から更に這い上がってしっかり歩こうとしている。
暑い暑いと言ってももう僅か!東北にはまもなく寒い冬が待っていることを忘れてはならないのだ。
青森のお年寄りはきっと言うでしょう!「何しに来たの!?ねぶた観に・・・、ふ~ん、早くしねえともうすぐ吹雪くよ」と。

頂いたちまき、頂いた果物をかみしめながら私も具体的に歩きたいと思う。

 時代劇映画に日本の良さを見る

松下電器が単独スポンサーとして放送されていた時代劇「水戸黄門」が今年いっぱいで放送打ち切りとなるそうだ。時代劇フアンにとっては実に淋しい話だが、日本にとってもこれは無視できない重要なことだと思っている。
時代劇が好きで、それも中村錦之助・東千代介・大川橋蔵・片岡千恵蔵・市川歌右衛門、聞いただけでぞくぞくする。長谷川一夫・市川雷蔵、もっと言えば大河内伝次郎・嵐寛寿郎の頃の映画だ。
勝新太郎や三船敏郎はそのずっと後になる。現在の水戸黄門役の里見浩太郎はその後半に登場し当時はとても初々しかったことを覚えている。このブログを50代以上の人が見ることは少ないようですが以上の映画スターのことはおそらく誰ひとりとして知らないでしょうね。
映画の作りとでも言おうか確かに娯楽作品が殆んどでしたがそこには日本の温かい心がいっぱい詰まっていたような気がする。他にそれほどの楽しみがなかったのではと言われるかも知れないがそうではない。勧善懲悪と分かっていてもスクリーンに向かって拍手さえ起こったそうだ。

現在「東映チャンネル」というのがあって涙が出るほどの懐かしさを味わっている。高田浩吉という俳優は松竹という映画会社だったのでそれほどよくは知らないが歌う映画スターの走りだろう。
美空ひばりがその後続いたのも彼女にしてみればラッキーっだったかも知れない。
現在、NHKで何本かの時代劇が制作されるがそこには昔のような深みや粋みたいなものは感じられない。
芸人と言える芸人の多かった昭和の作品。大川橋蔵の画面などその美しさに何度でも魅かれている。着物の着こなしが出来、日本舞踊が出来て成せる技なんだとつくづく思う。
ロケ地も当時は良い風景がいっぱいだったから時代劇には最高だったのかも知れない。
現在、韓国ドラマが人気なのは単に韓国スターが良いというだけではなさそうだ!なにか昔の日本がそこに存在しているようなそんな親近感がそこにあるからだ。
世の中には「らしさ」という大切な言葉があるように、その「らしさ」を一番大切にしているのが韓国ドラマなんだろうと思うことがある。なんでもかんでも新しいものを採り入れ、人間描写も日本人らしいところがどこかに消え去ってしまったようなものが多すぎる。
それが証拠には、「男はつらいよ」などが愛されヒットしたのはそこに他にない日本人らしさが描かれていたからだと思う。
現在のテレビ局も松下電器(パナソニック)がそうしていたように、良いものへのこだわりみたいなものを大切に、もう一度本物を追いかけるくらいな心意気が欲しい。
昭和の良さを知っている人もその多くが年をとってしまった。東映チャンネルを知ったらどんなに懐かしがることだろうと思う。当時私の親戚が東映上映館を営んでいたので物心ついたころから多くの作品を観て来ましたが、今考えるとなんて平和で人間それぞれ心が豊かだったかが分かる。
是非一度その娯楽作品を観てみてください。何が大切か分かるような気がしますよ!


 ありがとう!感謝の心こそ幸せになれる秘訣です。素晴らしい人生を!
 優しさや笑顔に触れて温かい気持ちになれるように、あなたの真心で!
 ご感想は shiawasekazokuyt@nifty.com まで

 和を愉しめるゆとり

町のあちらこちらに盆踊りの案内ポスターが貼られています。夏大好き男にとってはたまらないですね!
昔はよくやぐらの上で太鼓をたたいたものです。でんこでんこでん!それででんこでんでんでん・・・。よく血が騒ぐと言いますがそんな感じでポスターに見入ってしまいますね。新潟県長岡市では恒例の花火大会が例年になく賑やかに開催されたそうです。長生橋がかすかに見えた映像はとても懐かしかった!今年は特に東日本大震災の後だっただけにその思いも大変だったと思う。
もともと長岡の花火は戦火に襲われた町の復興のために開催されたのが始まりとされています。それぞれの行事にはみんななにかの理由があってのこと。「私たちが襲われた中越地震のときは本当に多くの人に助けられました」とその感謝の弁を述べている。
フェスティバルという行事は近年本当に沢山ありますが、何か魂が込められた花火大会はやはりひと味もふた味も違う気がしますね!
みんなでゆかたを着てなんて当たり前!昔はそばに西瓜がありました。うちわで涼を愉しむのも花火の醍醐味でした。みんな笑顔で、そのときばかりは多くの人が幸せそうに笑っています。花火に込められた思いは様々ですが、こうした行事は子供たちのためにも年々盛大になって欲しい。
盆踊りもまったく同じこと。輪になって気持ちいい汗をかきながらみんな一緒に踊りだす!ここにもあるのは笑顔です。
子供のころ、親が笑っているときと機嫌の悪いときの違いの大きさを味わいました。怒っているような顔で始まる一日と、ニコニコと笑顔の一日の違い!笑顔がいいに決まっています。
夏に見る日本の祭り!まだまだしばらく全国のあちらこちらで開催されます。できればゆかた姿で是非参加してみてください。
浅草界隈は特にゆかたが似合う町で、ときどき犬や猿が着物やはっぴを着ている光景も見れますよ!
さあ!暑さなんか吹き飛ばして出かけましょう!
いろんなことがあればあるほど、どんなことにも負けずに出かけましょう!

みんみん蝉が追い打ちをかけるように夏を演出しています!

 スカイツリーの顔を楽しむ

まもなく工事用のクレーンが全て姿を消す。と同時にその姿は美しい東京スカイツリーとして登場するということだ。
今年の元旦午前4時頃からカメラを持って隅田川に出かけてからもう7ケ月が過ぎた。素晴らしい瞬間を収め、きっと今年は素晴らしいことがあるだろうと前向きに暗示をかけたが夏男はここにきて更に燃えている。
今朝も5時頃から隅田川に歩を進めたが今日のスカイツリーは神秘的な姿を見せカメラが無いのに地団太を踏んでしまう。
霧状の雲と朝陽が織りなす大自然のキャンパスに不思議な魅力を見せたスカイツリー。近所に住んでいるから見れる顔だがジョギング中でカメラ無し。とても残念。
これからは意識してスカイツリーを撮り続けようと思った瞬間だ。

スカイツリー

工事用のクレーンが全て取り外されたらどんなに素晴らしい姿を見れるのか今からとても楽しみ。
あまりにも近いからアングルがこのようになってしまうが、撮影スポットは良いところが本当に沢山ある。
少し残念だなと思えるのは、浅草界隈からでも良いスポットは沢山あるのだがその殆んどが電線で邪魔されている。この電線さえなかったらどんなにか素敵なスカイツリーの写真が収められるか考えただけでも実に残念。
千葉県側の江戸川の向うから狙えばスカイツリーの後ろに富士山を撮影できそうだ。世界一と日本一のコラボ!是非挑戦してみたい。

 なでしこジャパン 国民栄誉賞

ただただおめでとう!ただただありがとう!
素晴らしい活躍はライブで大興奮とともに観ることができました。何の競技でも国際試合(ゲーム)は熱が入ります。それが決勝戦ともなれば今度いつ観ることができるだろうか・・・・と言ったところです。
国民栄誉賞の規定では文句なしの受賞ですが、そこに政治家が絡んでいると本当に厄介なことが多い。もっと純粋に素直になって称えてあげたらと思う。
人間の心は強くも弱くもある。しかし、張り合いや希望がそこに見え隠れするから醍醐味も増してくる。
日頃サッカーなど縁遠い人でもさすがに優勝戦は違う。今回は深夜3時の放送であったが視聴率が示すように凄い注目度だった。
あれだけの体格差やスピードの違いに、前半を観ただけでもまだ1回もアメリカに勝っていないことがうなづける。それがどうだ!1点取られれば1点、また取られればまた1点をすぐに取り返す。そしてPK戦に持ち込んだときはもう勝ったと信じて止まなかった。
それは笑顔のなでしこと悲壮感漂うアメリカの違いがはっきり見えたからだ。勿論勢いがあったのも神様が降りてきたのかもしれないと思うほどだった。
そしてPKで決着が着いた瞬間は日本も太陽が昇っていた。
おめでとう!ありがとう!そればかりだった。
政治家よりも大きな貢献があったと日本中が騒いだ。その通りだ!

文句なしの国民栄誉賞。最高の受賞だと思う。日本も決して負けない!

 デンマークに届け !

いよいよお稽古も3回目となりました。
目もしっかり輝くようになり段々と揃うようになるとやはり美しさが表れてきますね!

3日目のお稽古

一生懸命さが伝わってきて、これなら大丈夫かな?
多少のアレンジも施さなければいけませんが17名という踊り子はさすが圧巻です。

お稽古2

ゆかたのたたみ方もだいぶ上手になりました。
特に台東区に住んでいる中学生なんだから着物くらいは着れる方がいいですよね。
男性軍もしっかり着れるようになり、それなりに様になっているから嬉しい。
さあ!あと2回で仕上げますよ!

プロフィール

岡部俊雄

管理人 : 岡部俊雄
チーフ・プロデューサー
演出家

最新記事
月別アーカイブ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード