FC2ブログ

始まった春まつり

桜1

いかにも浅草周辺の観桜会の風景が登場していますね!
土曜日はぽかぽか陽気に恵まれて風もなく凄い花見客で賑わっていました。

       桜4

いつもならここがジョギングコースなのに今日ばかりは笑顔を集めた春爛満でしたね!
花の開き具合はあと1週間は大丈夫でしょう!

桜2

この時期にしか入れない伝法院の日本庭園はうっとりするほどの美しさです。
外国のお客様にもう少し宣伝すればと思いますが、日本人でもちょっと気づかない場所です。
ここのしだれ桜はまさに満開で良い時期にカメラを構えることができました。
毎年咲く桜もその年その年の顔を見せてくれるので春は嬉しいでうね!

桜3

この景色、浅草寺境内で観れるんですよ!   別世界です !!

心を失くす便利さ2

お彼岸 1

昨日は近くの東本願寺へお彼岸のお参りに行って来ました。
浄土真宗の本堂の作りは全国どこのお寺も一緒で実家のことが強く思い出された。
お彼岸にふさわしい暖かな春日和で家族連れが目だったのも何故か嬉しかった。

お彼岸2

近くの花やさんで仏壇のお花を求めに・・・
今頃の店内は春の香りと春の色合いになぜか心が躍る思いにかられます。春ですね~

本堂で読経が終わるまで手を合わせる中、改めて人の心の大切さがふつふつと溢れ出てくるのが分かる。

それは、先日「心を失くす便利さ」に触れたところ、多くの反響がありあまりにも驚いたからだ。
若者からは反論にも似たメールが届きましたが、賛否両論でそれぞれの心(考え方)が分かって嬉しかった。

先日も述べたように、私がこのネット社会を危惧しているのは事実で、便利な情報収集機材に振り回されている現状をもっともっと整理し考え直さなければいけないと思っているのは確か!
知っての通り、最近では、想像もつかない精神状態で事件事故が起きているが、これこそは便利になった情報収集のなにものでもないと思っている。
勿論、インターネットを利用する手段(機材)は使いようによっては実に素晴しいものであることは何も反論する余地はない。 むしろ、ネットを利用し今の事業に関わっていることは逆に歓迎もし喜んでもいる。
私が危惧するのは、その使い方利用の仕方による。
気違いに刃物とまでは言わないが、心ない者がただ便利さだけでこれを前面に生活(しごと)することは必ず世の中、いや日本の崩壊につながるような気がしてならないことを心配しているのだ。

私がネットを利用もせずにこのような話しをするのであればまた違うのかも知れないが、便利さは十分知った上で警鐘にも似た気持ちでいるということだ。
例えば「挨拶」をひとつとってもそうだと言える。特にメールでのやり取りなどこの便利さは目を見張るものがあるが、このメールのやりとりでの文章(会話)はあまりにもひどすぎる。
例えば、「おはよう」を「オハ!」と打つ。 事例は数えきれないが、これが普通に目の前に相手が居ても「オハ」となっている。

私もメールなどはおそらく人の何倍も何倍も使っている方だと思うが、文面に心を入れて送ることは十分できると信じ使用利用を続けている。
このメールの交信がこのように全て普段の会話でも同じ感覚になったらどうだろう!?

考えることをせず、いとも簡単にスマホ等でことを済ませてしまう。
使いようによっては勿論あった方が便利ということは認める。 しかし、会社でも道路でも、レストランでも、旅行に行ってまでも・・・、毎日の通勤途中の車内でも3人に1人は見たりゲームしたり様々だ。
その様子利用度の頻度は尋常ではない。
当教室のお弟子さんがスマホを普通の携帯に替えたときの話だ。 「スマホを持っていると何故かついついパッと手軽に見てしまう。確かに車内でもどこでも・・・・! よく考えると自身の心の時間を全て奪われているように思う」・・・・と。 時間がもったいないのでスマホを辞めました・・・と。
若者がそう言っているのだ!!

昨今起きている殺人事件等も、いとも簡単に呼び出せる等々!
普通でさえ心が希薄になっている中でこの手段では世の中がおかしくならない方がおかしい!!

また、インターネットを通しての商売は信じられないほど進化し続けているが、私にはそれらが日本をあるいは世界を駄目にしてしまう道具になっていないかと思えてならない。
少し勉強すれば、少し得意でさえあればネットを駆使して商売をすることくらい実に簡単な世の中になったと思う。
勿論、正しい使い方でしっかりやっている人も多い。 これらを駆使(りよう)して営業成績を上げることも大切なことだ。

しかし、本物を知らない若者が、「こうすれば商売が上手くいきますよ!」・・・と指導めいた発言をしてくる。
日本人特有の「丹精」という言葉など毛頭その意味さえ知らないだろうが、丹精こめた製品に心をこめてお客様にお勧めするという世界は日本の財産のようなものだ。
何故日本が素晴らしいか!!  日本の文化や伝統は心があってこそのものだということを飛び越えてその伝統文化を便利さだけを武器にまとめあげようとしている。
確かに、ネットを駆使すればこの日本の良さをくまなく世界に発信し、知らしめることは可能だ。
でも、外国人や多くのお客様にお見せし体験し楽しんで頂く根底は決して変えてはならない筈なのだ。

特に、日本の文化や伝統などというものは便利さを駆使するメカでなどどうなるものでもない。
日本の伝統や文化には、それは言葉では語りつくせない心というものがあってこそ積み上げられてきたものばかり。

その深みを知らずして「お手伝いします」などと称しネットを利用し商売をすることにも危惧している。
伝統や文化を理解していて利用して欲しいということです。

私は、おかげで20歳代から接客の重要性を徹底的にたたかれて育ち、子供の頃は寺の息子として育ったせいか、挨拶や思いやり等の心は自然と身に着けていけたと感謝している。
今、教室での踊りにしろ歌にしろ、お芝居にしろ、心で動け(表現)と教えているが、特に若者の演技には深みなるものが感じられないことに気づく。  これはその子が悪いのではなく、その子を取り巻く環境、つまり家族だったり学校だったり等々その影響力の恐ろしさに心配は絶えないでいるのだ。
美しくなりたい!女性らしくなりたい!・・と通う若者の心には頭が下がるし称賛さえする。

最近のテレビの時代劇などを見ていても悲しいかなつくづくそう思う。
それは、お芝居特有の色気が感じられないのだ。 深みのない演技に今の若者は慣らされていると言ってもいい。
報道する側も「報道の自由」という名のもとで全て発信することの是非をどこかでしっかり歯止めをかけなければいけないのではないかとさえ思うことがある。
話しは変わるが、つい先日「サリン事件から20年」がどのテレビ局でも大々的に放送されていましたね!
中でも驚いたのがサリン事件発生の1週間ほど前に、ある新聞社が出した「上九一色村にてサリン製造」のニュースだった。
警視庁が極秘裏に進めていた捜査にこの報道が流れたことで、サリン散布の時期が早まったとされている。
これはある意味報道機関の問題でもあるんじゃないかとさえ思う。

報道という影響の大きさは本当に怖いという一例だろうが、さらに最近のネットにはびこる事件事故は目を覆いたくなるできごとばかりだ。
これらを駆使(りよう)して営業成績を上げることも大切なことだ。

そんなに簡単に商売がうまくいくのであれば自分でやればいい。 しかしそれは出来ないのだ。
つまり、人のふんどしで相撲を取るの例えがあるように自分が作り上げたものでないとやはり価値はない。
上手くいっている会社を「もっと良くなりますよ・…」と来るから恐れ入る!

それだけなら良いが、簡単にネットを利用できる今の世は怖いほどに心を奪っている現実のオンパレードだ。
それが、事件や事故につながり人の心をむしばんでいる。
悲しいことに、そうしたことに気づいていない若者が多いから困る。

性格が悪かろうがどうであろうがネットなら簡単に出会うことも利用することも出来る。
そこが一番怖いかもしれませんね。

私も仕事はメールを通して仕事をすることが多いが、初めて仕事でメールを見たくないと思ったことがあった。
つまり、心が通わないから見たいと思わなかったのだ。
すると、私のことを「メールを見るのが苦手なようですから・・・」と言った人がいたが滑稽でならなかった。
メールの内容を見ない訳がない!!   しかし、もう放棄してしまっていたのだ。 
いくらネット社会でも、心を大切にし心通い合う道具にネットを使わないと世の中人間不在になってしまう。

簡単にメール交信やネットでの検索の中で日々歩いているようだが、正しい使い方をしないと本当に大変な世の中になってしまうことを決して忘れてはいけないと思う。

使用しているときの便利さはおそらく私が何を言っても駄目でしょう!
使うなと言ってもつい開いてしまう! 小さな画面をずっと見て何かを得ているのかも知れない。
しかし、その時間、大切な心をその分失っていることを忘れないでほしい。
便利さには必ずしっぺ返しがあると思って間違いない・・・・。

人間らしく、若者らしく、学生らしく、男らしく、女らしく等々はもっと他にあるのだから・・・!!
特に日本人は素晴らしい国民です。 少しずつその素晴らしさを崩壊させているのは便利さに酔っている人だということを忘れて欲しくないですね。 

本堂でずっとずっとそう考えながら、尚自らの心の在り方を問う時間になった。
    
 (お彼岸に)

ROX-3G OPEN

ROX1.jpg

待ちに待った浅草ROXの2号館が3月20日にOPENした。 
 「ROX-3G]という楽しみなショッピングモール!
あまりの人出にまだ入ってはいないが話題いっぱいのフロアばかり
従来のROXの真向かいにあるので浅草に遊びにきたら是非・・・です!

20150322130010.jpg

この通りは浅草らしい遊び場がいっぱい並んでいるがまだまだ建設中のビルが目白押し。
近いうちに出かけてみてくださいな!!

心を失くす便利さ

心と心

私が制作会社を営んでいた平成元年頃はまだ一般に携帯電話なるものは普及されていなかった。
平成に入って、阪神淡路大震災・オームのサリン事件・中越地震等々、世界でも大きな歴史的テロ事件等々が沸き起こった。
宇宙で活躍するはやぶさや宇宙ステーションもごく身近になり、この頃は小学生までもがネットをいとも簡単に操って生活している・・・そんな時代に突入しているのだ。
確かに想像を絶する便利さの登場と言って良いだろう!!

私は、この便利さに対しどちらかというとその便利さこそ危惧する性格のようだ。
つまり、便利であることには勿論違いないが、その裏側に潜む「危険」を心配する一人だということ。
ホームページを制作管理するのだからパソコンを操作出来ない訳ではない。  いやむしろ1日中パソコンの前にいるといった方が正しいだろう!  それはお客様からの問い合わせがあるからだ!!

私はよく「機械もの、メカが苦手で・・・」と口にする。
勿論苦手であることは間違いの無い事実だが、分からない訳ではない。
専門分野ということで役割を分けるとすれば、私はどちらかというと文学や歴史が得意で今日まで来たつもりだ。
しかし、仕事の都合上ワープロはいち早く会得し駆使してきたし、パソコンも教室に通って学んで基礎を得た。
先日ネット(PC)に詳しい若者と雑談する中で「文章が欠けて写真が撮れるって素晴らしいことですよ」と言われた。
パソコンやスマートフォンが使えても文章能力が無いと結局仕事にならないんですよ・・・とも。
まあその辺がまだはっきりは納得できていないが、でも波島のホームページのカラーを出せていることは褒められた。

専門家と称する担当者に出す原稿も全てコピーから構図の指示までそのイメージを構成する。
あまり得意でないことにその代償として費用を払い仕事を続けるのだが、私が知らない知らないというと間違いなく「こうすると集客できる・・・」とか「こうすると・・・・」ととても得意そうに助言してくる若者が多い。

つまり、私が何が言いたいかというと、心を大切にできる輪をつくりたいということなんだろうと思う。
輪とは「和」と置き換えても良い。
和の定義ってなんだろう!!??  今の若者はきっとそう考えたことの無い人の方が多いだろう!!
ご縁を頂いて日本文化に触れた仕事をさせてもらっている。 習いたい・・・と通う生徒はそんな中でも私は感性を持った若者なんだろうと思う。
その若者でさえスマートフォンを離さない。  
これで2回ほど生徒さんたちとディズニーランドへ行って来ましたが、当初私が行った頃とは大きな違いに出会う!  それは、スマートフォン主流の園内の廻り方だからだ!
素晴らしい! 本当に便利だね!  心からそう思った。 いとも簡単に駆使し時間に無駄が無くなった。
これだけ見ると決して便利さが悪い訳ではない。

ここで私が言いたいことは、便利さに流され自分を見失わないで欲しいということだ。
簡単にラインを使い、世の中は事件だらけだ。
誰もが自分は大丈夫と思っているだろうが決して大丈夫ではない。
ペンを持って手紙を書くこととメールで文章を送ることの違いはあまりにも大きすぎる。
大げさに言えば、このままだと日本を駄目にしてしまうのではとさえ心配になってくる。

心の無い人間が結婚してうまくいく筈がない! 夫を、妻を、親を、子を、いとも簡単に殺してしまう現状はその殆どが心を失くした人間だからで正解だろう。

私で例えるなら、子供の頃は裸足で歩き遊んだ! 山へ川へ! 日が暮れて帰ると親にこっぴどく叱られたり、笑顔で迎えられたり!
友という響きは温かく心に残っている。
最近も高校時代の友人から仲間が集まるから家へ来いよ・・・と誘いがあった。 その友とは本当にいたずらが大好きで想い出がいっぱいだ。 社会人になってもときどき会い盃も交わし人生を語った。
懐かしいだけで会いたいのではないだろう! 勿論あの時代を盃を交わしながら懐かしむことが出来るって嬉しいことだ。
当時の呼び名で笑いながら語り合える友は素晴らしいものでもある。

あの時代は何を使って遊んでいたかだ!
今のようにネットを通じ誰か分からない者とではなく、心を使って遊んだものだ。
そしてその若者が日本を作った。

便利さが、簡単になにかが入手できる世の中にしてしまい、大切な心を置き去りししているように思う。
本当の心を知らず、間違った感情だけで簡単に損得勘定をはじき出していたらいつかきっと人間社会は崩壊してしまう。

自分の考えは正しいと意見を通そうとするのも、人間としての奥のふかさを失ったからではないかと思うのだ。
便利の裏側に必ず危険が潜んでいることを頭にいれておかないと取り返しのつかない時代が来そうで本当に心配だ。

人と付き合うときはスマートフォンは桐箱の中にしまっておくべきだろう(笑)
人と話していても必ず遮るのはスマートフォンの呼び鈴なのだから。

本当の仕事のやり方を知っている我々に、便利さだけでいかにも知っているかの如く仕事に絡んでくる若者になってほしくないね~。
勿論、若者の中にも、心と便利さを上手に使いわけて歩いている者もいる。
そうした姿に感動するのはやはり心が先行しているからなのだ。

結婚しても、簡単に別れるのは相手の心を知ることが出来なかっただけなのだから・・・!
離婚はその殆どが男性が悪いように思われた時代もあったが、今ではしっかりした心なくふわふわした表面の憧れだけで夢を追いかける女性も少なくない世の中になった。

コンビニが出来、24時間営業のスーパーが出来て便利になった。
おかげで結婚せずとも生活はやっていけるのだ。
何が良くて何が悪いとは言い切れない。 しかし、相手の本意を知る努力をし、人を大切にする心あれば幸せになれるのだ。
人はその殆どが、自分は正しいと考えがちだ!  便利さに、その勘違いが加わったら世の中崩壊だぞ!

相手を、とことん愛せる心をもってこそ人間だ!  世の中自分が中心じゃないのだから・・・・・!!
「和の心」、・・・ それは感性豊かに思いやりの中で歩ける心でしょうか 。
スマートフォンの中に、感性や思いやりは入ってないのだから・・・  !!

便利さは誰もが飛びつきやすいけど、便利な分大切な「心」を失くすことも忘れないで欲しいですね!!





いい季節のはじまりです

満開

隅田公園に咲いた満開の桜 ♬

三寒四温がまだまだ続く中、隅田川の堤防沿いに3本だけ桜が満開になっていました。

この桜の木は毎年20日ほど他の木より早く満開になりますが、今日は絶好の春日和でちょっと得した気分。
花粉症なので出来るだけ外には出たくないのですが、運動不足解消にとマスクをしてのジョギング。

特にお天気が良かったのでしばらくひと足早い桜見物。
今日、ここまで足を延ばした観光客のみなさんはラッキーでしたね。

日本の花 さくら  いい季節のはじまりです ♬

男前の甘味処で

甘味処で

明治座へ観劇に行く途中 !!
時間がだいぶあったので人形町から浜町への道中で『甘酒横丁』にある甘味処をみつけ飛び込んだ。
20人くらいが座れる小さなお見せでしたがメニューは甘味一色

甘いものには目が無い方で隣りを見てもさっそくよだれが出そう・・・
注文してから踊り談義に花を咲かせていたらなんと夢中だったのか30~40分は過ぎていた!
隣りの席(両隣り)はとうにお客様が入れ替わっている・・・
???????
遅いね~とは思いつつも話しは続く・・・
まだ来ない(泣)  やっと来ないことに気づいたのだ。

注文をとってくれたのは20歳くらいの若い女性だった。
遅いね~・・・と言いながら店員さんを呼んだ。
今度は26歳くらいの男前がやって来て・・・「何に致しましょうか・・・?」??????????
「もうとっくに頼んであるんですが・・・」
すると、「申し訳ありませんがもう一度ご注文お願いできますか!?」 初めての経験に唖然(泣)

「これから作るんですか?」
「どうしよう・・・・・・」 そう言われると急に食べる気が失せてしまった。
「分かりました・・・」ともう一度注文をし直し今度はその気で待った(笑)
店員さんは注文を取ってくれた先ほどの女性と2人だけ。
この一部始終をその女性店員は見ていた。  男前店員は一生懸命お詫びをし頭を下げる。

そして、「お代は結構ですので・・・・・」と低姿勢
「えっ! そんな~・・・」と言いながら少し期待(笑)
このやりとりも全て女性店員は見ていたが一度も「申し訳ありません」とは来なかった???

それでも、「お代は本当に結構です・・・」の言葉に美味しさは更にUP
帰りのレジでそれでも「いくらですか?」と勿論払う姿勢 
「いえいえ!とんでもありません。 また起しください・・・結構ですから・・・ 本当に申し訳ありませんでした」と。

隣りに立っている女性店員は何もなかったように・・・  不思議な出来事でしたが彼が更に男前に見えた 。
どちらも1,200円くらだったからお腹は更に満腹状態だった!!

あるんだね~こういうことって。  それにしても彼はエライ! それにしても彼女は????????


プロフィール

岡部俊雄

管理人 : 岡部俊雄
チーフ・プロデューサー
演出家

最新記事
月別アーカイブ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード