FC2ブログ

想いは必ずかないます

DSC_0979_20171117145224f77.jpg

 今頃、決まって思う事!「1年は早いな~・・・・!!」ですねやっぱり!!
それだけ日々やることだらけなのかなとも思うが、それはとっても贅沢な話しでとても嬉しい
ことだと思わなければなりませんね。
 
 今年は三の酉まであるということで暖かな日に「一の酉」に行って来ましたが、ぽかぽか陽
気に誘われさすが鷲神社は凄い人出でした。
 しかも、酉年の酉の市だけあって何か特別のご利益がありそうな気がするから不思議です。
犬猿の仲と言われる犬(戌)と猿(申)の間に入って平和をもたらす鳥(酉)。十二支を紐解く
と結構うなずけます。
 だいたい十二支が何故この順番に並んだかの言われは、昔お正月に神様に新年のご挨拶に伺
ったものの順番だと聞いています。面白いことに、なぜ足の遅い牛(丑)が結構トップにいる
かというと、足が遅いことを自覚している牛がまだみんなが寝ている頃に出かけたからだとさ
れています。 ではどうしてねずみ(子)が1番かというと、これもまたまことしやかに滑稽
なんですね! それは、ねずみは牛が出かけることをすでに知っていて、前の晩から牛の背中
に乗っていたんだと言います。 つまり、ゴール寸前に飛び降りて一番で駆け込んだって噂で
すよ!
 酉年の酉の市もまためぐり合わせとしては12年に一度の巡り合わせですからこの賑わいな
んでしょうね。
 
 「苦しい時の神頼み」「賽銭箱に五円玉、なんと願い事の多い事」。 
私は日々のジョギングを隅田川で恒例にしていますが、途中必ず浅草寺さんの本堂前を通って
隅田川に出ます。
つまり、私には手を合わせる機会が多いということです。 自分で勝手に観音様のおひざ元で
見守って頂いていると解釈しています。 その気持ちが大事なんだと思ってもいます。
勝手に思えて勝手に幸せ感に浸れるんだから幸せこの上なしです。
そう思って人生日々歩けたら充実した暮らしがおくれるんじゃないだろうか!?とね!

 江戸の情緒を残し、スマホ時代によき日本を味わえるんだから浅草は素晴らしいところです。
いつだったか、ある人が波島陽子日本舞踊教室を神田界隈に移しなさいと言った人がいました。
それもこれからの日本の文化は「神田」だというのです。失笑でしたね!!
日本舞踊教室は浅草、それも雷門にあるから素晴らしいんです。 観光客の数も浅草と神田で
は比較のしようがありません。  それほど浅草は江戸文化のど真ん中なんですね。

DSC_0999_20171117145226273.jpg

 ニュースでご存知の皆さんも多いと思いますが、あの仲見世商店街は東京都から浅草寺に持
ち主が移りました。 まだはっきとはしませんが、各出店者への家賃がトンでもなく上がりそ
うだとの噂です。 今の家賃だからあの雰囲気での店づくり(街並み)ですが、これが周りが
相場だからと家賃が上がったら今の仲見世は無くなってしまいますね。 つまり店側はやって
いけないからです。
相場がそうだからと突然賃上げされたらあの仲見世が無くなる!!  私は心底鷲神社にお祈
りしてきました。  「家賃が上がらないことを祈ります」・・・と。

 波島陽子日本舞踊教室が何故若者(生徒)が多いかはそこにあります。同じことなんです。
日本舞踊を習おうとしたら現状はまだまだ費用がかかるのが残念ながら通常です。
昔から決まっている風習だからと各流派(教室)の発表会があります。最近、他の流派から移
って来た若者(生徒)の話ですとやはり発表会や恒例の舞台は出演するのに高い費用がかかる
ので続けることが出来ませんと嘆きます。
 一人でも多くの若者に日本の文化やこうした伝統を伝えたいとすれば運営側に大きな問題が
あることは否定できません。
昨年の公演でも、波島は会社への協力要請をしてきました。それは資金援助をして欲しいとい
うことです。 数百万の援助を本体のポラリスがすることで生徒さんはあの素晴らしい舞台に
立つことが出来ました。 企業努力と言いますが、これは大変なことです。
 でも、素晴らしい後継者や人材が育つことをみれば必要なのですね。 この形を若者が当た
り前とみるか、感謝の中でより頑張ろうとするかではっきり分かれます。 こうした若者を、
正しい心根で育てるのも企業努力でしょう。
 ちゃっかり牛(丑)の背中に乗って1番になるねずみ(子)も実際にはいる訳だからね!!
ともあれ、想いを成就させたいとの神頼み。それでも集まった参拝者は笑顔です。きっと来年
は良いことがありますようにはおそらく皆同じだろうからね。

 今年も多くの生徒さんが頑張った1年でした。 海外公演に行ってくれた生徒さん。海外か
らも多くの観光客の皆さんが日本舞踊を見学にやって来てくださいました。

 本物であれば評価される伝統。 まがいものでない対応の中でまた来年も取り組んでいかな
いと・・・と気を引き締めているところです。

テレビ取材・CMのポージングや演技指導も年々多くなって来ています。 波島陽子を日本
一の指導者にしたいの一念で今年もここまで歩いて来ました。 
今度は指導者ではなくCMの出演依頼が届いています。 それも一流商品のCMです。 
決定になったら報われますね。
 まあ、今回無理でもきっとその日が来るのは間違いないと確信しています。

 鷲神社での願いはきっと叶うことでしょう。 今年も頑張ったんだからね。
プロフィール

岡部俊雄

管理人 : 岡部俊雄
チーフ・プロデューサー
演出家

最新記事
月別アーカイブ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード