FC2ブログ

  本物こそおもてなし

撮影1

昨日は十三夜だったでしょうか!?  美しい満月にしばらく見惚れていました。

午前中は少し小雨がぱらついていたのですが、お客様の催行時はご覧のような日差し。
ご存知のように今浅草はレンタル着物で左端の(ピースの)女性のように浴衣で浅草寺境内を
散策する観光客の皆様が本当に増えました。

考えてみたらこの企画、当社が浅草で一番最初に始めた企画でした。
もう十何年にもなるんですね。
大手の旅行業者の依頼で始めた「浅草を着物で歩こう」の企画、勿論当社にもゆかたコースは
ありますが、目玉は何といっても「振袖」です。
この企画にはこだわりがあって、着物も着付けも最高なものを提供させて頂いて来ました。
それがこの写真に見えるように「作品の差」として如実に表れています。

この日も境内を楽しむ一般の観光客のみなさんにせがまれてこのように一緒に写真に収まりま
す。
美しさが際立っているんでしょうね。
私どものお客様は最初戸惑いを示しますが、だんだんと楽しさに変わっていくのが分かります。
「境内を歩くと必ず写真を一緒にと頼まれますよ・・・」の私の話に最初は「OKですよ」・・・と軽い
気持ちで応じますがいざ境内に入るとまるでスターのようにひっぱりだこ。
でもきっと嬉しいんでしょうね。

こうした仕事をしていていつも思うことがあります。
なんでも「本物志向」がいかに大切か・・・ですね。 入れ替わり立ち代わり着物を着せてあげた
らいいのではなく、これぞ「おもてなし」・・・と言える対応がいかに大切か分かります。



撮影2

外国の観光客のみなさんが、「一緒に写真いいですか!?・・・」と言われるのと違い、この写真
のように日本の修学旅行生が一緒にと言われるのが本当に嬉しいですね。

笑顔もほのぼのとしていて本物感でいっぱいです。

この日は境内散策を終え、日本舞踊を特別に観て頂くというサービス。
考えてみたら、思い出づくりのお手伝いをしているんですもんね。
ポラリスならではの催行です。

私も9月いっぱいは歩くのもままならない状態で秋の観光シーズンに対応できるだろうかととても
心配でしたが、10月から通い始めているプールでのリハビリ効果が出て足腰もとてもしっかり
してきました。

ヘルニアの恐ろしさを感じた今夏でしたが、歩けることの喜びをお客様と一緒にその健康をかみし
めています。

当たり前が当たり前でなくなったときの恐ろしさは言葉になりませんが、おもてなしも慣れてしまっ
ての行動ではお客様の旅も台無しになります。

常に全力投球することで「日本の心」をお土産に持ち帰って頂けたらとスタッフ一同腕まくりしてい
ます。

着物や着付けが本物なら、それにかかわるスタッフが心をひとつにすることできっと素晴らしい「
思い出づくり」に貢献出来るんじゃないだろうか。

観光地慣れしないように気をつけないといけませんね。
















  神頼みの心境

我が家の水害

昭和59年頃だっただろうか!?

我が家も床上浸水というのを経験したことがあった(左手前が我が家)
確か家を新築して3年くらいの出来事だったと思う。  この道路の奥が川で、豪雨で
堤防が決壊してしまい大変な苦労をした思い出がある。

当時偶然アルバイトの高校生が5人ほど居たのでとても助かったことを覚えています。

町には初めて大相撲の地方巡業が来ていて、若い力士がまわしひとつで手伝ってい
る光景が新聞に載りました。

学生たちのお陰で1階の畳は素早く片づけたので大事には至らなかったが自然災害
の思い出は決して他人事でないことは肌身にしみて分っている。
川上が材木屋であったため、それは凄く大きな大木が何本も流れて来て、家にぶつか
らないようよけるのが大変でした。

床上浸水、つまり氾濫は本当にどうすることも出来ない。
また、誰を恨むことも出来ない。
堤防が氾濫することを町は知っていたかどうかの問題ですが、この頃でさえ想像もしな
かった出来事だったと思う。

私がここまでの体験をしたのは後にも先にもこれが最初で最後でしたが、最近の天気
予報を見ていると世界中がどこかで必ずこうした自然災害に遭っているような気がする。

備えあれば・・・と言いますが!! どんな備えなら万全なんでしょう。
ショベルカーで運ばれる母親を見てその恐ろしさは頭を離れることはありませんが、この
ような台風がしょっちゅう来ている沖縄近辺は本当にどんな生活を強いられているんで
しょうね!

丁度私が40年も昔、石垣島に出張で出かけている時にも大型台風で那覇に帰れなか
ったことがありました。
島のみなさんは台風に慣れていたのか、家の入口や窓に容赦なく板を打ち付けていた
ことを覚えています。

台風は海の温度で発生する訳ですが、広い太平洋が恨めしくも思う日本列島ですね。

最善の努力こそ危機意識。
あの暴風雨の中水しぶきを上げて車を走らせている御仁を映像でよく見ますが、台風
情報を決して侮ってはいけません。
飲んだら乗るな・・・と言うように、台風や地震のときはまずは外出しないことです。
自分だけは大丈夫だろう・・・とどれだけ多くの人に迷惑をかけているか計り知れない
ことも知っておくべきでしょうね。

今回もニュースで知る限りでは大変な強風が・・・と流れていました。
私はベランダに出て窓ガラスそれぞれに工事用の資材を使ってものすごい養生をし
ました。  外の音を完全に遮るほどの養生であの強風の音は全く聞こえず。

それでも朝になって近くのスポーツセンター(プール)8階の窓ガラスが割れたんだそう
です。

平成になってその頻度は異常に増えたように思いますが、日本は今秋真っ盛りです。
丹精こめて作った農作物や日本の宝である美しい大自然が消滅しないように。

安心して笑顔で運動会が行われるよう・・・・。
美味しい新米が食べられますよう・・・・。    どうか神様・・・・です。


プロフィール

岡部俊雄

管理人 : 岡部俊雄
チーフ・プロデューサー
演出家

最新記事
月別アーカイブ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード