FC2ブログ

 心の持ち方こそ原点 5

私が名古屋の老舗に勤めていたときのもうひとつの話です。
店長とは言ってもまだまだ若い私には知らないことだらけ。 そんな私の基礎は当時の鈴本専務のお陰とずっと感謝して来ました。今考えてみれば当たり前かも知れませんが厳しかったですね。一緒に専務と車で行動するときなどは少し震えがちでした。
それはいきなり経営に関する問題を投げかけてくるからです。先ず世間話はありません。「名古屋駅店の坪当たりの売上げからすると今の問題点は?」とか、「サカエ地下店の売上げからすると人員配分とそれに伴う一人当たりの売上げを最低でもどうしなければならないか?」、こんな内容は日常茶飯事。「エスカとサカエ地下の人の流れからして・・・」等々とにかくもまれにもまれました。
管理職養成講座と称し、一流講師のセミナーに何度参加したことでしょう。名古屋ではなく東京に出ます。
勿論私だけではありません。社内から3~4人選ばれて受講するのですが、厳しいそのセミナーは脱落者続出。当然当社の社員も「もう二度と行きたくない」と言い出す始末。それほど厳しいセミナーでした。受講者は全国からダイエーやヨーカドー、ジャスコや一流百貨店の精鋭揃いです。
問題が解けないと当時黒板に自分の名前をスペースいっぱいに書かされ、「この名前読めるか!今から彼は即刻会社に帰ってもらう」と叩き出されます。
妙心寺(京都)の修行は座禅付きのセミナーでした。それも1月の一番寒い日程で組まれています。3泊4日で逃げ出す者もいたくらいです。朝5時起床で境内の周りをマラソンから始まり座禅の後に拭き掃除。それからやっと朝食となります。
もともと走るのは大好きですから約80人の参加者の中で常にトップでゴールです。休憩時に言われました。「なんであんなマラソンくらいで一生懸命になるんだ」って。夜は早くに電気を元から消され、食事は毎回精進料理。
私はここでいかに自分がプラス思考の人間であるかを改めて確認できました。当然帰ってから会社に報告書をレポートとして提出です。これだけの勉強を私にとってはただ(会社負担)で受けられる訳ですからもう喜んでです。先にお話した日本話し方センターもみな同じでした。私は本当に得しましたね。
講師の言うように、「研修は全国からその精鋭が集まっている。夜はその情報交換に当てろ。マージャンなどもっての外だ!」はまさに的を得ていました。その後、私が独立して訪ねて行ったジャスコやヨーカドーの店長にその仲間が何人かいたのです。こんな私でも大手に食い込めたのはそうした人脈があってのことだったのです。 あの時、逃げ出さなくて良かった。(つづく)

 人名、会社名等(著名人は除く)は仮名ですが内容は全てノンフィクションです。
 【俊介の部屋】は平成21年6月4日にスタートしました。(毎日掲載しています)
プロフィール

岡部俊雄

管理人 : 岡部俊雄
チーフ・プロデューサー
演出家

最新記事
月別アーカイブ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード