FC2ブログ

 祝 敬老の日に想う

人生の大先輩に敬意を表しここに心から感謝いたします。

昔はこの「敬老の日」というとおじいちゃんおばあちゃんにとのイメージがとても強かった。
全国、町のあちらこちらで「祝・敬老の日」と題し様々なイベントが開催されている。
私も多くのイベントにかかわり、本当に様々な催事を企画してが、今何かが違うような気がする。
私が子供の頃の50歳はもう初老を感じていたからだ。60歳代に入ると正真正銘の老人であった。
ところがどうだろう!最近の60歳はまだ若い!ともすれば40代後半に見える人もいるくらいだ。
先日の長寿の統計で今年現在100歳の人が3000人近くいるという発表だった。

金さん銀さんのような100歳を見るとさすがにお年寄りと感じるが現在は驚くほどの違いである。

先日、2020東京オリンピックが決定したとき、「あと7年!私は生きているだろうか?」との会話が蔓延しているニュースが流れた。
いつも思うのだがそれはまったく違う。
つまり暗示をかける典型と言っても良いだろう! 私の姪が来月出産する。この子が迎える7年後は小学生だ!
そう考えると実に夢がある。「そうか!小学生か・・・・」とメールを打った!
何を言いたいかというと、いくつになっても夢や希望を捨てないで欲しいのだ。
私はよく人に「私は1日を一般の方の3倍は何かに行動を移し頑張っている。50歳であればつまり3倍だから単純に計算しても150歳になるね・・・」と(笑)

ああ!駄目だ・・・と思えば本当に駄目になる。
勿論人間はいつか必ず死を迎えるのは確かだ。 でも、私はそうしたことを一度も考えたことがない。
どうせやるなら楽しく!これがモットーであるせいかいつもエネルギッシュに活動できている。
そして、なにをやるにも「よしやるぞ!」と動きだす!
分かりやすく言えば、朝起きるときの目覚めの良いのは天下一品であろう!目が覚めて、布団の中でぐずぐずすることが無いのだ。 目が覚めて1分もするかしないうちに「よしっ!」と起きるのだ。
ジョギングするも、散歩をするも、活気のみなぎったスタートとなる。
これは性格かもしれないが、性格だったら実に得な性格だ。

「オリンピックが7年後か! 何を(競技)観に行こうかな~・・・・」で何かが楽しくなる。
波島教室にも何人かの大先輩がお稽古に通っているが、いつも素晴らしいな~とその鋭気を感じているのだ。
趣味でも何でも、やろうとして実践に移せる心は実に尊い。
私が先日の合同稽古で胸打たれたのもそういうことなんだろう!

確かに50を過ぎ60をすぎてそれぞれに想うことは様々だ。  しかし、決して負けないで欲しい!
肉体を支えるのは「心の持ち方ひとつ」だということを決して忘れてほしくない。
私は元気すぎて「きっと畳の上では死ねない」なんて思っているほどだ!
しかにマイナスなことは周りにも負の連鎖としてマイナスに伝わってしまうのも事実なんだ。

このブログはなかなかご年配の皆さんには目を通してもらえないが、若者諸君もいずれやってくる年令との闘い。オリンピックの頃は仮に80歳の人でも「若いね~」と呼ばれるような気がする。時代(環境)がそうさせるんだろうね!

敬老の日になんのことばもかけてあげられませんが、せめて楽しいことを考え、できるなら、いつまでもときめく心を失わないくらいな心をもって明るく歩いて欲しいとおもいます。

そうですよお爺さん! 考えてもしょうがないことは考えない!明るく楽しい心にスイッチを切り替えて長生きしてください。
心の持ち方こそ若く生きる秘訣だと思うから!

プロフィール

岡部俊雄

管理人 : 岡部俊雄
チーフ・プロデューサー
演出家

最新記事
月別アーカイブ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード