FC2ブログ

 今年も節分がやってくるぞ~!

今日あたりはほんの少しだが「春が来るのかな~・・・」そんな兆しのようなものを感じた。

雪国育ちの私には、やはり春は特別な想いを沢山経験しながすごしたような気がする。
まず第一に響きがいいですね! プラス思考の自分にとって最高の響きなのだ。

父親が率先して大きな声で「鬼は~外・・・  福は内~・・・」この響きも忘れない。
節分はそうして豆をまくのだ・・・・、そう思って育った。
しかし、都会ではこの声を聞くことがない。 成田山や神社仏閣なら有名人も招んで盛大にやるのだが・・・

イベント業に携わっていた頃、よくデパートやスーパーの催し物でそうした行事の司会をやったことがあるが、お客様の顔の殆どがニコニコ顔でみんな福の神。 鬼なんかどこにも居そうにない。
考えて見れば、鬼も最初から鬼であった訳でないだろう・・・  花咲か爺さん等の昔話に沢山の悪者どもが登場するが、幼稚園等での鬼さんは可愛い。

どこの家もみんなして「鬼は外」と追い出すから余計鬼もいこじになる(笑)
さあ!鬼も一緒においで・・・  そうそう!鬼は内だ・・・!  そんなことを考えた時期があった。
不思議なことにそう思うと心がとっても温かくなる・・・

人間というのは非常に好き嫌いの激しいところがある。
良いと思えばとことん好きになる! 嫌と思えば坊主憎くけりゃ袈裟まで憎いの例えの如しだ。

人を信じられなくなった少女が優しい青年医師の心に魅かれ、あの鬼のような形相だったのがなんとも可愛い少女に生まれ変わる。 映画「赤ひげ」の一シーンでしたが心打たれる。

人は、何を称して「鬼」というのだろう・・・。 お寺の子として育った私は子供の頃から「天国(極楽)と地獄」の話しを何度も聞いて育った。
あの「蜘蛛の糸」も小学校へ上がる前から知っていた。

良いことと悪いこと。 つまりものごとの善悪だ。
自身のものの考え方でその殆ど、相手を鬼にしなくて済むのだ。

私は他の誰よりも話が好きな方だと思っている。 しかし、どんなに話を重ねても人間関係にひびを入れないのは私が他人の噂話を基本的にしないことだと思っている。
つまり、話題の殆どは自分の経験談や自身の歩いてきた道を振り返ってが殆どだから決して他人に危害を加えることはない。

今回、渋谷で舞台をやるが大きな出費が待っている。
若い生徒さんが多い教室にあって、発表会は至難な技と言っても良いだろう・・・。
音響と照明だけならお茶にごしのように安く上がる。 しかし、日本舞踊や新舞踊のように、艶やかで、華やかで、より美しくとなると当然費用はかかる。
前回は初めてということでゆかたざらいのようだったが、今回は波島陽子旗揚げのような舞台なのだ。
従って、社を上げてお客様に楽しんでもらいたいと願う気持ちから半端でなく豪勢なものとなろう!

ここで怖いのは、その気持が返って仇となり、それが当たり前と思われることだ。
ご年配の皆さんはさすがにどういうことか分かって下さるが若者はそうはいかない。
つまり、言い方を変えれば自己中心的な若者も結構いるという現実をどう取りまとめるかだ。  
当然恩にきせたりすることはあり得ないが、せめて心のどこかに「感謝」の気持を持てる素直さと出会って欲しいと願って止まない。

実は、節分の話しをしたのはこれと全く無関係ではないのです。

鬼は外! 福は内! 知っている・・・・、聞いたことある程度の日本の文化は段々と姿を消していく。
そうではないのだ。 良き伝統は受け継いで欲しい! 素晴らしい心根は自分のものと化してほしい。
一生の間に、心を許せる人は一体何人いるのだろうか!
騙されてもいいから嫌いな相手にも自分の心を投げかけて欲しいと思う。

噂話をすれば角が立つ! それは非常に無責任な心から何か(言葉)を発するからだ!
自分に親切で優しい人が良い人で、苦言を呈する相手は嫌いが現状なのかも知れない。
お金をくれたから良い人で、くれないから悪い人! 了見の狭い心をさらけ出すことのないように、今度の節分には思い切り大きな声で「福は内! 鬼は内!」と叫んでみたらどうだろう・・・。

きっと素晴らしい春が来るような気がします。
プロフィール

岡部俊雄

管理人 : 岡部俊雄
チーフ・プロデューサー
演出家

最新記事
月別アーカイブ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード