FC2ブログ

 波島陽子の舞台  支えているのは!

実は波島陽子には全国に大変な「波島崇拝者」がいるんです。
私はご注文頂く「振付作品(DVD)」の編集(制作)をしてるので全て分かるのですが、4年ほど前から「もう私は陽子先生の作品しか踊りません」と老舗の流派の先生から現在発売されている50作品ほどを全て購入され生徒さんに教え、発表会では「波島作品」オンパレードで構成しているのだそうです。

稽古

写真にあるように、下は5歳から上は82歳までの生徒さん。
勿論、平均年齢26歳くらいの教室ですから若い生徒さんが多いのですが、生徒さんに接している姿(こころ)でその作品の良さが伺われるんですね!

先日行われた「光春譜」の舞台に、私がまだ半年にもならない5歳の女の子(生徒)を入れたのもそのお稽古風景を見せたかったからです。
本当は家元が普段は教えているのですが、舞台の進行上お弟子さんにその指導を任せました。
お弟子さんの表情を見て分かるように、まさに波島教室のお稽古です。

その人(子)にはその人(子)に合った指導方法は見事です。

今日お借りした作品愛好者の先生のお手紙を紹介します。
「陽子先生
 あの四十六年ぶり?の大雪にも関わらず今回の舞台が大盛況で幕を終えられたとか!陽子先生のお人柄の偉大さに本当に感服いたしました。
 重ねがさねおめでとうございます。 新春の明るいニュースを私方生徒みんなで喜び、希望を新たに話し合ったところです。
 「観に行きたいな~」あとは無言・・・
 心の底から陽子先生の作品にほれ込んでいるのですね。 今までは、私どもの会を前面に押し出すように努めて来ました。
 が、今年からは考えを180度変えました。波島流新舞踊の素晴らしさを広く公表して。その為には当会はもっと技術と努力を重ねなければならないこと等々 皆、私の責任の重さを理解して今ひとつになって頑張って います。
 さまざまなイベント(舞台)等多くのスケジュールに一任の昨今ですが、夢の実現に向け張り切っています。
 最近は気持ばかりか身体も元気になりましたよ。
 これからはますます陽子先生のお姿を見習って大江戸祭りばやしなど片肌脱ぎで踊りたいと思っています。
 それぞれが持ち前の踊りを一生懸命に稽古して居ります。
 陽子先生の作品に惹きつけられたように・・・ 嬉しい限りです。 
 先生もお忙しい日々と充分わかっておりますが、またDVDよろしくお願いいたします。
 寒さも厳しき折くれぐれもお体大切になさってくださいね。
 お会いできる日を楽しみに・・・   かしこ 」

 波島は手紙を持ったまま涙ぐんでいました。 感謝の気持ちが溢れたんでしょう!
 手紙見ていいですか? とお借りしあまりの感動に匿名で載せさせて頂きました。

 この先生はおそらく波島より18~20歳くらい先輩ではないかと思います。
 一昨年、大病に侵され入退院を繰り返していましたが、陽子先生が張り合いと元気になったとか!
 多くの諸先生の多い中で、素晴らしい先生たちがこのように波島を大切に思ってくださる現状に今更ながらに波島の素晴らしさを痛感します。

 先日、伝承ホールのロビーでのご挨拶に、「陽子先生から直接習える生徒さんは幸せですね!」と話していますが、波島が幸せなんですね!
 「素晴らしい舞台でした!」の声がまだ昨日のように聞えてきます。



プロフィール

岡部俊雄

管理人 : 岡部俊雄
チーフ・プロデューサー
演出家

最新記事
月別アーカイブ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード