FC2ブログ

 波島陽子 和の心の指導者として 3

それは、波島がお手伝い(日舞の指導)するのはまるで当たり前のように新しい担当者に引き継がれてやって来るからです。
計画は全て学校の都合でのみ進められています。

波島が言うようにボランティアとして、少しでも子供たちがそうした伝統を海外で披露してくることのお手伝いは全く労を惜しみません。
私がこだわったのは、波島自身は心から応援しようとする心で接し行動しているのに対し、担当教師にその思いが伝わっていないのがその理由です。
教師に感謝の気持ちや挨拶が満足に出来ず、どうやってあの子供たち(中学生)に感謝や挨拶を教えるのだろうと思うからです。

勿論、そうした話を波島は極嫌います。 従って窓口である私が悪者になる訳ですが、波島が関わった団体や皆さんには、踊りを通し心から日本の心、つまり和の心を学んで欲しいのです。

「今回は私がしっかりとやります・・・」と名乗り出た事務局の女性担当者の心を大切にし6年目へと突入することになりました。

仕事でも、勉強でも、芸事でも、なんでも心で行動したらどんなにか素晴らしいでしょう・・・と今までの経験から思えるんですね。
教師の殆どもそろそろその殆どが私より年下になって来ています。
教師も人の子! 気づけないところは補佐しなければいけないのかも知れません。

波島教室へ通う殆どの生徒さんは、波島から学べるその殆どが財産になるはずです。
究極は、人というのは金では動きません。  何で動けるのかを考えれば簡単です。 それが心です!

その心を目の当たりにして学べるんですから素晴らしいことですね!
波島は、生徒に接する時、決してこういう話は口にしません。 楽しく楽しく楽しんで楽しんで・・・がモットーなんです。
人間性にしても、これだけ多くの人に誰一人差別することなく穏やかにいられるのは素晴らしいのひとことです。

若者が多いだけに、極力お金のかからない安心して学べる教室づくりに徹していますが、これはすでに職業の域ではなく聖職の域に近い過ごし方です。
まるで、波島陽子の宣伝マンのように素晴らしい素晴らしいと評しますが、接した人なら納得するでしょう!
そして、だれよりも何よりも謙虚なんですから頭が下がります。

いつか、波島陽子んんんん、つまり「おひさまの会」(太陽の陽の字をとって)でも設立し、多くの共鳴共感者を募って素晴らしい会を発足したい気持です。
これは、四国のあるお師匠さんや金沢のお師匠さんも同じようなことを数年前に言っておられました。
その師匠さんたちは藤間流や花柳の先生だからお驚きです。

つまり、振付作品からその人柄を察知し大の波島フアンなのです。
「心で踊りを創れる先生は少ない!」「その(振付)美しさは陽子先生の心(にんげんせい)以外ないのでしょうね!」と大絶賛です。
まだまだ若い波島陽子! 私も波島の参謀として心から幸せですと言えるのです。
いつか「おひさまの会」でも発足したら、是非お一人でも多くの皆さんにご入会いただきたいと今から心を躍らせているところです。
教育委員会や文化庁といったみなさんにもこうした指導者こそ日本の代表選手として見守って戴きたいと思っています。
和の心の指導者がここにいますよ!・・・・と。

多くの指導者の中には、技術におぼれ栄光に浸って威張った態度で接する者が少なくありませんが、苦労して学んだ日本の伝統芸を、日本の文化の最たるものを波島陽子は純粋な心で後世に伝えようとしています。
彼女を応援したいという人がいたら是非名乗り出てください!
身につけた芸の力、決して驕ることのない謙虚な心こそ世界に誇れる日本(なみしま)の心と言って良いでしょう!
歴史を知り、芸のイロハを心で操れる本物で貴重な指導者がここにいます。  それが波島陽子です。

人に優しく心で伝えることが、どれほど難しくどれほど大切かを伝える錬金術師をみんなで応援して戴きたいですね!
プロフィール

岡部俊雄

管理人 : 岡部俊雄
チーフ・プロデューサー
演出家

最新記事
月別アーカイブ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード