FC2ブログ

 自分勝手 3

知っての通り「自分勝手」は心の持ち方の最たるもの。
私がスーパーの店長をしていた当時、ゴム草履で食品を納品に来ていた取引先の男性がいました。奥さんと二人、山の麓で温室栽培に取り組み頑張っていたのです。それから何年経過してからでしょうか?彼が開発した栽培製品は大成功し全国区に躍り出たのです。
今では県内でも優良企業として全国でもその商品を知らない人はいませんが、よく頑張ったねと陰ながら拍手を贈りました。そんな私の耳に飛び込んで来たニュースはあれだけ二人三脚で頑張った奥さんと別れ新しい奥さんと一緒になったということでした。 富や名誉も、一緒に頑張った奥さんの努力や協力があってこそではなかったのでしょうか?私の耳には成功した社長の人間性に関する内容ばかり。すべて心が成せる技です。
夫婦二人で遊びに出かけ(旅行やドライブ)、途中で喧嘩して帰ってくるなんて話もよく聞きます。新潟と群馬を結ぶ関越高速道路、開通して間もなくの頃でした。11kmある長いトンネルのほぼ真ん中あたりで一人の女性が監視カメラで発見されました。
彼女はボーイフレンドと一緒にドライブ中言い争いに発展し二人の口喧嘩はエスカレート。「だったら今すぐここで降りろ!」「降りるわよ!」で降ろされたとか?
当時当社の女性群はその彼に「最低!」と烙印を押しました。「何もそんなところで降ろさなくてもパーキングとか・・・!」。
日曜日に京都へドライブしようと家族で計画したまでは良かったのですが、何と当日は観光シーズンでしかも好天に恵まれ心を躍らせて出発。しかし渋滞の渋滞で京都に着くまでに5時間もかかり、結局目的地に到着せずに帰ってしまい家では夫婦で大喧嘩。良かれと計画したまではみんな素晴らしいことなのに、決断するときに全て自分が自分がで一人歩きし周りの言うことに耳を貸さない。
些細なことですが、彼女がハンバーガーを食べたいとしているのに絶対にここのカレーがと注文をする。旨いカレーならまだ救われますがそうでなかったら大変です。
もう少し渋谷を歩きたかったのに・・・、私はあの映画が見たかったのに・・・、決めるのは全て彼。一方的な決定で一日が過ぎる。昨日のドラマの話をしていたのに結局彼の野球の話になってしまう。数え上げたらきりがないほど彼の彼女の一方的な決断で行動される。決定的なのは「一緒にいる時くらい私との話題で過ごしたいと思っていたのに前の彼女の話を延々1時間以上もした」とか。無神経にも似たケースはよくあるものです。
これは育った環境や人間性ですからお付き合いの中でもっとよく考える必要のある事柄です。(つづく)

 人名、会社名等(著名人は除く)は仮名ですが内容は全てノンフィクションです。
 【俊介の部屋】は平成21年6月4日にスタートしました。(毎日掲載しています)
プロフィール

岡部俊雄

管理人 : 岡部俊雄
チーフ・プロデューサー
演出家

最新記事
月別アーカイブ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード