FC2ブログ

 日本の心に金メダル

円陣

感動てんこ盛りの平昌オリンピックが昨日の解団式で幕を閉じましたね。

これほど歓喜に沸いたのも本当に何年ぶりだっただろうか・・・ !?  とにかく感動の連続でした。
それと同時にこれほど考えさせられ、これほど日本の素晴らしさが世界中に広まり、知れ渡ったの
も珍しい大会でしたね。  まさに選手団は日本の誇りです。

知っての通り、「このオリンピックは一体何なんだ!!?」そう思わされるほど政治色の強い開会式
で始まったからです。
他国を批判しようとは思いませんが、考えてみたら「こういうことは日本なら決してやらない」ことの
オンパレードが少なからずそう感じさせたんだと思います。

私が言うまでもなく、日本人選手の心は本当に天使のようだと形容してもおかしくないほどの美しさ
でした。
スピードスケートの小平選手。 ついもらい泣きしてしまいました。
この世に美しさがあるとすれば、あのシーンに勝る瞬間は無かったでしょう・・・そう言って過言では
ありません。

また、パシュートにしても、カーリングにしても、団体競技にその傾向が現れるのはこれは日本人だ
からと言って決して過言ではないでしょう。
「一緒にやろう」とか、「相手をいたわる」とか、「相手を責めない」等々の光景はおそらく日本人の持
つ独特な文化とも評される素晴らしい「伝統(こころ)」なんだと思います。

勿論このオリンピック期間中でも心無い若者が引き起こした斬新で残忍な事件もありました。
特にオリンピックで沸いている時期だけに複雑な気持ちではありましたが、それでも感動はそうした
ニュースを打ち消すほど大きいものでしたね。

他国の選手が競技中に仲間を置き去り(パシュート)にしたシーンや、競技用道具を床にたたきつけ
るといったシーン!!   これが国民性なのです。
日本人にも勿論居ますよ(泣)  これらの多くは殆どチームプレーを知らずに育った人間と言い切れ
ます。
前にも「怒る」「批判する」等で話したと思いますが、自分が思うようにいかないからと感情的になる人
の行動なのです。  要は自己中心的な典型です。
日本でも本気で叱っても、それを悪口にしか感じず反抗する若者も多くなりました。
これを愛情と感じられず「自分の悪口を言われた」と騒ぎます!!
こうした若者に決して成長が訪れることはありません。

しかし、一流を目指す者の心の持ち方の違いが今回こうした画期的な結果を生んだのだと言えるでし
ょうね。

パシュートの置き去りは韓国でしたが、選手だけを責める訳にはいかないでしょう!  勝ったときに
コーチや監督が称賛されるように、こうした事件が起きる根底にはコーチや監督、大きくは国の在り方
がそこに顔を覗かせると言ってもおかしくありません。

北朝鮮の美女軍団!?  あれを美女軍団とは言いません。
見ましたか? 日本女子のカーリングチームの笑顔。  言われて作れる笑顔ではありません。
「そだね~」が流行語大賞を取るんじゃないかと思わせるほど日本中が「そだね~」と笑顔です。
これこそが本物の美女軍団でしょう。

掲載した写真は、私ども(波島)が教育委員会から依頼されて今年で10年になる「台東区国際理解
重点教育海外派遣団」のお稽古のひとコマです。
これは中学校へ通う浅草近郊の生徒が年に1度姉妹都市デンマークへ親善大使として披露する為
の「日本舞踊」を初夏にお稽古するシーンです。

日本舞踊に「円陣」!!??   そう思われる人もいるかも知れません。
毎年毎年まずこの円陣の意味(わけ)を感じるところから指導をスタートさせます。
特にこの頃の年齢は平成が終わろうとする今でも女の子と手をつないだり、こうして肩を組むなど、
恥ずかしさが先に立つようです。
驚くことは、先生が戸惑っていることに私が戸惑いますね!!

円陣を組み、決して男性と男性、女性と女性を組ませません。
ここには大切は意味があるからです。 男女全てが入り乱れランダムな状態で組む円陣にこそ意味
があるのです。
誰かリダーを決め、「がんばろう!」と大きな声で音頭をとります。 すると肩を組んだ全員で一斉に
「笑顔で~」と腹筋に響く大きな声。
勿論同行する先生も一緒です。   初日が過ぎ、2日目より3日。日本舞踊のお稽古は5日(5H)間
ですが、最後の日は全てが自主的に見事な円陣が功を奏します。
そして、そこに生まれるのは自信に満ちた笑顔です。

スポーツでも、笑顔はリラックス効果がとても上がることは立証済み。
私はこれをこの重点教育を担当して9年やり続けて来ました。  最初の子はもう社会人になった子も
います。  昨年も町で「先生~!」と大きな声で呼びかけられました。
「覚えていますか?僕デンマークへ行った〇〇です」と。「今高校で野球部です・・・・!!」
発表会の会場打合せで浅草公会堂へ行ったときは区内中学校の吹奏楽の大会らしくロビーである生
徒に「先生!」とハイタッチが来ました。勿論素晴らしい笑顔で。

私はたった5時間しか縁のなかった生徒ですが、一生の宝物を得た気分で何かとっても得した気分を
味合わせて頂いています。

この円陣こそ日本の心と言って良いでしょう。
「心を合わせる」、口では簡単に言いますがなかなか出来るものではありません。

独りよがりで強がっている人に限って孤独です。 
だから自己主張が間違うのでしょう。  この素晴らしい日本の心はだいぶ前から評価され、日本にこ
れだけ観光客が増えたのも建造物や料理を求めての旅行ではないという証です。

日本が世界に誇れるもの。それは「日本の心」「日本人の心根」に他なりません。
何もしていません。 ほんの少し心を添えただけです。
でもそのシーンが世界中の心を掴んで離さないじゃないですか!? 素晴らしい財産ですね。

相手を思いやる精神。
日本舞踊の根源は、その心に美しいお着物を羽織らせてさらにその美を完成させようと努力し続けて
いるのです。
波島陽子が日本中の舞踊愛好家の皆さんから評価を頂いているのは少しだけその雰囲気を感じて
頂いているからなんじゃないでしょうか!?

波島に言わせれば、「まだまだ私は入賞圏内にもいません。メダル目指して頑張ります」と返って来そう
です。  この謙虚こそが日本の心だと信じて止みません。

みなさんも一度円陣を組んでみてください。 円陣って結構効果があるものですよ。
私は、今回あの平昌オリンピックの様々な光景(できごと)を見て、確信に変わりました。

強いだけではダメです・・・・ と。

心で勝負がつくことを学べた17日間でした。  日本選手団のみなさん、本当にお疲れさまでした。

そして心からの感動をありがとうございました。


プロフィール

岡部俊雄

管理人 : 岡部俊雄
チーフ・プロデューサー
演出家

最新記事
月別アーカイブ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード