FC2ブログ

 夢の続き 2

五つ葉


前回は妖精の国について話しました。
「妖精っているんでしょうか!?」、に私は「妖精に会って来ました」と答えました。

もう6月も終わりです。 
早いですね!!  6月29日は私の父の命日なんです。
交通事故で、それも正面衝突で即死でした。  追い越し禁止車線でバスを追い抜こうと対向車線に出たダンプカー!! そこに居たのが父の乗用車。
判決は100対0   私が父に会ったときはもうすっかり冷たくなっていました。 その時父は52歳。

この事故でいろんなことを学びました。
まだ交渉能力が無かった私に通産省に勤めていた伯父が「決して相手(ひと)を恨んではいけないよ! 弁護士と相談しながら解決するからね・・・・」と全てを伯父に任せました。
ただ悔し涙に暮れていたことだけを覚えています。

子供の頃は、夜になると真っ暗だった故郷。  事故当日のその夜も自宅周辺は真っ暗でした。
父は私を連れ、たまに散歩に出かけたことを鮮明に覚えています。 田舎ではもう少しすると小川の畔にたくさんのホタルが見えます。
今でも出るんでしょうかね!?
当時は当然ビルひとつない鶴の恩返しのよううな舞台(ふるさと)。 星空は言葉にならないほど綺麗で美しかったことも懐かしく思い出されます。

地域振興事業に関わるような仕事にも関わっていた関係で、今一番何が必要なのかもよく判ります。
そうなんですね! 人間は結局自然が一番好きなんです。

前回もお話ししましたが、イギリスの妖精の里は夢のような世界でした。
しかし、いろいろ学んで日本にも妖精がいることを知りました。

昨年は激痛で歩くことが出来ず1年も隅田川には行けませんでしたが、「四つ葉」を見つける名人にしてはこの1年間は苦しかった。

久しぶりに昨日、ゆっくりゆっくり隅田川沿いを歩きました。
例年になく生い茂った雑草と暑い日が続いた関係でしょうか、クローバーはみな枯れたように首をうなだれとても四つ葉になど会えそうもない状況に諦めかけていたときでした。 私を誘うかのように今までで一番小さな四つ葉らしきものが・・・
それがこの五つ葉(写真)だったのです。

早起きは三文の徳と言いますが、あの乱れた雑草の中からまさに奇跡でしたね。
来年、東京オリンピックだから五輪!!??   出来すぎです。

不思議ですよ! やっぱり発見(み)つければ嬉しいものね。

令和になってもう半年が過ぎました。 これから後半は五輪の関係でもっと慌ただしくなるかも知れません。

この五つ葉を仏壇に供えしっかり父と話が出来ました。
私の方が父親より長生きするとはね~。  そんな想いに父(遺影)は笑っていました。

仏壇を綺麗にし、ゆっくり向き合えたこの時間。 とても貴重な時間でした。

「決して人を恨んではいけないよ・・・」、そう教えてくれた伯父たちは私の父の良き相談相手だったようです。
挨拶の大切さ、感謝の心を持つ心得、優しい気持ちでいたら妖精に会えることを教えてくれたのは親父かもと思うことがあります。

見つけたクローバーは最高「七つ葉」まであります。  みんな押し葉にしました。

せめて出会えないかな・・・元気に散歩ができるようになったんだから。 久しぶりに探していたらこの五つ葉。

夢のつづきはまだまだたくさんあるようです。









 
プロフィール

岡部俊雄

管理人 : 岡部俊雄
チーフ・プロデューサー
演出家

最新記事
月別アーカイブ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード