FC2ブログ

 台風 東電の復旧作業

我が家の水害 A

予測できない台風被害に遭って1週間。 被害に遭った人たちはみな大変ですが、特に千葉県が想像をはるかに超えた事態になっていることには確かに驚きを隠せません。

私も実際に台風被害に遭い自宅の床上浸水を経験しています(写真:自宅前)
それも、自宅を新築して3年目くらいの昭和50年代終わり頃だったと思います。 堤防が決壊し川の氾濫であの水の流れの恐ろしさは今でも鮮明に覚えています。

確かに今回の台風は気象庁からの発表で「今までに経験したことのない強風」と報じられました。 風速60m???
そう思ってベランダや窓の確認をしましたがかと言ってどうすることも出来ません。
「早く通り過ぎてくれないかな・・・・」とただただ祈るだけ。 そうこうしている内に9月8日の日曜日は無事過ぎました。
翌朝、浅草の被害はそれほど感じないくらい穏やかだったですね。 各地の被害状況が次々にテレビで流れて来ます。
「ああ!かなり被害の出た地域もあたんだ・・・・!」
しかし、不思議なことに千葉県内の被害情報は報じられませんでしたね。 各テレビ局の台風情報が流れる中「千葉県」がとても不気味な位置にいる何か恐怖のようなものを感じました。

「あれだけの強風だったから結構やられただろう・・・!!!?」、とんでも無い!! 想像を絶する爪痕がどんどん明らかになるにしたがい、テレビにくぎ付け。
そして、2日・・・・、3日、4日。 ご存知のような千葉県内の被害状況がどんどん明らかに!!
私も子供の頃、親戚の家の屋根が50mほど離れた国道まで飛ばされたのをこの目で見たことがありました。屋根そっくり持って行かれたのです!!強風の恐ろしさは今でも覚えています。

今回の千葉県、やっぱり電気・水道がストップ!! 復旧などという生易しい問題ではなかったですね。
それから一斉に報道陣が現地に到着。各住民からは悲痛な叫びにも聞こえる声が各地から。 蝋燭で一時しのぎなどという状況をはるかに超えたこれはもう大惨事。
行政も必死で動く。特に今回は東電が避難の的に。 日頃当たり前に使っている「電気」や「水道」。これは命に係わる問題だけに、ましてまだ容赦のない残暑の中、被害に遭われたみなさんは大変だったはず。私がこうして綴っている間も、お風呂にも入れない。冷蔵庫もアウトでは満足に食事もとれない。「頑張れ!頑張れ!」というしか出来ない自分に腹が立つほどもどかしい毎日。

状況が鮮明になるにつれ、復旧の遅れは容赦のないバッシングに変わる!!
東電・東電と東電が矢面に立たされ非難ゴウゴウ!!!!
みなさん、それは違うんじゃないかな!?と言いたい。 東電の皆さんは、特に現場のみなさんは必至で懸命な復旧作業をしているじゃないですか!?責めることは簡単です。こんな時は一刻も早い解決に向けての団結力が不可欠です。
報道は「ニュースにしたい」。一生懸命復旧作業をする多くの作業員を捕まえては、「今どんな具合ですか!?」「いつ頃復旧しますか!?」
「あんた(報道)が邪魔・・・・。」・・・・、そう思えたことはないですか!? 報道番組はいかにも東電の不備をつくかのような話。私は決して東電の回し者でもなんでもありませんが、実際に災害が起きると「助け合う」しかないんです。自然災害は誰恨むこともできないことがよく分ります。この大きな原因は「便利」だけを追求してきた人間への神の怒りと思えばいい。
結局「温暖化」が引き起こす災難がこの姿なんでしょう。 積み重ねてきた便利への追求。一度味わった便利から離れることの出来ない結果の集大成でしょう。
でも、起きた災害はなんとかしなければならない。 日頃の備えは勿論のこと、起きてしまった結果についてはみなが一致団結して協力し合い助け合うしかないんです。

波島陽子日本舞踊教室にガスは通っていません。勿論ガス栓は室内まで来ていますが、使用しないので外の元栓を絶っています。勿論教室は火器厳禁、たばこなどもってのほか。これが徹底した備えです。

確かに昨今の自然災害は予測不能な」ことが多すぎます。 それだけに全国民が備えだけはきちんと自らの命は自らが守る。よく夏の海や河原での水害事故が起きますね。
どうして天気予報をみて行動しないのですか!? 「自分は大丈夫!?」と思っていないだろうか!?台風が来るという情報で海に遊びにでは誰もが助けられないことくらい分からないだろうか!?

今回の災害でまるで東電がおかしいかのような発言をあちこちで聞きますが大間違いじゃないだろうか!?勿論頑張って頂きたい。インタビューする前に栄養ドリンクの1本も差し入れするのが先ですよ。

東電も、水道局も自衛隊もボランティアのみなさんも皆さん頑張っています。
とにかく、1日も早い復旧を祈るのみですがみなさん頑張ってください。


プロフィール

岡部俊雄

管理人 : 岡部俊雄
チーフ・プロデューサー
演出家

最新記事
月別アーカイブ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード