FC2ブログ

 コロナに負けない勇気をみた


湯乃華研修会B

令和2年を迎えたときはそれぞれに希望がいっぱいだったことでしょう。 我々も今年は湯沢市の「湯乃華芸妓」さんとの舞台が最大のイベントとして控えての新年だったため夢と楽しみでいっぱいでした。

最初、中国武漢でのコロナ・・・・と聞いたとき、まるで他人事のように思っていたこの感染騒ぎは今や地球全体がその恐怖にさらされているという最悪の事態になっています。

月日の経過とともに笑っていられなくなってしまいましたね!!
最初は商売が・・・等々様々な事業所がその打撃を受けまして外国人観光客相手の事業所は死活問題となっています。一番最初は誰が悪かったんでしょう!!責任のなすり合いも露呈しました。しかし、それももうどうでもよくなりました。足元に火が付いたからです。

毎日、うんざりするほどコロナ、コロナです。
政府も大変と思いますが、今こそ超党派で日本人らしい対応(たいさく)で国民を守って頂きたいですね。

私はこの「日本人らしさ」を今でこそ国民一人一人が力強く発揮して欲しいと思う一人です。
「自分一人くらい大丈夫だろう・・・!」はありません。ニュースなどで制限活動に従事する警官に食って掛かる中国人の様子などの映像を見る度に日本人の素晴らしさを再認識します。

一人一人が自覚と協調性をもって・・・という意味では世界に誇れる日本人です。こんな時だからこそその神髄のようなものを世界中に知らしめるときでしょう。

そうは言ってもまだまだその脅威は衰えをしりません。もう、「大丈夫だ・・・」などと言っておられません。
タレントの「志村けん」が重傷であることは周知の通りです。「大丈夫だ・・・」はシャレにもなりませんね。

こんなときつくづく思うのは、誰もがその健康管理についてでしょう。
1日タバコを60本???!!!、毎晩の深酒!!!! 驚き以外言葉がありません。

私ども教室に通う生徒さんもきっとどこよりも若いです。日本舞踊を習いたいその思いは人としての優しさや思いやりに繋がっていることをこの若者からも学ぶことが出来ます。全て心の持ち方ですね。

そんなとき、波島からこんな情報をもらいました。
今秋ご一緒する秋田の湯沢湯乃華芸妓さんの阿部さんが「研修会」を開いていた・・・・というのです。

「凄いですね~・・・・」と言ったら阿部さんは「いえいえただ暇なだけです・・・」と言って笑ってたそうですが、知りたかったのでその一コマ(写真)を送って頂きました。
こんなときにしか出来ないので・・・と地元の特産物や名産等々を専門家から学ぶ機会(研修会)を設けたのだそうです。
とても「暇だから・・・・」で出来ることではありませんね。おそらく一番驚いたのはきっと「講師」でしょう!!そして喜んだことでしょう。
地元を元気にしたい、地元の伝統や文化を守りたいと立ち上げた「湯乃華芸妓」。本物です。

自慢したいですね、私が昨年この湯乃華芸妓さんを選んだこと。私の目に狂いはありませんでした。
改めて今秋開催する「合同公演」は間違ってなかったと確信できました。

湯沢市全体の企業も市民のみなさんもこの「実践」こそ勇気です。こんな素晴らしいチームが湯沢市に居ることを自慢にさえ思って欲しいと思います。

コロナになんか負けていられません。 仕事が出来ないのなら「何ができるか・・・」です。
多くの若者も是非学んで欲しい素晴らしい事例です。

心がけや想いこそ命です。 

私はいろんな経営者を本当に多くみて来ました。 チームのリーダーもしかりです。
分かりやすく言えば、それを会社で例えて表現するとすれば、「社長の人間性より企業(団体)は大きくならない・・・」ということです。つまりトップを見れば会社の将来は見えるということです。これは100%合っています。
つまり能力は勿論それをひっくるめて「器」ですね。この姿勢を理解できる同胞をどれだけ集められるかが大きな問題なんですね。

コロナを終息させるのも日本のかじ取り(総理)にかかっています。なんでもかんでも反対する野党の姿にも嫌気がさしますが、ここぞというときの一体感を示すのも野党の力の見せどころ。

こんな少人数のこの研修会の様子(しゃしん)を見て、まだまだ日本も捨てたもんじゃないな・・・と感動。

この情報から大きな勇気を頂くことが出来ました。 頑張れ湯乃華、あっぱれ湯乃華 ♬

プロフィール

岡部俊雄

管理人 : 岡部俊雄
チーフ・プロデューサー
演出家

最新記事
月別アーカイブ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード