FC2ブログ

 目先の嘘 3

自分を良く見せるために発する嘘。嘘にもいろんな嘘があり、嘘をつく「時と場合」は様々です。最近、増えてきた性犯罪や女性(男性)殺人事件など、紙一重と思いませんか?
私が名古屋での勤務先の女子寮で起きた「下着泥棒事件」などは、まさにそのことを深く考えさせられます。逮捕された侵入者は26歳と若く、有名大学法学部卒。しかも半年前に結婚したばかりの新婚さんでした。
この男性が、女子寮の干物(下着)にムラムラと来て侵入したとのこと。当然新聞やテレビ報道がなされ、新婚さんは離婚。
当時は、「法学部?」と誰もが驚いたものです。私はその頃から人の心の持ち方を勉強して来ました。先に述べたように、特にインターネットの普及によって、全く人の動きが読めない時代になったと言っても過言ではありません。
特に男性は「下半身に人格なし」と言われても仕方のない現状です。教師だから、警察官だから等は関係ありません。むしろ、そういう人の性犯罪も多くなって来ています。不思議がることは決してありません。つまり、浅墓な男の欲情から起こることでどうしようもありませんね。
あなたの旦那様がそんなことで逮捕と聞いたらどうします? ギリギリのところで明日は我が身なんて予備軍が多くなっていることも冷静に考える必要があります。世の中には、驚くほど仲の良い夫婦や恋人も当然います。その者たちに共通して言えることは、つまり嘘の無い心の交流がきちんと成されているという証拠です。
目的意識がしっかり有って、お互いがその理解の中にいる。
ただ、彼女(彼氏)が欲しい!結婚したい!と焦るだけでは、事故が或いは事件が待っているだけのようなものです。恋は盲目と言って、そう思っている頃は何も見えない状態が殆どです。
私も、学生時代に好きな女の子に友達になって欲しく、何度手紙を書こうかそれとも直接打ち明けようか等で悩んだことがあったか知れません。きっと誰にでもそんな時代があったものと思います。
今だから分かりますが、高校時代に同級生が下級生との間で妊娠させたなんて話は私には物語のような世界でした。中学の頃に味わったときめきとドキドキ感は今でも健在です。
ときめいて、ドキドキするような心はいくつになっても失わずにいようと思います。言葉では表現できませんが、人間である以上、こうした感情を失わずにいたいものです。こんな気持ちの持ち主であれば、きっと目先の嘘とは縁遠くなると思うからです。(つづく)

 人名、会社名等(著名人は除く)は仮名ですが内容は全てノンフィクションです。
 【俊介の部屋】は平成21年6月4日にスタートしました。(毎日掲載しています)
プロフィール

岡部俊雄

管理人 : 岡部俊雄
チーフ・プロデューサー
演出家

最新記事
月別アーカイブ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード