FC2ブログ

 豊かな感性 3

意外と本人は気にしないでいるかも知れませんが、話題のない人間ほど味気なくつまらないと思っている人は少なくないんですよ。最近はテレビのどのチャンネルを回してもお笑い番組オンパレードです。
昔の笑い(芸人)と質の差はありますが、なぜこんなにお笑い番組が多いのか考えたことありませんか?現在登場するお笑いタレントにも、実力の差は当然ピンからキリまで見ることができます。
彼等がやっていることはネタと称して、本当は脚本家が存在するのが普通です。映画やテレビドラマのヒット作品に共通するところが、キャスティング(配役)と脚本だと言われています。 話題が豊富だからと、何をしゃべっても面白く楽しい訳ではありません。
前に述べた主題(テーマ)はひとつ、話題は豊富にと言うのがこの点ですね。その場に、その状況にあった話が出来るというのは話題の量と話術です。みなさんが、腹をかかえて大笑いするのはまさにこの話術によってなんです。専門的に言えば話の流れにも「間」という最も大切な技法。銜えてトーンの大きさです。
すなわち、日常生活を楽しく過ごすために、こうしたある種技法のようなものも身につけた方が良いということです。話題が豊富であればどんな内容の話をしても楽しいかと言うと、そこがまた違うんですね!
一般に言うところの「下ネタが大好き」なんて人を見かけることがありますね!ところがどうでしょう。話すたびに下ネタばかりでは人間性を疑われてしまいます。まして、露骨な表現で大騒ぎをしていると嘆かわしくもなってきます。
ここで、粋な下ネタをご紹介しましょう。これは以前私が演芸場の落語家から聴いた一節ですが、「うちの息子が5歳になってね!いきなりこうぬかしやがるんだよ。ねえ父ちゃん!隣りの太郎くん家は弟の次郎がいるだろう?魚屋のミヨちゃんだってお姉ちゃんがいるのに・・・、どうしてぼくには弟や妹がいないんだい?ねえ!どうしてぼくだけ一人っ子なんだよ~」って。「あたしゃ正直びっくりのしどろもどろだったんだ。お前に弟が授からねえ訳かい? そりゃお前・・・、お前が早く寝ないからだよ・・・!」
客席も心得たもんです。このおかしさを瞬時に感じ取り会場は大爆笑。
そういうものです。会話(話芸)もここまでくるとオシャレですね。いつだったか、以前芸者さんの見事な切り返しを紹介しましたが、芸者さん等には全て卑猥な話ばかりを投げかける輩がいます。下手な酒飲みは今でもそうですね。 「俺は金を払って遊びに来ているんだから商売人の女には何を言ってもいいのさ・・・」?
「な~んだお前ペチャパイじゃねえか?」、対する芸者さんはすかさず、「何言ってんだい!もったいなくってあんたなんかに見せられないから桐箱に入れて床の間に置いてきたんだよ」。分かりますか?こういう話術。

 人名、会社名等(著名人は除く)は仮名ですが内容は全てノンフィクションです。
 【俊介の部屋】は平成21年6月4日にスタートしました。(毎日掲載しています)
プロフィール

岡部俊雄

管理人 : 岡部俊雄
チーフ・プロデューサー
演出家

最新記事
月別アーカイブ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード