FC2ブログ

 花嫁衣装 3

昨日日本舞踊の生徒さんからメールを頂きました。「私は日本が大好きです。戦争経験者であるおじいちゃん子だったせいか、心から平和主義者でいつも穏やかでありたいと思っています」等々。
和の文化に心を奪われ、日本舞踊を通して自分を磨きたいと言うのがお稽古を始めた理由です。
こんな女性が白無垢をまとったら本当に理想的ですね。 私が求めている「心の持ち方」そのもので、メールに目を通し若い彼女についつい拍手を送ってしまいました。
このような女性が幸せになるんでしょうね。そして生れてくる子供たちに、その心を伝えていって欲しいと心から願うばかりです。
スカートの下にジーパンを履く。ゆかた姿にスニーカー。ほんの一部ですが、それもファッションとして罷り通っています。しかし、ご存知のように公式の場では一切通用しません。
それが今回のバンクーバー五輪での國母ファッション事件に繋がる訳です。こうした常識が分かる人間として、その常識くらいは身についた相手を選ばないとその内日本は崩壊してしまいます。
芸能人は、プライバシーが無いと言われるほど世間に叩かれがちですが、叩かれるには理由があると言えますね。きちっとした生活をしている芸能人だってたくさん存在しています。
表面だけを真似るのではなく、地に足を着けて穏やかな気持ちで相手を思いやることです。
花嫁衣装を着ればみな綺麗かと言えば、それも違います。本当の美しさは内面から滲み出てくる心がそのように見せるはずです。
プロはユニフォームが似合うと言いますが、偽物をどんなに着こなそうとしても偽物は偽物です。特別高価な物を着なくても美しさは心次第で輝けるものだと言うことを知って欲しい。昔、こんな歌が流行しました。「ボロは着てても心は錦・・・」、詞の使い方によっても多少の解釈は異なりますが、心の持ち方の大切さには違いありません。
これから結婚を考える若者にあえて伝えたい。花嫁衣装が似合うためにも自分磨きを怠ることのないように。そして、その隣りに立とうとする未来の花婿さん!花嫁のご両親が心から喜んでくれる素晴らしい目を育てていってください。
楽しく過ごす中にも、心の豊かさは更に人生を楽しいものにしてくれますよ!

 人名、会社名等(著名人は除く)は仮名ですが内容は全てノンフィクションです。
 【俊介の部屋】は平成21年6月4日にスタートしました。(毎日掲載しています)
プロフィール

岡部俊雄

管理人 : 岡部俊雄
チーフ・プロデューサー
演出家

最新記事
月別アーカイブ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード