FC2ブログ

 誰にだって人生を変える出会いがある 5

孫悟空が大暴れして自由気ままな姿に三蔵法師の戒めがあった話はあまりにも有名。どんなにあがいても結局お釈迦様の手のひらで泳いでいたというのも仏の教えのひとつでした。
孫悟空が出会った三蔵法師こそ彼にとって大きな出会いでしたね。最近は時代小説から歴史的人物を描いた作品が多く登場しています。近年で言えば「篤姫」「直江兼続」「坂本竜馬」等々その時代に多大な影響を与えた人物です。それぞれにこうした人物がどれほど大きな影響を受けることになったか全て出会いの中で読みとることができます。
ここでそれぞれに共通しているところがあることに気づきます。それは殆どと言って良いほどその人物たちにはしっかりとした「志」があったということです。
つまり類は類を呼ぶと言ったら良いでしょうか?志のない者に素晴らしい出会いはないと言っても良いかもしれません。この者を育ててみたいと師が思えるということは何かを感じることが出来るからだと思います。
今から150~160年ほど前にウィリアム・スミス・クラークが札幌農学校に赴任当時「少年よ、大志をいだけ(Boys Be Ambitious’)」と言った言葉はあまりにも有名です。
当時そうした師に巡り合えた学生たちも幸せだったことでしょう。人が人生を歩くときの大切な何かをしっかりと指導してくれた師がいたわけだから。こうした教えに応えられた者そうでなかった者、これこそ人それぞれでしょう。ここで学べることは「志」に金はかからないと言うことです。描いた夢に向かって力強く歩く姿こそ大きな魅力となって人を惹きつけるのです。
志を持つことでそれを育てようとする者が現れます。それが師なのです。志のない者には決してこのような機会は訪れません。志こそ人を動かす大きな力だということも知っておいて欲しいですね。
成功した者にまるで寄生虫のように寄っていく者がいますがこの者たちに共通しているのが「要領の良さ」です。師は金のたまごを本当に良く知っています。人生を変えるほどの出会いはそうした中で生まれるような気がします。
自分は出来る!他の者とは違うんだ・・・とする謙虚さのない人にときどき遭遇しますが、よく見るとその人の出会いは「要領の良さ」で生きてきた人たちに影響されて来たんだと言うことが良く分かります。類は類を呼ぶって本当です。

 人名、会社名等(著名人は除く)は仮名ですが内容は全てノンフィクションです。
 【俊介の部屋】は平成21年6月4日にスタートしました。(毎日掲載しています)
プロフィール

岡部俊雄

管理人 : 岡部俊雄
チーフ・プロデューサー
演出家

最新記事
月別アーカイブ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード