FC2ブログ

 大相撲崩壊の危機

本当の体質改善とは

「徹底的に膿(うみ)を出す」と理事長は豪語している。是非そうあって欲しい。
前にも話したように、大相撲の世界が今最も求められているのが相撲界の体質改善だろう。つまり、どっぷりこの世界で生きて来た者が体質改善の船頭になるのは無理に等しいように思えてならない。
大相撲に限らず、何か起きるとその世界に精通していると思われる通称コメンテーターが登場する。最近は様々なコメンテーターにお目にかかれるのも社会現象を物語っている。勿論、中には素晴らしい解説者がいてなるほどと勉強させられるケースもあるが、最近の様々な相撲界の不祥事に得意満面と語っている元幕内力士のコメンテーターの姿が滑稽でならない。
本人はいかにも業界を知っていて話しをしているのだろうが、よく考えてみるとそのゲストも現役時代に問題を犯した張本人なのだ。一生懸命もっともらしい話をしているようで彼も旧態依然と変わっていない。そう考えるとそうした体質からは現役を退いても抜け出せないのだと思えてならない。そう思うほどトークに失笑を誘う場面がある。
夢を育てる。伝統を広く守っていく。それが日本の文化として広く愛されるような相撲界であって欲しいと強く求めたい。こんな不祥事ばかりでは後に続く若者をスカウトするなど問題外としか言いようがない。
ヒーローが出れば子供たちは憧れる。 大学生が選ぶ人気企業ランキングがまさに正直にその影響を表しているのもご存知の通り。 不祥事を起こせば急落の途を辿るのもその反応の速さに驚く。
大学でも生徒を募集するのにヒーロが登場すればその宣伝効果たるや凄いものだ。関取りを夢見る若者だけでなく、多くの相撲フアンが実際には多いことを決して忘れてはいけない。
町興しに一番必要なのが「祭り」と言われるくらい祭りは人々を勇気づけてくれる。伝統を残したいと頑張る市町村は全国に多い。どんなに時代が変わってもそこに一体感が生まれる起爆剤なのだ。
大鵬が頑張った。小さい大横綱千代の富士が頑張った。貴乃花はもっと凄かった。相撲界が社会に与える元気や活気は間違いなくあるのだ。
相撲バカでも社会が認めてくれるヒーロにはなれるのだ。正しいことをやり抜く勇気をもってこそ改善を成し遂げることに繋がる。 親方も協会役員ももう一度顔を洗って出直して相撲フアンに夢を与え続けて欲しいと願うばかりだ。

 人名、会社名等(著名人は除く)は仮名ですが内容は全てノンフィクションです。
 【俊介の部屋】は平成21年6月4日にスタートしました。(毎日掲載しています)
プロフィール

岡部俊雄

管理人 : 岡部俊雄
チーフ・プロデューサー
演出家

最新記事
月別アーカイブ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード