FC2ブログ

 一歩踏み出せ

誰もが憧れの対象は多いと思う。 顕著な例が今回行われているワールドカップでも多くのドラマを見ます。ご存知のように、本大会に進む前までの岡田ジャパンへの評価は低いなどという程度のものではなかった。
岡田バッシングだ! 親善試合を見る限りにおいてはフアン心理としては仕方のない部分もあった。報道各社各局の内容も相当なものであった。それがどうだろう? カメルーンに勝ち、デンマーク戦が終わってからというものは大変なヒーロー扱いだ。
フアンからのコメントも凄い。「岡田監督ごめんなさい!」が殆どで実にゲンキンなものだ!当然経済効果も上がり、サッカー少年も増えることは間違いのないところ。
サッカーを知らない人までもが本田選手と岡崎選手の出会いのエピソードから知ることになるのだから恐ろしい。勝てば官軍とはよく言ったものだ。
前にも何度も説いて来ましたが、誰もがある道のヒーローになれるのです。勿論、世界戦への代表選手になれるような人はやはり幼稚園や小学生の頃からボールを蹴っていたようです。
子供時代にどんな過ごし方をして来たかを考え(分析)てみると将来自分にどんなことが向いているかは意外と容易にその道を見つけ出すことができます。
現在の中国人の若者に見える光景ですが、金を稼ぎたいとする心から多くの地方出身者でも大学に行き資格に挑戦しています。職業を斡旋する会場へは資格を胸に少しでも優遇してくれる事業所を探しにやってくる若者が殺到していました。
ところが、ここで驚いたことに出会ったのです。今まで働いていたA社から、資格によってB社に移った若者がいました。なるほどそうなんだ~・・・
しかし、その若者はB社で働きながら日々C社を探していたのです。つまりもっとその資格を評価してくれて高収入を得られる企業を探しているのです。
どうでしょう!? これを現代っ子と言うのでしょうか?私は違うと思っています。私にはどこが到達点なのか見えません。「そんなことないでしょう!稼ぎたいのだから・・・・」と言われればそれまでです。
考え違いをしないで欲しい。企業は人なりという言葉があります。おそらくそうした心の持ち方は間違いなく日本人は一流です。これも日本人の伝統であり大きくは文化と言っても良いでしょう。
夢や目標がどんなに大切かはずっとずっと説いて来ました。いろんな夢があって良いのです。あなたはあなたの目標(夢)に向かってまず一歩踏み出してください。
日本人の良いところはそれを本気で応援してくれる人が必ずいるということです。

 人名、会社名等(著名人は除く)は仮名ですが内容は全てノンフィクションです。
 【俊介の部屋】は平成21年6月4日にスタートしました。(毎日掲載しています)
プロフィール

岡部俊雄

管理人 : 岡部俊雄
チーフ・プロデューサー
演出家

最新記事
月別アーカイブ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード