FC2ブログ

 臆病にならずに・・・

滋賀県のビスケットさんから昨日のブログの内容にご意見が届きました。
実はビスケットさん(38歳女性)は結婚紹介所を通して一昨年秋に結婚なさったのだそうです。残念なことに今年ゴールデンウイークが過ぎた頃離婚が成立したとか。 同じ日本人同士で九州から勤めの関係で同県に住むようになり何度かお見合いパーティーに参加している中で知り合ったとか。
詳しいことは別として、それでも別れて救われたのは二人の間に子供が生まれなかったことだと話していました。「そろそろと周りからも言われ友だちも片付いていく中で多少の焦りもあったのかも知れません。結婚というのは生まれ育った環境やそれぞれ故郷の風習等が違って戸惑うこともしばしば」。それを相手に合わせる苦痛が大きかったと述べていました。
そのくらいなら離婚にまで発展はしないと思いましたがやはり決定的な原因は相手の人間性であったようです。「結婚する前と結婚後がこれほど変わるとは思いもしなかった」とも。
誰がお世話をしてくれようが、誰にお世話にななろうが頂いた縁でスタートする訳だけどやはり一番大切なところは「思いやり」があるかないかは大きいと言っていました。まだまだ結婚したてで彼が稼いでくる給料を預かる訳でもなく預けてくれそうもなく、そのお金の使い方ひとつ見ていても不安以上に恐怖すら感じたと言っていました。
結婚ってなんだろう?初めての結婚生活も思っていたこととは大きくかけ離れ彼女なりに心に飛び込もうとしたのですがそれが可能な彼ではなかったとか! たまに心を無視されるようになってから努力はしてみたもののと悲痛な訴えでした。 私のブログは6月くらいから目を通すようになったそうですが、私は大丈夫と言い聞かせていたとのこと。
「私みたいにこうして離婚してしまうと、これからは結婚に臆病になるんでしょうか?」と。

ビスケットさん! それは違います。世の中ってとっても良くしたものであなたがいいと思ってくれる人っているものです。それはあなたがたゆまぬ自分磨きを行い自分を信じて歩く明るさ(強さ)が備わればです。
人は少なからず心の善し悪しは必ず分かるはずです。 優しさや思いやりをあなたが求めるようにあなた自身がまずその心を身につけることが大切だと思います。
明るく素直で謙虚。良いことづくめを説いているのではありません。感謝できる心を惜しみなく表に出せる勇気こそきっと貴方を救ってくれるのではと思います。子供が生まれる前に別れたということはあなたに神様がついていてくださったと思ったら心晴れますよ!

 人名、会社名等(著名人は除く)は仮名ですが内容は全てノンフィクションです。
 【俊介の部屋】は平成21年6月4日にスタートしました。(毎日掲載しています)
プロフィール

岡部俊雄

管理人 : 岡部俊雄
チーフ・プロデューサー
演出家

最新記事
月別アーカイブ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード