FC2ブログ

 本気という気持ち

前に「気」を使った言葉をランダムに書きならべたことがありました。結構あることに気づきます。
実は昨日友人のピアノリサイタルに行って来ました。しばらく音信不通でしたがその理由が分かりリサイタルに出かけることになったのですが、彼女2年ほど前に隣りの火事の貰い火で実家が全焼してしまったというのです。彼女の名前は成尾亜矢子さん。ミス日本でも活躍された大阪美人です。
昨年ショパンの生誕200周年に合わせ、ようやく復帰への第一歩を踏み出したとか?しかし、思っていた以上に元気な姿に安心しました。いろんな苦労があって現在は群馬県の前橋に住んでいるようでしたが嬉しかったのは前向きな姿が見られたことです。
今回は東京オペラシティでのリサイタルでしたが会場はいっぱいのお客様で埋め尽くされ、彼女の素晴らしいトークでとても楽しみやすい演奏を聴くことが出来ました。
苦労や苦悩の多かったショパンに重ね合わせるかのように自分の心を奮い立たせ、なんとしても元気で前向きでいなければいけませんねと自身に言い聞かせるように語ってもいました。
平穏無事でいるときに気づかなかったことが実家の全焼という事態に全てを失い失意のドン底にあって今日を迎えた。「諦めてはいけませんね!」の言葉に真実味がこもり多くの観衆も大きく頷いていました。
芸は身を助けると言いますが、これとて彼女の心の持ち方にもあったはずです。応援してくださる多くのフアンがいて励ましてくれる仲間がいる。これは彼女のお人柄があってのこと。
希望を持つ人の瞳が輝いているように、本気で何かやっている人って必ず応援してくれる人が現れるものです。
私は今までにハートマークをいっぱいにかざしたメッセージを何人かに贈ったことがあります。ハートの数を300個も添えて送ったメールにしょんぼりしていた相手から笑顔が返ってきたことがあります。
なかなかユーモアの通じない人には送れませんが昨日は大きなハート模様の袋に入れたメッセージと写真を演奏後手渡してきました。
「今度東京に越して来たいと思うの」と走り書きのメモを頂きましたが、そこにやる気が見えたから嬉しかった。世の中に苦しんでいる人、悩んでいる人は決して少なくありません。ある人が言っていました。勿論家を失うって大変なことは分かっています。しかし、もっと悲しいのは親や兄弟といった肉親を亡くした悲しみはもっと大きいかも。生きることができるのは一人じゃないからということが分かったら人誰しももう少し強くなれるかもしれないね。みんな本気で応援しているんだよ!
一人でもハートマークを多く贈ってくれる人みつけなきゃ・・・ね!

 人名、会社名等(著名人は除く)は仮名ですが内容は全てノンフィクションです。
 【俊介の部屋】は平成21年6月4日にスタートしました。(毎日掲載しています)
プロフィール

岡部俊雄

管理人 : 岡部俊雄
チーフ・プロデューサー
演出家

最新記事
月別アーカイブ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード