FC2ブログ

 日本優勝! 感動をありがとう!

寝不足だ! 興奮さめやらず繰り返し得点シーンを見る。
アジア杯日本対オーストラリアの決勝が日本時間0時にキックオフ。いろんな予測を耳にしながら、勝って欲しいけど今までの戦績からしたらやはり分が悪い。
前半45分がお互い無得点で終わった。やや日本は押されぎみ。そして後半45分。これもどちらかと言えば押されぎみだったように思うが何か負けるような気がしない。
そして延長前半8分から途中出場したFW李忠成が大きな仕事をやってのけた。同後半4分に左サイドから長友が中央へ絶妙なクロスを上げた。
これは最初に岡崎にも上げたが惜しくも外す。しかし今大会の長友の活躍はどの選手よりも頼もしく見えていた。実況アナウンサーは長友がボールを支配したときのコメントは実に頼もしい。勿論見ていたらすぐに分かる。
長友が中央へクロスを上げ、李はDFのマークを外し、フリーで左足ボレー。GKの左側へ見事なまでの代表初得点が完成。夜中の2時半を過ぎているのに大興奮の拍手!
試合後、「ずっと試合に出られなくて、絶対チャンスをつかめると自分を信じて待ち続けた結果、取れました。オレはヒーローになるとと言い続けていたんです」のインタビューに酔った。
ヒーローは出場選手殆どがそうだ。今回のGK川島は世界一だ。阻んで阻んで守り抜いた形相は最高だった。
MVPの本田は勿論、遠藤も岡崎も、キャプテンの長谷部もみんなヒーローだ。
試合後、長友がずっと持ち続けた香川のユニフォーム。本当にみんなヒーローだった。
韓国戦で相手選手が「サル真似」をしたと酷評されたが、勝って相手の口封じだ。素晴らしい!素晴らしい!
新しい監督(ザック)は選手を乗せるのが上手なようだ。みんなその気になれて最後まで諦めず攻め続けた姿は私たちも見習う必要がある。
最後まで夢を捨てず諦めずに突き進む姿ほど美しいものはない。こんな寝不足なら何回あってもいいと思うがさすがに文面はこの辺で限度が来たようだ。やっぱり眠い!
最後に一言だけ、チーム日本の選手監督関係者の皆さん!感動をありがとう!

 人名、会社名等(著名人は除く)は仮名ですが内容は全てノンフィクションです。
 【俊介の部屋】は平成21年6月4日にスタートしました。(毎日掲載しています)
プロフィール

岡部俊雄

管理人 : 岡部俊雄
チーフ・プロデューサー
演出家

最新記事
月別アーカイブ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード