FC2ブログ

  妖精の国を訪ねて・・・

昨日お弟子さんにこんな話をしてあげました。童話の世界のお話です。
ピノキオとか三匹のこぶた、シンデレラ姫等々童話には夢がいっぱい詰まっていますね!
新緑の頃になると思い出すんですね!彼女は目を白黒させながら耳を立てていましたがなんと私は実際にそこへ行って来たんですって言ったら「私も行きた~い」と即答!(笑)
持っている写真の中から何枚か紹介しましょう!

シャンクリン2

これはワイト島という島にあるシャンクリンという町です。どうですか?見ただけで夢の世界みたいでしょう?
車はそんなに多くはないのでのどかで静かです。 日本の都会のようにあくせくせずみなさんのんびりしているのも本当に童話の世界ですね

シャンクリン4

これ、まんがの家ではありません!
恋人やあるいは新婚旅行に行くんなら是非とお勧めしている最高の観光スポットです。勿論旅行案内のパンフレットには載っていません。ですから日本人だけでなく観光客は少ないですよ!
それがいいでしょう!?
最初に訪れたのは平成3年だったと思いますが、当時学研の編集長と一緒だったんですね!でもその場で言いました。これを記事にして紹介しないで・・・!と。
本当は見て欲しいけれどぞろぞろと日本人特有の(笑)団体ツアーは似合わないしあまり騒然と賑やかにして欲しくなかったからです。編集長は笑いながら約束してくれました。
(よろしい・・・!)

コンウォールの家

3枚目の写真はコーンウォール地方(マラザイアン)の写真です。
ケルト民族の歩いたところ全てに伝説がありいろんな童話も生まれたとされています。
住んでみたい。それ以外言葉がない素晴らしい町ですよ。新緑の時期に必ず思い出すスポットです。
若いみなさんには是非訪れてみて欲しいと思いますね。ロンドンから地図上では下に海岸がありますがそのポーツマスからほど近い港で船にのって30分ほどの島(ワイト島)ですから結構便利なんですよ。また反対にロンドンからスコットランド方面に向かう途中にやはり小さな町がありますが、そこには今度夢のような妖精たちでいっぱいなんです。緑のベストに赤い帽子、妖精たちは本当に楽しそうです。
バッキンガム宮殿やビックベンは写真で見た通りですが、こうした妖精の住む町はディズニーランド等で味わうことのできない本物のフェアリービレッジなんですよ。 春のお便りでした!

 ありがとう!感謝の心こそ幸せになれる秘訣です。素晴らしい人生を!
 優しさや笑顔に触れて温かい気持ちになれるように、あなたの真心で!
 ご感想は shiawasekazokuyt@nifty.com まで
プロフィール

岡部俊雄

管理人 : 岡部俊雄
チーフ・プロデューサー
演出家

最新記事
月別アーカイブ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード