FC2ブログ

 話題の集め方 3

私の経験など取るに足りないものですが、人によってその経験は無限大であり楽しさもそれに比例しているのではないでしょうか。
ここで現在私が行っている話題や情報の集め方についてご紹介しましょう。
先ず、許せる限りペンとメモ用紙は殆どすぐに手にできる位置に置いておくことです。つまり、すぐにメモを執るためです。そのお陰で助かったことが沢山あります。後で書こうとペンを執らずにいた内容は殆ど思い出せず、結局その内容は消え去ったということは常です。素敵な言葉も感動した内容を調べたいと思ったことも、メモを執っておいたお陰で良かったと思ったことばかりです。
特に講演活動の際に、説明や話す内容で実際にあった話を順序立てて話せるということはとても説得力が生まれるものです。それは経験談や実際にあった話が一番人の心を動かすからです。
以前、高校3年生のあるクラスに招かれて講義をさせていただいたことがありました。先生は「学校と社会の違い」について話して欲しいと言われました。勿論たくさんあります。しかし時間は限られています。正直私は少し悩みました。果たしてどんな話に学生諸君は興味を示すのだろう・・・と。
その時は「恋と愛の違い」について話しました。先生は相当驚かれたようです。しかし、与えられた時間の殆どに私語は聞かれず笑いの連続でした。諸君が一番興味を持っていた主題だったからのようですね。つまり、恋と愛の違いの事例を「責任」と「信用」、そして「青春時代」に繋げて話したからです。
お気付きだと思いますが、特別に設定された80分の授業に、もし私に話題がひとつやふたつしかなかったらこの時間は持たないのです。この時ほど豊富な話題の必要性を感じたことはありません。テーマが「恋と愛の違い」なのに、野球で勝った負けたの話や挨拶の重要性などを話しても聞き手が迷い訳が分からなくなるだけです。しかし、「恋と愛の違い」がテーマでも野球の話は出来ます。間違えるといけないので付け加えますが、大切なことは「テーマはひとつ、話題は豊富に」です。野球も恋や愛のテーマに絡ませ、最終的に学校での目的と社会での目的を話題の中に入れるのならそれはOKなのです。
上手な人の話を聞いてそう思うことありませんか?上手な人はキチッとテーマを示して話しますね。今は携帯という便利な道具があります。映像で保存することもメモで残すことも出来る最高の話題収集マシーンがあります。あなたの好きな人が全て料理が好きとは限りません。映画が好きとも限りません。どんな相手が現れるかなど誰も知りません。だから、好奇心が旺盛で興味を持てる人間を目指した方がよりチャンスは広がるんです。
何でもかんでも好きになることなど非常に難しい。趣味は狭いけど感性が豊かだから好かれるって人も非常に多いですよ。話題を集めながらその「感性」を磨いたら鬼に金棒ですね。
ところが、先日のバラエティー番組で「鬼に金棒?それって何ですか?」と発言しているタレントを見ました。「感性」については、「かんせいって何を完成させることですか?????」。驚きでいっぱいでしたが、それも含めてスターにする時代です。つまり個性を生かしながらなんでしょうけど複雑でした。

 人名、会社名等(著名人は除く)は仮名ですが内容は全てノンフィクションです。
 【俊介の部屋】は平成21年6月4日にスタートしました。(毎日掲載しています)
プロフィール

岡部俊雄

管理人 : 岡部俊雄
チーフ・プロデューサー
演出家

最新記事
月別アーカイブ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード