FC2ブログ

 話題の集め方 5

結婚前のあなた!このブログは相手を捉まえるためのテクニックをお話しているのではありません。出会いは勿論のこと、付き合っている最中、結婚してからの幸せな家庭生活を掴むために、楽しい会話が出来るように出来るだけ多くの話題を集められるように努力してください。
私は20歳代前半頃、学びたい心があったお陰で日本話し方センターの所長「江川ひろし先生」に出会うことができました。2日間ほどの講習を受けた後、話し方の終了証書を頂きました。ところが、実際に生きた話し方となると、なるほどと思うほど話題の集め方に苦戦したことを覚えています。
当時店長職に就いていた私は、朝礼でうまく話をしたい、話ができたらな・・・、新入社員教育でどう話そうか・・・、そう思っていたことは確かです。しかし、学びの結果はうまく話すことではありませんでした。つまり、話し方で大切なことは人間関係を良くしたり、生産性を上げるために、お客様の信用を得るために、或いは良き出会いに巡り合え幸せになるための目的でなければならないと言うことです。
確かに話すことのテクニックに優れている人は簡単に話せるのかも知れません。しかし、相手の心を掴む話し方というのはテクニック以前に、いかに話題が豊富でないといけないかが分かります。
話題を共有できる方法として、映画を見に行ったり、一緒に旅行に出かけたり、或いはとっても美味しいお店があったのでお友達を誘ったりとその事例はみなさんも沢山お持ちでしょう。ところが、あなたが「良かった」「美味しかった」「面白かった」ことが必ずしも相手に当てはまるとも限りません。それほど人というのは趣味も違い、感じ方も違ったりと生きて来た環境で様々です。勿論それが悪い訳ではありません。
ご馳走になりながら、「これそんなに美味しくないね」、なんて人に遭ったこともあります。「俺はお世辞は言わないから!」なんて言い訳している人もいますが、これも人間関係を壊す第一人者なんですよ。
もうお分かりでしょう!今度は話し方ひとつでどんな話題でも悲惨な結果を生む場合もあるのです(ものの考え方で説明します)。集めた話題は楽しくなるように使うのです。また家庭やチームをまとめる手段として使ってください。会議などで、ものごとを説明するのに豊富な話題(資料)はどんなに役立つか知れません。
当時、江川先生は「交通事故の怖さ」をテーマに分厚い切り抜きノートで説明されていました。新聞や雑誌に掲載された事故の記事をスクラップしたものです。具体的に載っているその内容は怖いほど説得力がありました。しかし、そのスクラップは1日や10日では集めきれるものではありません。私がジャイアンツが好きで長嶋選手の記事をスクラップしていたことがありました。グアムのキャンプに行ったこともあります。お陰で長嶋監督と個人的に出会うチャンスが出来たのも、ジャイアンツが好きだったそうしたお陰だと思っています。ですから、簡単な話題集めの方法は先ず好きなこと、好きな内容から始めたら長続きするはずです。
メモを執るクセをつける。出来るだけ興味を持って、好奇心旺盛な心で歩いてください。

 人名、会社名等(著名人は除く)は仮名ですが内容は全てノンフィクションです。
 【俊介の部屋】は平成21年6月4日にスタートしました。(毎日掲載しています)
プロフィール

岡部俊雄

管理人 : 岡部俊雄
チーフ・プロデューサー
演出家

最新記事
月別アーカイブ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード