FC2ブログ

 穏やかな季節(こころ)がいい!

秋葉原の歩行者天国が突然地獄絵と化して丸3年が経った。7人が殺害され10人が重軽傷を負った無差別殺人事件!
世の中の変化を象徴するような惨い事件でしたが、当時私のジョギングコースの一つだったので特に印象深く記憶していました。それ以来そのコースを1度も選んでいない。
今年3月の東日本大震災と同じように被害(被災)に遭った人は「私は何も悪いことをしていないのに!」、そう思ったに違いありません。
いろんなことが多い昨今にあって何が本当に幸せなんだろうなんて考えてしまう時代でもあるのだ。当たり前なことを普通にしていたい。普通に出来ることが幸せと言った人がいるが本当にそう思う。
明治時代だってそうでしょう!大正・昭和もその通り、平成になった今でもきっと幸せの在り方は基本的には決して変わらないはずだ。
親の愛情を受け、人を愛することを知り、それが大きな思いやりとなって穏やかに暮らせる人が一番のように思う。
私はこのブログを若い皆さんに読んで欲しくて綴っています。人それぞれで生き方はみな違って当然に思うのも事実だけれど、人間生まれてきて素直でいられることは最高の幸せではないかと思う。
私がいつも言うように、人間はいくつになってもときめく心を失っては駄目だと言い続けてきました。年齢を重ねた人には青春時代は終わっても青春っていつまでも出来ますよって言ってきました。
「婚活のススメ」と題したブログは良い出会いとその後の幸せを願って綴っています。
決して諦めてはいけないよ!常にポジティヴに生きて欲しい!と。
恋愛も死ぬほどの恋をするのもそのひとつ。そんな恋であっても破局ってやってきます。人間の価値はそんなときに分かります。
恋愛中に「君と別れるくらいなら死んだ方がましだ!・・・」なんてよくある話です。いちいちそんな時に若者は命を落とすんでしょうか?辛く悲しい経験をして、その苦しみから正しく立ち直っている若者は沢山いるはずです。ショックを受けて挫折するくらいなら本人の問題として片付けられますが、それが恨みに代わって今まで想いを寄せていた人に危害を加える人が昨今絶えません。これほど悲しいこともないでしょう!
しかし、そんな相手だから別れるキッカケになったような気もしますが、本当に相手を選ぶって難しいのかも知れませんね。
かと言って臆病にばかりなっていたらこれもまた大切な出会いを失ってしまいます。
類は類を呼ぶって言うように、理想を求めるのであれば自身もその理想に向かって自己形成に励むべきなんです。前に私が「忙しい人ほど多くの趣味に立ち向かっている」と言ったことがありました。
旅行をし、映画を見、例えば日本舞踊のような習い事を一生懸命続ける。これは生活基盤が充実している証拠です。役者貧乏と言って下積み生活の頃のエピソードは本当に数多く耳にします。しかしどうでしょう!大きな光を浴びるのはそうした生活を辛抱強くやっていた人の方が多いのです。
本当の真剣勝負の出来る人は心が穏やかです。心の底から恋人を愛せるような心に訪れた時期。これが青春時代の良いところですね。子供の頃に描いた夢を追い続けた時期、こんな青春もあるでしょう!
あまりの夢の大きさにその夢にばかり目が行って、自分を好いていてくれた存在に気付かなかったなんてドラマもありました。これも現実でしょうね!
春から今くらいにかけてはとてもしのぎやすい穏やかな日々が続きます。
人もまぶしい新緑を見るように穏やかな心がいいですね!こんな時期だからこそそんな気持ちで自分磨きをして欲しいのです。悔いのない人生、それが青春だから・・・!

 ありがとう!感謝の心こそ幸せになれる秘訣です。素晴らしい人生を!
 優しさや笑顔に触れて温かい気持ちになれるように、あなたの真心で!
 ご感想は shiawasekazokuyt@nifty.com まで
プロフィール

岡部俊雄

管理人 : 岡部俊雄
チーフ・プロデューサー
演出家

最新記事
月別アーカイブ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード