FC2ブログ

 京都 祇園祭り

毎年、梅雨が明けるか明けないかと心配している時期に行われて来たのが八坂神社の祭礼「祇園祭り」です。
私の故郷も実家の目の前が八坂神社でしたので生まれた時から京の祇園さんに似た祭りを味わって来ました。母が菖蒲湯に入れてくれ、真新しいパンツをはくと小さなゆかたに手を通し家族で出かけました。勿論通行止めされた道路には夢のような祭りの露天商が立ち並び心を躍らせたものです。
7月17日の宵祭り・18日の本祭り・19日の後祭り、昔は神社の裏に芝居小屋が出来旅芸人の芝居を楽しみました。お化け屋敷、サーカスの大テント、今では時代劇映画でしか目に出来ませんが映画そのものでしたね。
17日は宵祭りといってこの日に親戚や両親の友だちが沢山集まりお正月と並んでお小遣いをもらえる嬉しい祭りでもありました。
京都のような煌びやかさはありませんが、山鉾巡行に笛や太鼓はまさに祇園さんそのもののようであった記憶があります。祭りは地域振興には欠かせない行事ですがおそらく多くの地方もこうした伝統を守り継承していくのに過疎化や若者がいなくなった現状の中盛り上がりに欠けているのが現実でしょう。

浅草も雰囲気はありますが京都のそれは群を抜いていますね。
京都にはご存知のように5月の葵祭、そして7月の祇園祭り、更に秋の時代祭りとこの三大祭りがありますが今回の祇園さんがそのひとつ。
千年以上の歴史と文化が育んだ風習としきたりを忘れず、次の世代へ伝えて行きたいとする心意気が住む庶民の感性や発想の集大成として子から孫へと受け継がれてきた素晴らしい祭りが祇園祭りです。
山鉾巡行では様々な美術工芸品で装飾された山鉾が公道を巡るまさに動く美術館とでも言いましょうかそれは見事ですね。
特に京都の夏はその暑さも異常で京都には夏は行かない方がいいと言うくらい。しかし、この祇園祭はそうした暑さも多くの人の熱い思いで吹き飛んでしまいますね。
夏の風物詩、伝統が織りなす京の夏祭り。町を元気にするには祭りが一番!それは庶民が一体となって盛り上げる心意気がそうさせているのです。
春の大震災で打ちのめされた被災地にも復興の見通しがあるとすればこうした一体感以外ないのです。
今回も石原東京都知事がオリンピック招致を明言しました。負けない日本を見て欲しいと復興をメインタイトルに名乗り出たのは大正解だったと思います。
全世界が注目される中で行われるオリンピック!最も日本的なスケッチをお見せして招致を勝ち取って欲しいですね!
「よーいやさ!・・・」てんつくてんつくででんつく・・・ぴーひゃらどんどんぴーひゃらどん!
威勢の良い神輿を中心とした祭りも素晴らしいですが祇園祭りも一見の価値ありですよ。

ゆかた着て祇園祭に実る恋

作者:わたし

 ありがとう!感謝の心こそ幸せになれる秘訣です。素晴らしい人生を!
 優しさや笑顔に触れて温かい気持ちになれるように、あなたの真心で!
 ご感想は shiawasekazokuyt@nifty.com まで
プロフィール

岡部俊雄

管理人 : 岡部俊雄
チーフ・プロデューサー
演出家

最新記事
月別アーカイブ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード