FC2ブログ

 幸せの到達点 6

人の心が見えて、相手に優しい心を傾けられる人間になって心から感謝できる伴侶に出会いました。感性が大事、思いやりが大事、心の持ち方が大事と思い続けて更に尊敬できる人に出会えたのです。
この人なら大丈夫と思って結婚します。しかし、結婚後悲しい別れを迎える人たちも少なくありません。愛情が憎しみに変わってしまい辛い事件にまで発展することも最近はよく目に耳にします。
いつだったか、6年間付き合った彼女がとうとう別れの決意をしたとのドキュメントが放送されました。彼は29歳、彼女は26歳。別れた原因は彼の酒癖だそうです。彼女の決意に私は拍手を送りました。賢明だと。
ただ一度や二度の酒飲みの醜態に別れを決心した訳じゃないとのことで尚更正解と思いました。この「酒癖」だけは簡単に治るとは思わないからです。何故私がここまで苦言を呈すかと言うと、私にも強烈な苦い経験があるからです。
私があるスーパーの店長候補として勤務していた頃のことでした。社長は私が子供の頃から知っている名家の長男で私のことは良く知っており次期店長にとの誘いだったようですが、店長更迭理由は彼の酒癖のようでした。
当時の店長は店の責任者になるくらいですから能力はあるのです。以前はヨーカドーに勤めていたそうで田舎のスーパーでは頼られていた人物だったんでしょう。私はまず経理に配属され、数字をコントロールする部署で会社の内情を知ることから始めました。
普段の勤務態度や姿勢から交代させられるような雰囲気は伝わって来ないのですが、予めその辺を注意しながらと社長に言われており日時は過ぎて行きました。
3店舗(支店も含め)合同の社員旅行の時が最初に店長を知る機会でした。行き先は伊豆の稲取温泉です。特急で上野駅に着くまでに賑やかな車内は酒やビールがどんどん空いていきます。そして乗り換えて山手線に乗ったときでした。社長は一番端のドアから、店長は私と同じ真ん中のドアから!東京駅までの数分の間のできごとです。もう相当酔っている店長は信じられないほどの大きな声で、「社長の馬鹿野郎!おーいみなさん!メガネを掛けているあれが当社の馬鹿社長で~す」。車内で怒鳴りまくり!
何を言ってるんだこいつは・・・!と思いましたが、誰も止めようとはしません。知らないのは私だけで、ここまで凄いとは!熱海までの新幹線は1両がほぼ貸切状態で車内は賑やかでした。
いろんな席にビールを持って飲め飲めの勢いで仲間に威圧さえ加える悪行ぶり。これじゃ社長も頭を抱える訳だと思いながら新幹線は出発。ある席であまりにも強引に迷惑をかける店長に見かねて私は首をはがいじめにしながら一番後ろの空席に連れて行きました。「少しここで静かにしろよ!」と私に抑え込まれて窓側に押し込められ動けない状態。「何だお前は!」と酔っ払い特有の醜態。私はこういう人間には動じませんから完全に店長は隔離された状態です。(つづく)

 人名、会社名等(著名人は除く)は仮名ですが内容は全てノンフィクションです。
 【俊介の部屋】は平成21年6月4日にスタートしました。(毎日掲載しています)
プロフィール

岡部俊雄

管理人 : 岡部俊雄
チーフ・プロデューサー
演出家

最新記事
月別アーカイブ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード