FC2ブログ

 小さな秋の物語 6

俺がいたんじゃ お嫁に行けぬ
わかっちゃいるんだ 妹よ
いつかおまえのよろこぶような
偉い兄貴になりたくて
奮斗努力の甲斐もなく
今日も涙の 
今日も涙の 日が落ちる
日が落ちる


これはあまりにも有名な映画「男はつらいよ」の歌詞(作詞:星野哲郎 作曲:山本直純)です。

勿論、映画は全部観ました。しばらくは正月の娯楽の典型でもありました。マドンナ以外は殆どが変わらず、ほのぼのと温かみのある作品は寅さん役の渥美清はじめ懐かしさと親しさが入り混じって心が豊かになるような作品ばかりでした!
その後、山田洋次監督作品は高倉健を撮り続けそれもすべて観に行きました。

寅さんが結局マドンナにふられて柴又を出るのは秋だったようです。
今でも目をつむるとこの曲は映像に変わります。そして殆どと言っていいほどお正月のシーンで「終」とスクリーンが閉じました。

実は私はこの「男はつらいよ」の作曲家・山本直純先生とよく二人で旅をしたものです。
ある仕事がきっかけで、その後先生からご指名で電話を頂き温泉へと足を延すようになったのです。
各地の有名な温泉地へ、まるで寅さんのようなユニークな旅を!男同士なのに話の尽きなかったこと(笑)

直純先生1

私の運転で二人きりなのにそれは賑やかな旅ばかりでしたね。
決して飾らず、冗談が大好きで、車内はシャレの連続です(笑) 当時、私はイベント等でマイクを持つことが多かったせいか決して先生には負けません(笑)

直純先生2直純先生2

無邪気さが伝わりますか?写真を見て!(少し押さえて小さく掲載:笑)

それこそどこか寅さんのようなところもありましたよ先生は!

若い人はあまり馴染みがないかも知れませんが日本の大作曲家のお一人です。
そうですね!皆さんが知っている作品に何があるでしょうか!?

アニメの「オバケのQ太郎」・テレビドラマだと「武田信玄」等のNHK大河ドラマはときどき担当、そうそうドリフターズの「8時だよ全員集合」・童謡ですと「一年生になったら」・・・・と言ったら分かりますか?
勿論交響楽団演奏するところの作品は数えきれませんね。
ご縁でよくサントリーホールへ招かれました。斎藤さんという立派なお付きの人もおりましたが、とにかく楽しくユニークな先生に沢山教わりました。私の財産です。

先生の思い出話も含め次回にそのエピソードをお話ししましょうか!?  (つづく)
プロフィール

岡部俊雄

管理人 : 岡部俊雄
チーフ・プロデューサー
演出家

最新記事
月別アーカイブ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード