FC2ブログ

 波島陽子 インド公演 3

車1

とにかく凄いという印象しかなかった!
車の量ではありません。この大異数が一斉にクラクションを鳴らしたらどうなるか想像してください。
耳をつんざくとはまさにこのことです。

何故クラクションかって!? そうですね!このクラクションに台詞を付けるとすれば、「どけどけ~・・・」って聞こえるんですよ。まず日本な喧嘩になりけねませんねこれだけ鳴らしたら。

車2

このシーンは交差点です。
これでストップしないのが凄い!

車3

まさに、「どけどけ~・・・・!!俺様のお通りだ~い」って聞こえなくもないんですが、実は違うんだそうです。
返って日本人の方が気持が焦って早く着きたいと急いでいるかもしれませんね!

インド人は決して早く着きたい訳じゃないんだそうです。運転するおそらく99%の人がみなクラクションを鳴らして走っているかというと、親切心からそうした行動に出ているらしいですね。
つまり、自分の車がすぐ後ろにいるから「気をつけなさい」・・・と鳴らすんだとか!?
従ってぶつけられた方が悪いということになるらしいです。
「俺は後にいると知らせたじゃないか!」の理屈らしいですね。それにしても1台でも多く超して前に出たいのは確からしい! だからどんどん越さなければならなくなる訳です(笑) 1台超せばもう1台・・・とこれが続きます。それがこの車全部がそうした走り方をしているから凄い。

目的地には当然早く着くでしょうね! 約束の1時間も前(オーバー)に着いてでもこうして鳴らしながら前に出るようですよ!

もうひとつ想像してください!
歩行者が、この車の中をどうやって横断するのか?これまた凄いシーンでした。
日本ではとても考えられないシーンでしたね。警笛こそ鳴らせませんが「すり抜ける」という言葉がぴったりの横断シーンに我々一行はず~っと見入っていました。

車4

横断している親子連れ分かりますか?

最後にこれまた凄いシーンを撮りました。

車5

まさに凄いとしか言いようがありません。
これだけの人口!どう整備されて行くんでしょうね。

勿論、警察官が交差点で整理しているシーンはありました。しかし、停止線がある訳でなくそれぞれが「鼻を突き合わす」というところまで出て、それでもすり抜けて車は止まらないからただ唖然とするしかありませんでした。

日本に帰って、ホッとする訳わかるでしょうか?
プロフィール

岡部俊雄

管理人 : 岡部俊雄
チーフ・プロデューサー
演出家

最新記事
月別アーカイブ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード